28年の長い間 たくさんのSmileをありがとう メスのホッキョクグマ死亡のお知らせ

 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)で暮らす、メスのホッキョクグマ(29歳)について、2月18日より腎不全の治療のために公開を一時休止しておりましたが、残念ながら2月28日の朝、死亡を確認しました。
 1991年イギリスのエジンバラ動物園で誕生し、1993年2歳の時にアドベンチャーワールドへやってきました。8歳での初めての出産以降、合計6回、10頭を出産し2頭の子供が育ちました。ホッキョクグマの飼育下での平均寿命が20歳前後とされる中、1歳の頃から約28年間という、長きにわたってたくさんのSmileを創造してくれたことをスタッフ一同、深く心に刻み、また見守ってくださったみなさまに深く感謝申し上げます。これからも動物たちとともに未来のSmile(しあわせ)を創造するために今後も取り組んでまいります。

【死亡したホッキョクグマについて】
性別   :メス
生年月日 :1991年11月15日
死亡年月日:2021年 2月28日
享年   :29歳
死因   :腎不全(より詳しく調べるため現在、病理検査を行っています。)

【ホッキョクグマ(メス)のこれまでについて】
1993年 2月  イギリスのエジンバラ動物園より来園、アドベンチャーワールドで飼育を開始
2000年 2月  2頭出産(出産直後に死亡・生後3か月で死亡)※初めての出産
2000年10月  2頭出産(出産直後に死亡)
2002年 1月  2頭出産(出産直後に死亡)
2005年 3月  2頭出産(生後2日・生後2週間で死亡)
2009年10月  1頭出産(4歳で死亡)
2013年11月  1頭出産(現在7歳)
2021年 2月  29歳で永眠
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドベンチャーワールド >
  3. 28年の長い間 たくさんのSmileをありがとう メスのホッキョクグマ死亡のお知らせ