シリーズ発売20周年記念!Spigen、iPhone XをiMac G3風にするケース「Classic C1」を発売

Spigenは、iPhone XをiMac G3風にするケース「Classic C1」を発売します。公式サイトと卸販売の取り扱いで、時期は6月中旬ごろとなります。

「Classic C1」は、1998年に発売したiMac G3のデザインを模したiPhone X用ケースです。内部が透けて見えるような作りで、ケース内側にはiMac G3発表時に使われた「hello(again)」の文字も。細部までこだわったケースとなっています。

ケース素材は適度な柔軟性と高い耐久性をもつTPUとポリカーボネートを採用。内側四隅に設計されたSpigenの独自技術であるエアクッションテクノロジーにより、見た目だけでなくデバイスもしっかり保護することができます。


なお、ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。

カラーはボンダイブルー、グラファイト、スノー、ルビー、セージの全5色で、価格は4,990円(税込)。
商品に関するお問い合わせについては、公式サイトの問い合わせフォームにて受け付けています。

《お問い合わせページ》
https://www.spigen.co.jp/contact.html


【当リリースのお問い合わせ先】
シュピゲンジャパン株式会社 担当:安藤
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7 蛎殻町千葉ビル3F
メールアドレス:online@spigen.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シュピゲンジャパン株式会社 >
  3. シリーズ発売20周年記念!Spigen、iPhone XをiMac G3風にするケース「Classic C1」を発売