『からだにユーグレナ サウナプロジェクト』発足!無理せず気軽なサウナの入り方を考える「サステナブルととのうのススメ」を提唱

特製ポスターを掲示するサウナ・入浴施設も募集開始!

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充)は、心身共に「サステナブる」な健康を目指すため、身近なサウナ習慣を広げるプロジェクト「からだにユーグレナ サウナプロジェクト」を発足します。無理をしない気軽なサウナの入り方を考える「サステナブルととのうのススメ」を提唱します。


 高齢化による平均寿命の延伸に伴い、平均寿命と健康寿命の乖離が課題とされている昨今、当社は商品開発や研究開発等において、健康寿命の延伸に取り組んでいます。またサウナも同様に、心身共に健康を保持増進するために取り組んでいる人が多く、人気を集めています。「ととのう」という言葉も一般的に認知されるほど、昨今人気を集めているサウナですが、一過性のブームではなく、より身近で継続的なものになるよう、本プロジェクトを立ち上げました。

 「からだにユーグレナ サウナプロジェクト」は、サウナ好きの仲間が集まる「からユー※1サウナ部」が様々な取り組みを通して、より身近で持続可能なサウナを推進していきます。
※1 からだにユーグレナの略称

■「からだにユーグレナ サウナプロジェクト」とは
 心身共に「サステナブる」な健康を目指すため、より身近なサウナ習慣を広げるプロジェクトです。サウナ好きの仲間が集まる「からユーサウナ部」が様々な取り組みを通して、持続可能なサウナを推進していきます。
・プロジェクト特設サイト :https://online.euglena.jp/shop/pages/sauna.aspx

■第1弾企画
①無理せず気軽なサウナの入り方を考える「サステナブルととのうのススメ」を提唱
 「ととのう」という言葉のブームの過熱から、施設の面でも、個人の健康の面でも危険なサウナ・入浴をしている場合があります。例えば、非常に疲れているときに水分を摂取せずにサウナと水風呂を往復して健康回復を望むような、短期的な「ととのい」を目指す入浴法です。このような短期的なととのいを目指すのではなく、持続的に「ととのう」ことをサウナ習慣に取り入れることで、心身共に「サステナブる」な健康を目指します。サウナが一過性のブームではなく、より身近で持続可能なものになるよう、無理をしない気軽なサウナの入り方を提案します。


②「からだにユーグレナ サウナプロジェクト」に賛同いただけるサウナ・入浴施設の募集を開始
 短期的でない、持続的なサウナ習慣をいっしょに促進いただけるサウナ・入浴施設を募集します。応募いただいた施設には、掲示できる「サステナブルととのうのススメ」特製ポスターを送付します。応募はプロジェクト特設サイト(https://online.euglena.jp/shop/pages/sauna.aspx)からご応募ください。
※本企画は入浴施設向けとなっています。個人での応募はできかねますのでご了承ください。
※サイズ:A2・2種類で1セット

③動画「川とサウナと、からだにユーグレナ」を公開
サウナにあわせた「からだにユーグレナ」体験をイメージできる動画を公開します。埼玉を中心に活動している「川とサウナ」チーム協力のもと、テントサウナで温まり、川で冷まし、からだにユーグレナを飲むという一連の楽しさ・おいしさを、動画から体験いただけます。埼玉県横瀬町から見える、武甲山と、澄んだ川の景色も見どころです。
・動画:

・撮影:武甲キャンプ場
・協力:埼玉県横瀬町、SAITAMAリバーサポーターズ

④サウナプロジェクトを盛り上げるサポーター「向蒸委員会」が発足
 からだにユーグレナをサウナ後に飲む体験をいっしょにすすめるために、サポーターに就任いただきます。サウナアパレルブランド経営者や、イベント運営者、熱波師など幅広いサウナーたちに応援いただき、プロジェクトがスタートします。


『からだにユーグレナ』とは
今日の健康と、10年後のカラダのことも考えたブランドです。
コンセプトは、“細胞から元気なカラダへ”。
人間は、37兆個もの細胞の集合体で、日々1兆個もの細胞が生まれ変わっていると言われています。手軽に石垣島ユーグレナの豊富な栄養素を体内に届け、すこやかな毎日をつくり、はたらきかけ、そしてカラダをまもります。この“つくる・はたらく・まもる”の「からだにユーグレナサイクル」で、日常から健康管理を心がけるあらゆる人々の健康を食品・飲料で支えます。


『からだにユーグレナ』4つのこだわり
●つづけたくなる味で未来の健康

59種類の豊富な栄養素を持つ石垣島ユーグレナを、そのまま凝縮して飲みやすくしました。
●カラダのことを考えたこだわり設計
食育経験豊富な管理栄養士監修のもと、全ての商品ラインナップを石垣島ユーグレナ10億個以上/1日・本に設計しました。
●こだわりの自然原材料
ユーグレナは、豊かな太陽とミネラル豊富な水に恵まれた石垣島で屋外培養しており、農薬不使用です。そのほかの原料も「家族や大切なひとに飲ませたい」という思いに応える自然・安心・安全な材料を使用しています。
●持続可能性
飲料の容器には、再生可能な紙や環境に配慮したバイオマスインキやバイオマスプラスチックを、可能な限り採用しています。また、商品の売上の一部は、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の運営に充てられます。

『からだにユーグレナ』ブランドサイト https://www.euglena.jp/karadani/
公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」 https://online.euglena.jp

石垣島ユーグレナについて
ユーグレナは藻の仲間です。豊かな石垣島の自然で育った石垣島ユーグレナは、人間が必要とする豊富な59種の栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、特有成分パラミロン※2など)を持ち、細胞壁をもたないため、栄養の消化吸収率も高い特長があるスーパーフードです。また、環境的要素に配慮した責任ある方法で育てられていることが認められ、SDGsの目標14の達成に有効な方法の一つである「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を2019年1月に世界で初めて取得しています。
※2 ユーグレナ特有の成分であり、グルコース分子がβ-1,3-結合により直鎖状に重合した多糖体


<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。https://euglena.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ユーグレナ >
  3. 『からだにユーグレナ サウナプロジェクト』発足!無理せず気軽なサウナの入り方を考える「サステナブルととのうのススメ」を提唱