フォーム作成管理ツール「formrun」が「Microsoft Teams」との連携開始

〜Teamsへの通知で顧客対応と社内の情報共有を迅速に〜

株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は本日、フォーム作成管理ツール「formrun」が、Microsoftが提供するコラボレーションツール「Microsoft Teams(以下Teams)」との機能連携を開始したことをお知らせいたします。
 


formrunは、フォーム作成からフォームに入力された顧客情報の管理までを行うことができるツールです。多種多様なテンプレートにより誰でも簡単にセキュリティー性を担保した※1フォームを作成することができ、フォームから送信された顧客情報をステータス毎にチームで管理することができるボード画面や複数人で利用できるメール機能により、ユーザーの顧客獲得や顧客とのコミュニケーションの業務効率向上を支援しています。

この度のformrunとTeamsの連携によって、formrunで作成したフォームに顧客から回答があった際やメールを受信した際に、Teamsのチャネル※2上にてリアルタイムで通知することが可能になりました。それにより、formrunへログインせずともTeamsの操作画面上で顧客のフォームへの回答内容やフォームに紐づいたメールの送受信を把握できるようになることで、ユーザーの迅速かつ抜け漏れのないお問い合わせ対応を実現します。

<Teamsにおける通知の例>

ベーシックは、これからもformrunの機能アップデートを通じて、フォーム作成の簡略化、顧客とのコミュニケーションの円滑化を支援していきます。

※1:2017年9月に情報セキュリティマネジメントの国際認証規格 「ISO27001」を取得済み。
※2:Teams上においてチームメンバーとの会話を交わす場であるチャネルのこと。 各チャネルは、特定のトピック、部署、またはプロジェクトの専用として機能します。

■Microsoft Teams連携詳細

 

対象ユーザー <formrun>
全てのユーザー

<Teams>
全てのユーザー
今回の連携によりできること ・フォームに回答があった際
・フォームに紐づいたメールの送受信があった際
・フォーム担当者の変更があった際
・フォーム内のカードにメモを添付した際

にTeamsのチャネルにて通知することが可能
活用例 ・問い合わせ受付フォームをformrunで作成し、問い合わせ内容をTeamsにおける通知で即座に確認し、迅速に対応することで顧客満足度を上げる
・formrun内でのメールの送受信をTeamsのチャネル内で確認することで、情報共有の工数を削減し、業務の効率化を図る


■『formrun』について https://form.run/ja
formrunは、フォーム作成からフォームに入力された顧客情報の管理までをワンストップで利用可能なツールです。多種多様なテンプレートから誰でもフォームを簡単に作成することができ、フォームから送信された顧客情報はステータス毎に管理することができます。チームで管理可能なボード画面、複数人で利用可能なメール機能により、ユーザーの顧客獲得や顧客とのコミュニケーションを始めとする業務効率向上に貢献します。


■株式会社ベーシックについて https://basicinc.jp/
「問題解決の集団として、情熱を妨げる世の中のあらゆる問題解決をやり抜き、多種多様な企業が強みに集中できる世界を創造する」をミッションに掲げ、Webマーケティング分野とメディア分野でインターネット事業を展開するテクノロジーカンパニー。企業が直面するWebマーケティングに関する知識やリソース不足の問題を解決するため、BtoBのWebマーケティングツール「ferret One」やWebマーケティングメディア「ferret」、フォーム作成管理ツール「formrun」、事業者と個人のより良いマッチングの機会を提供する「フランチャイズ比較ネット」「留学くらべーる」等のメディア事業を展開。

■会社概要
社名:株式会社ベーシック https://basicinc.jp/
代表者 :代表取締役 秋山勝
所在地:東京都千代田区一番町17-6 一番町 MS ビル1F
設立:2004年3月
資本金:5億3559万5200円
事業:Webマーケティング事業・メディア事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベーシック >
  3. フォーム作成管理ツール「formrun」が「Microsoft Teams」との連携開始