都営メトロ銀座線直結のビル内に高精細LEDビジョンを導入しました。

駅直結で、駅利用者が多く視認可能な優良媒体

LM TOKYO株式会社(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷 代表取締役:鈴木直樹)が運営するLED TOKYOは、医療法人社団 白凛会が運営する「BLANC CLINIC 銀座本院」にLEDビジョンを導入しました。
LED TOKYOは、超品質・超価格の製品を販売・レンタルするデジタルサイネージの総合ブランドです。

銀座駅直結の東京都中央区銀座4-2-2第一弥生ビル 地下1階壁面に高精細のLEDビジョンを設置しました。

【使用した製品とサイズ】
使用した製品:屋内用/BIM
ピッチサイズ:1.95mm
製品サイズ:W5,750H2,500mm
画面解像度:2,948×1,282px
設置場所が都営メトロ銀座線直結のビル内に設置したため、駅を利用する多くの方が視認できる場所です。


今回使用したBIMは高精細で薄型で軽量なモデルなので場所を選ばずに設置することができます。今回のような狭いスペースでも問題なく設置ができます。また、ピッチサイズ1.5ミリを使用した今回のLEDビジョンは、ドット間の隙間が狭いので、至近距離で見ても隙間が気にならず、滑らかできれいな映像を映し出せます。

【ブランド×LEDビジョン】
LEDビジョンはブランドイメージを壊さずにブランドイメージの訴求が可能です。
LEDビジョン特有の強い明るさと、鮮明な色の表現、高精細な映像表示を誇るLEDビジョンは、特に高級感や清潔感を大切にしている、高級ブランドや化粧品、医療関係などと相性が良いです。バックライトを使用している液晶や、映像を壁面などに投影するプロジェクターだと、LEDビジョンのように消灯してつくる「完全な黒」を表現することができないので、黒を表現したい部分に光が漏れて若干白っぽく感じてしまいます。「完全な黒」の表現は高級感のある印象を与えます。


また、映像を映し出す小さなLED電球が連なっているLEDビジョンは、そのLED電球一粒一粒が光るので、強い明るさを放ちます。強い白は清潔感のある印象を与えます。このようにLEDビジョンは、ブランドの高級感・清潔なイメージを崩さずに店舗の演出を行ったり、今回の事例のように自社媒体としても運用していただけます。

【ブランクリニック】
ブランクリニックは「すべての女性に高品質な医療脱毛で美しい肌を」をモットーに施術を行う医療脱毛店です。

最新の半導体医療レーザー脱毛を使用し、毛を生やす幹細胞をターゲットにした痛みの少ない、肌に優しい脱毛を実施。スタッフや患者様の口コミを大切に、品質の高い医療脱毛を身近に行えるように低価格で提供。また、クリニックは駅近く、20:00まで診療を行っているので仕事終わりでも通いやすい利便性。ほかにも、ベッドシーツやヘアキャップなどは使い捨てを使用し、脱毛器の肌に触れる部分は患者様ごとに交換し、電動シェーバーなどの使いまわしをしない衛生面の徹底も行っています。

クリニックのHPはこちら:https://bccl.jp/

【LEDビジョンは「LED TOKYO」】
LED TOKYOでは自社ブランド製品の高品質なデジタルサイネージを、リーズナブルな価格にて提供しております。
ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LM TOKYO株式会社 >
  3. 都営メトロ銀座線直結のビル内に高精細LEDビジョンを導入しました。