迅速な行動がとられなければ、COVID-19により食料危機に直面する人々が倍増

ローマ –  WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は本日、他の協力機関とともに世界の食料危機に関する新たな報告書を発表するにあたり、COVID-19のパンデミックは急性栄養不良に苦しむ人々の数をほぼ倍増させ、2020年末までに2億5000万人以上に押し上げる可能性があると警鐘を鳴らしました。

モザンビークでの国連WFPの活動。WFP_Rafael Camposモザンビークでの国連WFPの活動。WFP_Rafael Campos

国連WFPの推計によると、急激な食料不安(IPC/CH 3 またはそれ以上)に直面している人々の数は、COVID-19の経済的影響の結果として、2019年の1億3500万人から1億3000万人増加し、2020年には2億6500万人まで増加する見込みです。この推計は国連WFPと人道・開発支援に関わる15の協力機関によって作成された「食料危機に関するグローバル報告書」の公開とともに発表されました。


このような状況下では、食料支援を維持することが必要不可欠です。これは世界で1億人近い脆弱な人々にライフラインとなる支援を届けている国連WFPの支援活動を含みます。

 主な調査結果:
  • 低・中所得国の2億6500万人が、迅速な行動がとられない限り、2020年末までに急激な食料不安に陥る見通しです。(出典:国連WFP推計)
  • 2019年に急激な食料不安に苦しんでいる人々の大多数は、紛争(7700万人)、気候変動(3400万人)、経済危機(2400万人)の影響を受けた国々にいます。(出典:食料危機に関するグローバル報告書)
  • 2019年の最悪の食料危機は以下の10カ国:イエメン、コンゴ民主共和国、アフガニスタン、ベネズエラ(ボリバル共和国)、エチオピア、南スーダン、シリア、スーダン、ナイジェリア、ハイチ。(出典:食料危機に関するグローバル報告書)
  • 2019年、南スーダンでは人口の61%が食料危機(またはそれ以上に悪い)状況にありました。その他6カ国(イエメン、中央アフリカ共和国、ジンバブエ、アフガニスタン、シリア、ハイチ)でも人口の少なくとも35%が食料危機に瀕しています。(出典:食料危機に関するグローバル報告書)
  • これらの10カ国は、危機またはそれ以上に悪い(IPC/CH 3 またはそれ以上)状況にあるとされる総人口の66%、または8800万人を占めました。(出典:食料危機に関するグローバル報告書)

国連WFP上級エコノミストのアリフ・フセインは次のように述べています:

「COVID-19は、すでに危険にさらされている何百万もの人々にとって壊滅的な影響をもたらす可能性があります。稼ぎを得た時のみ食べることができるという何百万の人々にとって、ハンマーで打たれるような大きな打撃です。都市封鎖や世界的な景気後退により彼らはすでに貯えを失っています。COVID-19のようなあともう一撃だけで、彼らは危機の淵に追いやられます。この世界的な大惨事の影響を緩和するために、私たちは今、共同で行動しなければなりません」


 #                           #                            #

 国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。 

Follow us on Twitter @WFP_JP, Facebook@WFP.JP
Follow us on Twitter @wfp_media @wfp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国連WFP >
  3. 迅速な行動がとられなければ、COVID-19により食料危機に直面する人々が倍増