【自治体初】自律走行ロボットがつくば市役所内の除菌作業を実施します

CYBERDYNE株式会社の除菌清掃ロボット「CL02」

つくば市は、新型コロナウイルス感染症対策として、本年10月より、CYBERDYNE株式会社(本社:つくば市、代表取締役社長:山海嘉之)の除菌清掃ロボット「CL02」を導入します。

       除菌清掃ロボット「CL02」

 

 

     

 現在、新型コロナウイルス感染症対策として各地の公共施設等においては除菌作業が日常的に実施されています。一方、中長期的な感染対策が想定される中、日常的に除菌作業を実施するスタッフの負担軽減や感染リスク低減が求められるようになっています。

(右から)五十嵐立青つくば市長、山海嘉之 CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長(右から)五十嵐立青つくば市長、山海嘉之 CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長

 つくば市は、国の「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、令和2年(2020年) 10月から令和3年(2021年) 3月の6ヶ月間のリース契約で、CYBERDYNE社の除菌清掃ロボット「CL02」の試験導入を実施します。このロボットは除菌剤噴霧器を搭載し、施設内を巡回しながら除菌を行います。

 導入先としてはつくば市役所庁舎1階を予定しており、除菌作業の効果も含めた検証を行っていきます。当該製品は、2020年3月末にターミナル内の除菌作業を目的に羽田空港へ導入されており、自治体としてはつくば市で初めて運用されます。


 中長期的な感染対策が想定される中、つくば市は、こうした除菌作業ロボットの検証と活用を通じて、公共施設等の除菌作業に従事されている世界中のスタッフのみなさんの負担軽減、感染リスク低減に貢献することを期待しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. つくば市 >
  3. 【自治体初】自律走行ロボットがつくば市役所内の除菌作業を実施します