桃谷順天館 岡山工場 世界に通用する品質管理体制を確立

「ISO22716」認証を取得

創業137年の化粧品メーカー「桃谷順天館」(代表取締役社長 桃谷誠一郎、大阪市中央区)は、製造拠点となる岡山工場(岡山県和気郡和気町)において、化粧品製造の国際規格である「ISO22716」※認証を取得しました。 2000年に取得した「ISO9001」だけでなく、今回取得した「ISO22716」認証により、原材料の受け入れから製造、出荷に至るまで、世界基準の製造管理と品質管理体制が認められました。
今後も国内外問わず安心安全で高品質の製品を、お届けしてまいります。
※ISO22716:化粧品の製造に関する品質・安全性に関する国際規格

 

岡山工場岡山工場

 

充填ライン充填ライン

 

□ 岡山工場 □
名  称:株式会社桃谷順天館 岡山工場
所在地:岡山県和気郡和気町米澤629-1

工場近くにある吉井川の上流「岩井滝」は環境省認定の全国の「名水百選」※に選ばれた名水。雄大な山々に囲まれた美しく広大な土地は最高品質の商品づくりを目指すために最適な場所と考え、1996年に工場を大阪から岡山へ移転。
※名水百選
https://water-pub.env.go.jp/water-pub/mizu-site/meisui

□認証登録の概要□
認証取得日:2021年9月14日
認証機関:ビューローベリタスジャパン株式会社
適用規格:ISO22716
 



◆時代に応じて変化させてきた生産体制
あらゆるお客様のニーズにこたえるため、柔軟な生産体制を確立させてきました。
ライン製造による大ロット生産や、セル生産方式による小ロット生産を採用。多様な生産方法を用いることで、製造できる品種も多くなり、お客様のニーズに合わせた製造方法を柔軟にピックアップしています。
近年ではより細分化されたニーズにお応えできる生産体制も確立。
2019年に立ち上げたパーソナライズスキンケアブランド「ONE to ONE Beauty」ではお客様ご自身で成分や香りまでカスタマイズ可能な9億通り以上のオリジナル処方化粧品のお届けを実現させました。


◆岡山工場のSDGs取組みについて
10年前から3R活動に積極的に取組み、2020年時点で工場から出る廃棄物や汚泥等、ほぼ100%、3R(排出抑制、再使用、再生利用)を実現しました。
瓶はガラス原料へリサイクル、プラスチックは固形燃料へ、廃液はセメント燃料・原料へ、排水処理を行って出た汚泥は、たい肥に変換する等しています。そのたい肥を活用して工場の敷地内でラベンダーも育成。
また、工場がある岡山県で行っている、プラスチックごみ削減の取組み促進を目的とした、プラスチック3Rを宣言する「おかやまプラスチック3R宣言事業所」にも登録し、取り組みを進めています。

 


◇企業概要◇
株式会社桃谷順天館(https://www.e-cosmetics.co.jp/
【住所】大阪府大阪市中央区上町1-4-1
【電話番号】06(6768)0610
【グループ会社】株式会社明色化粧品、株式会社コスメテックジャパン、上海桃谷順天館化粧品商貿有限公司
【拠点】東京、札幌、福岡、上海
【創業】和歌山県紀の川市 粉河

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社桃谷順天館 >
  3. 桃谷順天館 岡山工場 世界に通用する品質管理体制を確立