漢方薬の服薬前後で自律神経機能年齢の若返りを確認、MSG社と金王坂クリニックによる実証研究

自律神経機能が若返る!?あんしん漢方が自律神経機能年齢の若返りを漢方薬で確認

あんしん漢方を運営するMSG株式会社(本社:東京都渋谷区、以下「MSG社」)は、金王坂クリニックと共同で漢方薬服薬前後による疲労ストレス治療の実証研究※1を行いました。その結果、体質と症状に合った漢方薬を服薬することで自律神経機能を改善する効果があることを、村田製作所製の疲労ストレス計※2により確認しました。また、服薬後の体感効果と自律神経機能測定結果との相関性も良好な成績が得られ、自律神経機能年齢※3が改善したことが確認されました。
 



長期化するコロナ禍で、精神的ストレスを感じる人が多くなっています。厚生労働省によると、緊急事態宣言化において「神経過敏に感じる」「そわそわ、落ち着かない」「気分が落ち込んで、何が起こっても気分が晴れない」など、何らかの不安を感じた人の割合は63.9%にも上ったことが明らかになりました。(*1)

(*1)厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査結果概要」による
https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/syousai.pdf

このような精神的ストレスを我慢したり、放置していると、自律神経のバランスが乱れてさらなる不調をきたし、ますます強いストレスに繋がっていく場合もあります。

そこで、あんしん漢方を運営するMSG株式会社(本社:東京都渋谷区、以下「MSG社」)は、金王坂クリニックと共同で漢方薬服薬前後による疲労ストレス治療の実証研究※1を行いました。その結果、体質と症状に合った漢方薬を服薬することで自律神経機能を改善する効果があることを、村田製作所製の疲労ストレス計※2により確認しました。また、服薬後の体感効果と自律神経機能測定結果との相関性も良好な成績が得られ、自律神経機能年齢※3が改善したことが確認されました。

※1:実証研究内容
2021年1月~4月の期間に30名に対し、体質と症状に合った漢方薬を処方し、服薬前と服薬後の自律神経機能を「疲労ストレス計MF100(村田製作所製)」で測定しました。

※2:村田製作所製の疲労ストレス計とは
疲労ストレス計MF100はバイタルセンシングによる「自律神経測定」で、自律神経のバランスと活動量(自律神経機能年齢)を見ることで、これまで客観的な評価が難しかった「疲労・ストレス度」を簡単に見える化するコンパクトな測定器です。(非医療機器)

※3:自律神経機能年齢とは
自律神経の機能がどの年齢相当かを表す。実際の年齢と比較しどのくらい離れているか(高いか)で疲労の傾向がわかる。実際の年齢よりも機能年齢が高く表示されるようであれば、同年代の方より自律神経の働きが弱く、疲労・ストレスがたまっている傾向にある。
 



■漢方服用75分後には自律神経機能年齢が27歳若返り
 (サンプル:47歳男性、映像制作会社経営)

 47歳男性、映像制作会社経営の方に対し、漢方薬服用前後の自律神経機能の測定を行いました。その結果、漢方薬服用前後の体感における改善と、疲労ストレス計による自律神経機能の改善を確認しました。漢方薬処方前の自律神経機能年齢は66歳相当が、漢方薬服用75分後に自律神経機能年齢39歳相当と27歳の若返りを計測しました。

 


■金王坂クリニックについて


渋谷駅から徒歩5分の場所にある内科・漢方内科・感染症内科・精神科のクリニックです。いち早くオンライン外来診療を導入。オンラインで症状をじっくりと聞き診察、西洋薬と漢方薬の併用による症状の緩和を目指している。服薬中の疑問や不安もオンラインでサポート。漢方医学×西洋医学、リアル×バーチャル診療で新たなる医療の地平を開拓している。



<院長:西大條 文一(にしおおえだ ぶんいち)>
公益財団法人研医会漢方内科診療所


東北大学在学中より回春堂の故李慶鎬先生、温故堂の故橋本敬三先生に師事。古代から現代までの東西の医学史、医療史の研究をベースに、最新の微生物学・免疫学と 漢方医学の知識を融合させた治療と臨床研究を行っている。東西の医学史・医療史の研究をベースに、西洋医学と漢方医学の知識を融合させた治療を実践。また、イタリア語、フランス語、英語、中国語(中文)が堪能、診療も可能。

・所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-18 第4矢木ビル2階
・診療科目:内科、漢方内科、感染症内科、心療内科、精神科
・URL:https://www.konnozakaclinic.com/

■株式会社村田製作所「疲労ストレス計 MF100」について
株式会社村田製作所が2018年に発表した、心拍のゆらぎが疲れを可視化する疲労ストレス計。バイタルデータによる自律神経数値化とビックデータの分析により、自律神経のバランスと偏差値を示し、客観的な評価が難しかった「疲労・ストレス度」を可視化。また、測定したデータはモバイル端末で表示し結果を確認することが可能。※本製品は、医療機器ではございません。
・社名:株式会社村田製作所
・所在地:〒617-8555 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
・製品ページ:https://medical.murata.com/ja-jp/products/fatigue

あんしん漢方について


漢方の難しさは、自分に合う漢方を見つけること。「あんしん漢方」は人工知能AIの活用と、漢方に精通した医療チームとの連携で、高い精度のパーソナルな漢方をご提案する「オンライン個別相談サービス」です。スマホ1つで相談、注文、決済、配送まですべて自宅で完結。しかもお手頃価格。

気になる症状の相談は無料で、お客様の体質等を考慮して、おすすめの漢方をご提案致します。医薬品として効果が認められている漢方を飲むだけなので、以下のような悩みをお持ちの女性に好評を頂いています。


あんしん漢方は、家にいながら自分に合った漢方で手軽に体質改善できるサービスとして、2020年6月12日に放送されたテレビ朝日「スーパーJチャンネル」でも紹介されました。
■MSG株式会社について
  • 有効性の根拠をもつ医学を、毎日のヘルスケアに取り入れる「メディヘルス(メディカル+ヘルスケア)」という新しいテーゼを提唱し、漢方薬に精通した薬剤師がAIを活用したサービス「あんしん漢方」を運営。
  • 会社名:MSG株式会社
  • 所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目6-2
  • URL:https://www.msgcorp.jp/
  • 事業内容:西洋医療と伝統医療の融合とテクノロジーの活用による疾病の予測と予防の研究、実践、啓発事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MSG株式会社 >
  3. 漢方薬の服薬前後で自律神経機能年齢の若返りを確認、MSG社と金王坂クリニックによる実証研究