博報堂生活総研 [来月の消費予報・5月](消費意欲指数)

新型コロナウイルスが大型連休の消費意欲を直撃し、消費意欲指数は5月としての最低値

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

 

5月の消費意欲指数は42.5点。前月比-2.8ポイント、前年比-5.0ポイントと、前月比・前年比ともに2ポイント以上低下しました。

                      

【Point 1:新型コロナウイルスの影響で、外出に関わる意欲が大幅低下】
5月は例年、大型連休のため消費意欲が高まる月ですが、今年は前月比-2.8ポイント・前年比-5.0ポイントと低下。5月としては調査開始以来の最低値となりました。
消費意欲指数の理由(自由回答)をみると、例年多数挙がる「ゴールデンウィークがあるから買い物をしたい、出かけたい」(19年5月150件→20年5月16件)や「服が欲しい」(19年5月50件→20年5月21件)といった季節消費関連の意見が減少。一方、新型コロナウイルスに関連する、消費にネガティブな意見は前月の倍以上に増加しています(20年4月251件→20年5月560件)。特に「感染の不安や自粛のため外出・買い物できない」(20年4月111件→20年5月219件)「感染拡大の影響で意欲がわかない」(20年4月79件→20年5月127件)など、外出できないことを挙げる意見が増えています。(※今回の調査は7都府県への緊急事態宣言(4/7)の直前の4/2~6に実施)
特に買いたいモノ・利用したいサービスの前年比をみても、「飲料(+22件)」(家飲みのアルコールなど)や「日用品(+16件)」(トイレットペーパー、マスクなど)はプラスとなる一方、「旅行(-88件)」「レジャー(-64件)」「外食(-52件)」「ファッション(-30件)」は大幅に減少。外出に関わる消費は大きく落ち込みそうです。
 

【Point 2:影響は30代以上を中心とした幅広い層に拡大】
4月の消費予報では、新型コロナウイルスの影響は、女性やファミリー層が中心でした。しかし5月は、男性・女性ともに前年から大きくマイナスとなっています(男性:前年比-4.1ポイント、女性:前年比-5.9ポイント)。また、年代別でも全層で低下しており、特に30代以上の前年比の落ち込みが30代-4.3ポイント、40代、50代はともに-6.6ポイントと顕著です。
また消費意欲指数の理由(自由回答)でも、新型コロナウイルスに関連する、消費にネガティブな意見は30代以上のいずれの年代からも100件以上挙がっており、幅広い層に影響が広がっていることがうかがえます。

詳細はこちらから
https://hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/81250/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂生活総研 [来月の消費予報・5月](消費意欲指数)