写真家・淺井愼平氏とのコラボ作品も! 現代美術家・神谷敬久の個展『1967 PLASTICs-2022 SDGs-』 京都kōjin kyotoで、2022.11.26(土)-12.2(金)開催

11月26日(土)- 12月2日(金)、京都・鴨川のほとり、東山を望むイベントスペース "kōjin kyoto"で、現代美術家・神谷敬久の個展『1967 PLASTICs -2022 SDGs-』を開催。神谷による〈Blue Wrapping〉シリーズの新作「熱風彫刻」を発表します。
写真家・淺井愼平が神谷の「熱風彫刻」を写真に写した作品も同会場に。古き良き美が充溢する京都の町で、神谷と淺井による融合的な展示がはじまります。
〈URL〉https://sites.google.com/view/takahisakamiya

 

 

 


西の柔らかい光に包まれながら非日常な空間がつくられている。視界を染め、脳を突き刺してくるのは、静かでありながらも確かな存在感を持つ青であった。そして揶揄った演技をする透明、戯れ合う曲線や、どこか愛おしい凸凹。そこに生まれる歪みが美的な振る舞いを見せる。


1951年に静岡県浜松市で生まれた神谷敬久は、先進的で刺激的な「アメリカ」に憧れる少年時代を過ごした。当時、神谷は映画『卒業』(1967)の中である男の言葉を確かに聞いた。
彼は「これからはプラスチックの時代だ」と自信を持って言い放ったのである。

2022年、神谷は個展『1967 PLASTICs-2022 SDGs-』にて〈Blue Wrapping〉シリーズの新作「熱風彫刻」を発表する。
〈Blue Wrapping〉シリーズは、2021年に古希を迎えたことを機に現代美術家としての再スタートを切った神谷が「終活」として始めたアートワークである。2021年のシリーズ第一作目では、大きな貯金箱やワニの木彫作品、ブリキの車やフィギュアなど、職業デザイナーとして長年大切に残してきた資料を青いテープで包む作品を発表した。ガラクタと呼びながらも人生を共に生きてきたオブジェであり、それらを青く包む行為には何か儀式的で精神的なものを感じられる。
今回神谷が支持体/メディウムとして選んだのはペットボトルである。プラスチックが英雄から悪者にされてゆく過程を目の当たりにしてきた神谷は「ホットワード」が構築する現代社会に対し懐疑的な目を向け、ウイットな悪戯を仕掛けた。
ペットボトルに熱風を与え歪ませ、その一部を自身の大切な資料と同様に青く包んでいく。
これまで世界を先導してきた敬意をもってミイラの如く埋葬しようとする行為なのか、はたまた厄介者とされた憐れみをもって新たに形を与え救い生かそうとする行為なのか。いずれにしても「熱風彫刻」の偶然〈必然〉の歪みや重なり、青や透明の耀きが私たちを惹きつけるのは確かである。丁寧に手当てされたディテールからは神谷のモノ〈存在〉と向き合う作家としての姿勢や、神谷とモノ〈存在〉との関係を見ることもできる。外界との関わりを得たペットボトルは、不完全ながらも自由を享受する。また気が付くと私たちもここに在るひとつひとつの段階を、身体をもって愉しんでいるはずだ。それは大量生産品から個の存在へと生まれ変わっていく過程であって、カタチが獲得され姿が現れてくる過程であっ て、日常から非日常への広がりである。

そして本展示の注目すべき点は、写真家・淺井愼平の参画である。淺井は1966年に写真集「ビートルズ東京」でメジャーデビューした後、写真に留まらずジャンルを超えた創作活動を行ってきた。今回は神谷の「熱風彫刻」を淺井が写真に写し、同じ会場に展示する。これについて淺井は「神谷の作品や目指していることが写真を撮るという行為によってより客観的に整理されたものになることを期待する」と語る。
古き良き美が充溢する京都の町で、神谷と淺井によるプロセスとしての融合的な展示が始まる。「熱風彫刻」はこの場において高尚な違和感を生み出し、文化的かつ社会的な関心を呼ぶに違いない。

 

 

 

  • 個展詳細

 

TAKAHISA KAMIYA Exhibition
「1967 PLASTICs -2022 SDGs-」

会期
2022年11月26日(土)~12月2日(金)

時間
12:30~19:30

会場
kōjin kyoto
京都府京都市上京区上生洲町248-6 (荒神橋西詰)
URL https://kojin-kyoto.com
Instagram @kojin_kyoto

入場無料

・風邪のような症状のある方は、ご来廊をお控えくださいますようにお願い申し上げます。
・マスクの着用、咳エチケットをお願いいたします。
・入場時アルコールスプレーでの手指消毒にご協力お願いいたします。
・飛沫感染防止の観点から、会場内での会話はお控えください。
・ご入館時には、芳名帳のご記入をお願いいたします。



 
  • ARTIST

神谷 敬久

Takahisa Kamiya
1978年、27歳でデザイン会社 SUPER PLANNING を創業し、デザイナー・プロデューサー・事業家としてスタートを切る。世界で愛されるキャラクターMR.FRIENDLYのプロデュースや、個性溢れるトートバッグブランドROOTOTEの立ち上げによって多くの人々を魅了した。 2004年にTOTE AS CANVASでグッドデザイン賞 商品デザイン部門を受賞。2016年にはセツ・モードセミナーに在籍し、セツ展で3331賞を受賞。2019年より本格的にアーティストとしても活動を開始した。

神谷 敬久神谷 敬久



淺井 愼平
Shimpei Asai
写真集「ストリート・フォトグラフ」「ビートルズ東京」で独自の視点が注目され、1966年に写真家としてデビューする。その後、映画撮影や音楽、脚本、小説、俳句など幅広い分野で多才ぶりを発揮し、1977年の「VAN JACKET」ハウザースポーツポスターでの ADC賞受賞をはじめ数々の賞を受賞。美術館館長や大学院教授を務めるなど学術的な場でも活躍した。シンポジウムへの参加やメディア出演も積極的に行っている。

淺井 愼平淺井 愼平

 


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スーパープランニング >
  3. 写真家・淺井愼平氏とのコラボ作品も! 現代美術家・神谷敬久の個展『1967 PLASTICs-2022 SDGs-』 京都kōjin kyotoで、2022.11.26(土)-12.2(金)開催