流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」が中国・上海地下鉄「徐家匯(シュージャーホイ)」駅構内に海外初出店!

 株式会社東急レクリエーション(本社:東京都渋谷区、社長:菅野信三)が首都圏に4店舗を展開する流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」(以下、ランキンランキン)が、中華人民共和国(以下、中国)上海地下鉄の「徐家匯」駅構内に海外初出店します。
 ランキンランキン初となる海外店舗(以下、本店舗)は、上海急線企業管理有限公司(本社:中国上海市)とライセンス契約を締結し、10月30日(月)に中国の上海地下鉄徐家匯駅構内に開業する駅直結型商業施設「LINE plus(ラインプラス) 徐家匯」内に同日グランドオープンします。
 尚、「LINE plus」は、グループ会社である東京急行電鉄㈱が日本国内で展開している駅直結・コミュニティ型商業施設「エトモ」のノウハウを生かして開発・運営のサポートを行う駅直結型商業施設のブランドです。

 徐家匯駅は上海地下鉄3路線が乗り入れ、1日の乗降客数が16万人という上海市内でも屈指のターミナル駅です。上海市の副中心としてオフィスビルも多く、一方で国営百貨店やショッピングモールが立ち並ぶ大型繁華街であることから、買い物で街に訪れる若者や通勤で利用するオフィスワーカーなど、地元の幅広いお客様に人気のエリアです。

 本店舗では、日本のランキンランキンの店舗運営ノウハウをそのまま輸出し、流行発信ショップという中国国内における新たな小売業態として、話題性を集めながら現地の消費者へ訴求していくとともに、今なお高い経済成長率を維持する大都市上海において、ランキンランキンが持つ独自のビジネスモデルの可能性を追求してまいります。また、公共性の高い駅ナカ立地から日本での流行情報をリアルに発信していくことで、訪日インバウンドの促進にも期待しています。
 

                                                           本店舗イメージパース

 


                        ロゴ


店舗概要については、以下の通りです。

■ランキンランキンについて
ランキンランキンは、雑貨・コスメ・食品などさまざまなジャンルの「ランキング上位商品」と「注目商品」のみを取扱い、ランキング順位の変動によるアイテムの入れ替えのほか、流行や季節に合わせたカテゴリーの入れ替えを行うため、新鮮な情報とトレンドアイテムが一目で分かる流行発信ショップです。また、店舗では、その他にも音声付の大型デジタルサイネージやショーウインドー等を活用した店頭での様々な販促プロモーションを行うことで最新の流行情報をリアルに体感していただけます。


■ランキンランキン上海徐家匯店について
○開 業 日       2017年10月30日(月)
○店 名      「ranKing ranQueen 上海徐家匯店」
(中文名)     「王排王牌(ワンパイワンパイ)上海徐家匯店」
○所 在 地       上海市徐家匯区漕溪北路
                   地下鉄徐家匯駅地下1階コンコース
                  「LINE plus徐家匯」内
○店舗面積      29.4㎡
○営業時間      10:00~21:30
○定 休 日   年中無休
○取扱い商品   雑貨、コスメ、食品、飲料、他

 


■徐家匯(シュージャーホイ)駅について
地下鉄1号線、9号線、11号線が乗り入れるターミナル駅。
周辺エリアには、東方商厦、太平洋百貨、第六百貨、匯聯商厦などの国営企業を中心とした商業施設、港匯広場、美羅城といったランドマーク的な商業施設が出店。南京東路、南京西路、淮海路の各商圏とともに市内の四大商圏として位置づけられる。1日の乗降客数は約16万人で、全366駅中3位。

■上海急線企業管理有限公司の概要
○社  名     上海急線企業管理有限公司
○事業内容     不動産管理、飲食店経営
○設  立     2016年12月
○資 本 金      1,000万元
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急レクリエーション >
  3. 流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」が中国・上海地下鉄「徐家匯(シュージャーホイ)」駅構内に海外初出店!