アジア初となるLVMH JAPANとのパートナーシップ本学の実践的な教育カリキュラムが採用された“LVMH JAPAN公認プログラム”が2021年4月15日よりスタート

学校法人 日本教育財団が運営する国際ファッション専門職大学と専門学校 モード学園では、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」や「DIOR(ディオール)」「BULGARI(ブルガリ)」をはじめとした世界のラグジュアリーブランドを牽引するLVMH JAPANとのパートナーシップのもと、アジア初となる「ME LVMH JAPANクライアント・アドバイザー・プログラム」(以下、本プログラム)へのカリキュラム提供をスタートいたします。本プログラムのスタートとなる4月15日(木)に、LVMH JAPAN代表取締役社長ノルベール・ルレ氏をはじめ両校の学長・校長が参加し、記者会見を実施しました。

このたび始動するLVMH JAPANによる女性の再就職とキャリアアップをサポートする本プログラムにおいて、本学のファッション・ビジネス・メイク・美容分野のカリキュラムがLVMH JAPAN公認プログラムに採用されました。2021年4月から1年間にわたり、総合校舎コクーンタワーにおいて、本学の指導陣により、専門的な知識を学ぶ特別カリキュラムを提供し、受講生のスキルアップをサポートいたします。

■実践的な教育カリキュラム
国際ファッション専門職大学とモード学園では、知識や理論の学習と実務でのトレーニングの両面から受講生のスキルアップをサポートします。受講生は1年間にわたり両校の総合校舎コクーンタワー(50階)にてファッションと美容の基礎知識を学ぶ座学授業や、接客やメイク、スタイリングの実習授業、国内外のビジネスリーダーによる講義などの特別カリキュラムを受講。同時に LVMH傘下ブランドまたは部門のスペシャリストをメンターとして店舗でのトレーニング(インターンシップ)を実施、クライアント・アドバイザーとしての実務経験を積みます。

■学校法人 日本教育財団 後藤理事のコメント


みなさま、こんにちは。学校法人日本教育財団 理事の後藤です。

今回のLVMHのプログラムに我々の教育内容が認定されたことで、人材育成を通じて社会全体への貢献につながる教育活動ができることを嬉しく思います。

今回の特別カリキュラムは、国際ファッション専門職大学とモード学園から、ファッション分野の学科でファッションの総合的な専門的知識をはじめ、ファッションビジネス学科で学ぶビジネス知識と接客販売技法、そしてデジタル コミュニケーション、メイクネイル学科で学ぶカウンセリングメイクを編集し、ラグジュアリーブランドで活躍するために必要な知識・技術を終結させた特別カリキュラムとなっています。

本学では、ゼロからプロを育てるという理念のもと、それぞれの学科で即戦力を輩出してまいりました。もちろんラグジュアリーブランドで活躍している卒業生もおります。しかし、今回のプログラムでは、わずか1年で、ラグジュアリーブランドで活躍できる人材を育てるという、我々としてもチャレンジングな取組です。

これまでの経験と実績を踏まえ、それに応える教育カリキュラムを整えましたが、なによりLVMHメゾンでのインターンシップと並行するからこそ、実現可能なプログラムだと考えております。また今回のプログラムは、社会人の学び直しという観点でも、非常に大きな役割を持っていると考えております。本学では卒業生が活躍することが何よりの財産だと考え、在学中の就職指導だけではなく、卒業後の転職や再就職の就職指導をサポートする『生涯バックアップシステム』を全校で導入しており、これまで結婚や出産後のタイミングで就職指導を活用した卒業生もいます。

またキャリアアップに必要なスキルを身につけることができるように、新宿駅前に立地している校舎の利便性を活かし、夜間や土曜に、短期コースも設置することで、就職後のキャリアサポートも行っております。

また今回はファッション業界となりますが、我々はIT・デジタルコンテンツの専門学校HALと、医療・福祉分野の専門学校首都医校、そして通信制大学の東京通信大学も運営しておりますので、生涯学習という点においては、多方面において必要な知識、技術、資格を身につけることができる環境を整え、今後も女性はもちろん、社会人の学び直しにも貢献していきたいと考えています。

■「ME( Métiers d’Excellence)」インスティチュート
LVMHがパリにて2014年に創設した独自の職業訓練プログラムで、若い世代のクラフツマンシップや販売技能の習得などを図り、雇用開発することを目的としています。これまでにヨーロッパ4か国で31のプログラムを実施し、「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」は、アジア初のプログラムとなります。

■「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」に参加するLVMHの傘下ブランド
ブルガリ、セリーヌ、クリスチャン•ディオール•クチュール、フェンディ、フレッド、ゲラン、ロエべ、ロロ•ピアーナ、ルイヴィトン、マーク•ジェイコブス、パルファン•クリスチャンデイオール、パルファム ジバンシー、タグ•ホイヤー

■日本教育財団

日本教育財団は、日本で唯一のファッション・ビジネスの専門職大学「国際ファッション専門職大学」、日本初のAI・IoT・ロボット・ゲーム・CGの専門職大学「東京国際工科専門職大学」・「大阪国際工科専門職大学」・「名古屋国際工科専門職大学」、通信制大学の「東京通信大学」、ファッション・デザイン・美容の「モード学園」、IT・CG・アニメ・ゲームの「HAL」、医療・福祉・スポーツ・健康の「医校・医専」、パリ校の「クレアポール(CREAPOLE)」、合計15校の大学から専門学校まで、即戦力を育成する教育機関です。
「環境が人を育てる」という考えのもと、学生にとって最高の教育環境を整え、夢をかたちにします。企業やクリエイターと共同開発を行う「産学連携」や、臨床現場を再現した「チーム医療」などの「実践教育」、個性を見つけて伸ばす「創造力教育」など、独自のカリキュラムと教育で、社会で活躍するのに不可欠な実践力や創造力を養います。

TOP写真:4月15日記者会見。右からステファン・ヴォワイエ(LVMH JAPAN HR SVP) 高瀬なおみ(VMH JAPANタレント アクイジション ディレクター) ノルベール・ルレ(LVMH JAPAN 代表取締役社⾧) 後藤京子(学校法人日本教育財団理事) 近藤誠一(国際ファッション専門職大学学⾧) 山内彩(LVMH JAPANラーニング&ディベロップメントマネージャー) 柴田誠(東京モード学園校⾧)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. アジア初となるLVMH JAPANとのパートナーシップ本学の実践的な教育カリキュラムが採用された“LVMH JAPAN公認プログラム”が2021年4月15日よりスタート