【参加無料】豊島区雑司が谷公園で、身近な自然環境やSDGsを楽しく体感できる「環境教育イベント」開催(西武造園株式会社)

~出張!富良野自然塾 46億年 地球の道を歩こう!& みつばちのヒミツ・芽が出る!たねダンゴ~

西武造園株式会社(本社:東京都豊島区、取締役社長:大嶋 聡)は、豊島区に本社を置く企業として「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使」の主旨に賛同し、企業活動を行っています。今回、地元・豊島区の子ども達に楽しく『自然環境』や『SDGs』を体感してもらう企画として、参加無料の環境教育イベントを豊島区立雑司が谷公園において2022年11月13日(日)に開催いたします。

みつばちの蜜源となる植物をお家で育てようみつばちの蜜源となる植物をお家で育てよう

西武グループにおける「造園・緑地事業専門会社」として全国に事業展開する西武造園株式会社は、設計・施工・維持管理・運営までワンストップなサービスを提供し、“人”と“みどり”のより豊かなまちづくりを目指しています。当社は、東京都豊島区に本社を構える企業として、豊島区および公益財団法人としま未来文化財団が取り組む「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使」の活動主旨に賛同し、2022年3月に賛同企業の一員として参画しました。

今回は、「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使」賛同企業として、地元・豊島区の子ども達に身近な自然環境やSDGsについて楽しく体感してもらう機会の創出を目的に、豊島区立雑司が谷公園において、参加無料の「環境教育イベント」を2022年11月13日(日)に開催いたします。
 

会場は2020年3月にリニューアルした「豊島区立雑司が谷公園」会場は2020年3月にリニューアルした「豊島区立雑司が谷公園」

地域の方々に親しまれている公園で、西武造園に所属するインストラクターが「富良野自然塾東京校」と「はち育🄬」の環境教育プログラムを実施。“自然を感じ・学び・考える”2つのプログラムを通じて、SDGsの目標達成のため私たちにできることを考え行動するきっかけにつなげます。

イベントは事前申込制で、2022年10月1日(土)~10月31日(月)まで受付中!
ご自宅に持ち帰って育てられる、みつばちの蜜源植物の「たねダンゴ」のお土産付き。
ぜひご参加ください。

西武造園株式会社 WEBサイト:
https://www.seibu-la.co.jp/
 
  • 開催概要
実施日:2022年11月13日(日) ※小雨決行/荒天中止
実施時間:午前の部 10:30~12:00、午後の部 13:30~15:00
※午前・午後ともに同じ内容です

会場:豊島区立雑司が谷公園
(所在地:東京都豊島区雑司が谷二丁目12-1)

交通アクセス:
東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」より徒歩5分
都電荒川線「鬼子母神前停留所」より徒歩5分
※公園に駐車場はございませんので、車でのご来場はお控えください。

その他、会場の公園について詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。
https://www.city.toshima.lg.jp/454/shisetsu/koen/2008270918.html
https://zoshigaya.club/zoshigayapark.html

定員:各回40名程度

参加費:無料

参加方法:イベントの参加には事前のお申込みが必要です。
下記のイベント申込みページ(Yahoo!PassMarket)より必要事項を入力のうえ、お申込みください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02nqdmqxsdk21.html
※申込み期間:2022年10月1日(土)~10月31日(月)

イベントについて:
・お申し込みが定員を超えた場合は抽選となります。
・各プログラムは小学校3年生程度を主対象とした内容ですが、どなたでも参加いただけます。
・未就学児~小学校2年生以下のお子さまは必ず保護者同伴でご参加ください。
・会場までの交通費は参加者様負担となります。
・その他、当日の受付場所や時間などの詳細は、申込者様宛にメールにてご案内いたします。

主催:西武造園株式会社(豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使)
共催:公益財団法人としま未来文化財団
 
  • イベントでは2つの「環境教育プログラム」が楽しめます!

会場となる豊島区立雑司が谷公園の屋外・屋内をそれぞれ使って、“自然を感じ・学び・考える”ことができる2つのプログラムを実施いたします。


その1. 歩いてたどるタイムトラベル
「出張!富良野自然塾 46億年 地球の道を歩こう!」

作家・倉本聰氏が塾長を務める「富良野自然塾」にて研修・教育を受けた、西武造園所属のインストラクターが、通常は国営昭和記念公園で行っている「富良野自然塾東京校」を特別出張として実施します。

 

その2. みつばちをテーマに身の回りの自然を知る
「みつばちのヒミツ」・「芽が出る!たねダンゴ」

花やみどりへの意識が希薄になりがちな現代に、“みつばち”を通じて地域の自然とのつながりを考えます。みつばちの蜜源となる植物の種を使った「芽が出る!たねダンゴ」をご自宅に持ち帰って育てることができます。

※所要時間は各40分程度です。2つの環境教育プログラムをセットで体験いただきます。

 

  • その1 「出張!富良野自然塾 ~46億年地球の道を歩こう!~」

地球が誕生してから46億年の歴史を、460mの距離に置き換えてたどります。地球誕生から、マグマオーシャンの時代、全球凍結、ハイパーハリケーン、生物の進化など、専属インストラクターがドラマチックにお伝えします。

 

想像力をフル回転しながら自分の足で歩いて歴史を体感していただくことで、これからの行動を考える「きっかけ」や「気づき」を得ることができるプログラムです。

 

  • その2「みつばちのヒミツ」・「芽が出る!たねダンゴ」

みつばちを通じて身の回りの自然環境を感じる、西武造園のオリジナル環境教育「はち育🄬」のプログラムです。

「みつばちのヒミツ」では、楽しいクイズ形式でみつばちの生態やその役割についてご紹介します。身近な生きものである“みつばち”が、自然とそして私たちの生活とどのように関わっているか、驚きと発見があるはずです。

クイズで理解を深めた後は、みつばちが蜜を吸いにくる『蜜源植物』の種を使って「芽が出る!たねダンゴ」を作ります。植物の種を粘土(ケト土)・培養土・肥料と混ぜてダンゴにしたもので、小さなお子さまでも、どろ遊び感覚で楽しく作ることができ、自宅で発芽から花が咲くまで生長を見守っていただきます。

どろ遊び感覚で楽しい「たねダンゴ」づくりどろ遊び感覚で楽しい「たねダンゴ」づくり

みつばちの蜜源となる植物をお家で育てようみつばちの蜜源となる植物をお家で育てよう



培養土には、浄水処理過程で発生する土を再利用したエコな黒土「アクレ」を使います。土壌採取による環境悪化が問題となる中、「アクレ」は採掘を軽減し、浄水場発生土を一般に利用できるよう特殊な手法を用いて加工した、環境にやさしいリサイクル土壌です。

浄水発生土資源化技術(アクレ)のご紹介:https://www.seibu-la.co.jp/technology/materials.html

※「たねダンゴ」は、公益社団法人日本家庭園芸普及協会の登録商標(第5748044号)です
 
  • 西武造園の「環境教育プログラム」について
造園・緑地事業での豊富な実績から培ってきたノウハウ、知見などを活かし、社会のニーズやトレンドにあわせたイベントやプログラムを企画立案し、全国各所で展開しています。

「富良野自然塾東京校」

国営昭和記念公園の「富良野自然塾東京校」国営昭和記念公園の「富良野自然塾東京校」

北海道富良野市において作家・倉本聰氏が塾長を務める「富良野自然塾」のコンセプトをそのまま国営昭和記念公園で実施する環境教育プログラムです。インストラクターによるドラマチックな解説とともにコースを巡り、知識ではなく体験を通して、環境問題の本質を考えます。
同コンセプトの自然塾は、他に今治・京都・北九州・福島・勝山で実施されており、「富良野自然塾東京校」は2014年に首都圏で初めて開校しました。 

富良野自然塾東京校のご紹介:
https://www.seibu-la.co.jp/technology/furanoshizenjuku.html
 

 


「はち育🄬」

西武造園グループでは、管理運営する公園などでスタッフがみつばちを飼育し、みつばちの特性を活かした環境教育プログラムです。みつばちを通じて、身近な自然環境を伝えるとともに、採蜜したはちみつによる商品開発等の地域連携・振興にも取り組んでいます。

環境教育事業「はち育🄬」のご紹介:
https://www.seibu-la.co.jp/technology/hachiiku.html
※「はち育」は、西武造園株式会社の登録商標(第5662250号)です


この他にも、地域の課題やニーズなどをヒアリングし解決策を提案するプログラム、コミュニティの場づくり、自然環境保全への貢献・サポート等を行っています。また、当社に所属するインストラクターが場所や対象者、目的などご要望にあわせてプログラムを組み立てる出張講座も可能ですので、ぜひお問い合わせください。
 
  • 「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使」について
「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使」とは、豊島区が目指す「国際アート・カルチャー都市」「SDGs未来都市」の実現に向けた活動の担い手として、としまの魅力を区内外に発信する等、この都市構想に賛同する方々です。

※詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。
https://www.city.toshima.lg.jp/toshimanow/artculture/ouen/
http://toshima-icac-tokyo.net/
 
  • 西武造園株式会社 会社概要
西武造園株式会社は、西武グループにおける「造園・緑地事業専門会社」として全国的に事業展開し、設計・施工・維持管理・運営までワンストップなサービスを提供するとともに、“人”と“みどり”の環境創造サービス企業として、より豊かなまちづくりを目指しています。


商号:西武造園株式会社
代表者:取締役社長 大嶋 聡
本店:東京都豊島区南池袋1丁目16番15号
本社:東京都豊島区長崎5丁目1番34号 東長崎西武ビル2階
資本金:3億6千万円

西武グループでは、グループの経営理念である「グループビジョン」に基づき、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを「サステナビリティアクション」と呼び、積極的に推進しています。西武造園株式会社は、西武グループ企業として、今回のような環境教育プログラムの継続的な実施などを通じて、緑化の推進および普及啓発を推進してまいります。

 

※西武グループのサステナビリティアクションついて詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。
https://www.seibuholdings.co.jp/sustainability/
 
  • お問い合わせ先
西武造園株式会社
所在地:東京都豊島区長崎5-1-34
https://www.seibu-la.co.jp/
TEL:03-4531-3600
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 西武造園株式会社 >
  3. 【参加無料】豊島区雑司が谷公園で、身近な自然環境やSDGsを楽しく体感できる「環境教育イベント」開催(西武造園株式会社)