無学年式 AI×アダプティブラーニング「すらら」第17回「すららカップ」を12月1日より開催

~自立学習を応援!皆勤賞、塾・学校・放デイ・家庭学習それぞれの賞を新設~

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、「すらら」の学習者が努力の量を競う大会である「すららカップ」を2020年12月1日(火)より2021年1月31日(日)まで開催します。

すららネットは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」を企業理念とし、アダプティブな対話式 ICT 教材「すらら」を、国内では 約 1,400 校の塾、学校等に提供しています。全国の有名私立中高、大手塾での活用が広がる一方で、発達障がいや学習障がい、不登校、経済的困窮世帯を含む生徒に学習の機会を提供するなど日本の教育課題の解決を図ることで成長を続け代表的な EdTech スタートアップ企業として2017年に東証マザーズに上場しました。

「すららカップ」とは、偏差値や点数ではなく「総学習時間」といった“どれだけ努力したか”の努力指標で、学年や居住地域を問わず全ての「すらら」学習者同士が競い合う大会です。「すらら」学習者が「努力指標」と「努力の結果である成績向上」を意識することにより「やればできる」というマインドセットを醸成することを目的として、毎年開催しています。

今回から、児童生徒一人ひとりがそれぞれのペースで頑張ることをさらに奨励し、また、児童生徒同士のチームワークに加え、学校の先生、保護者、すららコーチなど、児童生徒をサポートする周囲の方々とのチームワークを後押しする目的で新たな部門を設けることとなりました。毎日欠かさずログインして学習した児童・生徒を奨励する皆勤賞、学校での平均学習時間、先生かたの課題数・課題達成率を競う学校部門、放課後等デイサービスに所属している児童生徒の学習時間を競う放課後等デイサービス個人部門、家庭学習サービス部門におけるお子さま向けルーキー賞、保護者向けほめ上手大賞等を新設します。

「すらら」では従来から、個別の学習計画の立案ならびに自分の立てた目標の達成に向けた学習を、学習管理画面をはじめさまざまな形でサポートしてまいりましたが、第17回「すららカップ」では、学びの自立化・個別最適化をこれまで以上に後押ししていきます。

 
■第16回すららカップ参加者の声 
わせがく高等学校太田キャンパス

当校では、すららカップに加え、学内独自のすららカップも実施しています。参加した高校3年生は「すららカップは順位が発表されるので夢中になります。隣に座っている、顔が見えるクラスメートもライバルです。お互い声をかけ合い、切磋琢磨しながら休み時間にも頑張りました。勉強に取り組むきっかけとして役立てることができました」と話しています。



個別塾 Athena

初参加のすららカップでチーム対抗部門に入賞することができました。入賞の要因には、二人の生徒が自ら計画を立て団結して頑張れたこと、家族の応援や協力があったことが挙げられます。生徒たちの心には「やり抜く自身と友情」が生まれました。強くなって成長した生徒たちに今年も期待しています。




今後も、学習コンテンツ開発・提供にとどまらず、「すららカップ」や「すららアクティブラーニングイベント」等の幅広い参加型企画により、学習者の深い学びをサポートしていきます。

【第17回すららカップ】 開催概要
◆実施期間:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
◆対象学年:問わず
◆科目:国語・数学(算数)・英語・理科・社会
◆学習範囲:「すらら」小1~高3、すらら英単語、漢字学習コンテンツ
◆開催部門:
<全体部門>
・個人部門(学年を問わず個人の総学習時間を競う部門)
・ミッション達成賞(要事前エントリー。月15時間ミッション、月45時間ミッションの2つのミッションから目標を選択し、12月と1月の月間の学習がそれぞれ目標時間を超える学習者を表彰する賞)
・皆勤賞(対象期間内で毎日学習をした児童生徒を表彰する賞)
<チャネル部門>
・塾部門=チーム対抗部門(チームを作り、平均学習時間を競う部門)
・学校部門=学校対抗戦(学校での平均学習時間、先生の課題配信数・児童生徒の課題達成率を競う部門)
・放課後等デイサービス部門=放課後等デイサービス個人部門(放課後等デイサービスに所属している児童生徒個人の学習時間を競う部門)
・家庭学習サービス部門=児童生徒向け「ルーキー賞」「プレマスター賞」、保護者向け「ほめ上手大賞」、すららコーチ向け「すららコーチ大賞」
◆審査基準:
個人部門・ミッション達成賞・放課後等デイサービス部門・家庭学習サービス部門「ルーキー賞」「プレマスター賞」:総学習時間
皆勤賞:ログイン・学習履歴
塾部門:チーム内平均学習時間
学校部門:学校内平均学習時間、先生の課題配信数、児童生徒の課題達成率
家庭学習サービス部門「ほめ上手大賞」「すららコーチ大賞」:審査基準に則り総合的に審査
◆賞品
・個人部門1位:Apple AirPods Pro/ Apple Watch Series 3/ Yogiboのいずれかから選択、他部門毎に賞品多数
◆最終結果発表:2020年2月予定
◆詳細URL: https://surala.jp/suralacup/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. すららネット >
  3. 無学年式 AI×アダプティブラーニング「すらら」第17回「すららカップ」を12月1日より開催