ベアブリック×メズム東京初コラボデザイン『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』2月8日(月)より数量限定販売

~ 光に反応する次世代インク「NINJAINK®」を起用した世界初のベアブリック ~

 JR東日本グループの日本ホテル株式会社と世界最大のホテルチェーン、米マリオット・インターナショナルとの初提携ホテルで、東京の“今”の躍動感や波長と共鳴し、五感を魅了する数々のこだわりでお客さまをお迎えする『メズム東京、オートグラフ コレクション』(運営:日本ホテル㈱代表取締役社長 里見雅行/総支配人 生沼久)は、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトを基に誕生したMEDICOM TOY社のベアブリック(BE@RBRICK)と初コラボレーションした、当ホテルオリジナルデザインの『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』の販売を2021年2月8日(月)より開始いたします。

 『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』は、当ホテルのクリエイティブディレクター小泉堅太郎によるオリジナルデザインで、メズム東京のブランドカラーであるミッドナイトブルーの波模様とホテルロゴをあしらった100%サイズ(高さ約70mm)と、一部客室のウェルカムアートとしても採用されている400%サイズ(高さ約280mm)の2タイプでの展開となります。400%サイズは特別に、光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を使ったデザインの着ぐるみを着用しており、フラッシュ撮影をするとホテルのコンセプトである“TOKYO WAVES”を表現した絵柄が浮き上がる、遊び心あるデザインとなっています。なお、「NINJAINK®」を採用したベアブリックとしては『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』が世界初となります。

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影前)「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影前)

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影後)「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影後)

 
  • 商品概要 <『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』 100%サイズ / 400%サイズ>

【価格】
 100%サイズ:¥ 3,960(税込)…お1人様あたり1体限定販売
 400%サイズ:¥49,500(税込)…宿泊者限定:1室あたり1体限定販売
【サイズ】
 100%サイズ:高さ約70mm / 400%サイズ:高さ約280mm
【発売日】
 2021年2月8日(月)…売り切れ次第販売終了。
【購入方法】 
 メズム東京16Fフロントにて限定数販売。
 ※100%サイズは4月以降、ホテル公式ECサイトでも販売予定。
【デザイナー】
 メズム東京 クリエイティブディレクター 小泉堅太郎(こいずみけんたろう)

『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』100%サイズおよび、着脱可能な着ぐるみを脱いだ状態の400%サイズのデザインイメージ『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』100%サイズおよび、着脱可能な着ぐるみを脱いだ状態の400%サイズのデザインイメージ

 
  • デザイン詳細 <『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』 400%サイズ>

 高さ約280mm の400%サイズの『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』は、忍者のように姿を隠し、フラッシュ撮影をすると光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」(㈱ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと㈱小松プロセスが企画開発した再帰反射性カラーインク)を採用した着脱可能な着ぐるみ仕様です。スマートフォンなどでフラッシュ撮影をすると、縁起物として親しまれている「だるま」の顔と、ホテルコンセプトを和風にあしらった絵柄が浮かび上がり、遊び心とインタラクティブな演出が魅力のデザインとなっています。また、お客さまをお迎えするウェルカムアートとして、アートスペースを擁する約200室のゲストルームにも設置しており、お客さまの快適で安全なホテル滞在を祈願しています。『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザイン詳細は下記をご覧ください。

【メズム東京、オートグラフ コレクションについて】

“TOKYO WAVES”をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することによりゲストに新たな発見を提供する、全265室のラグジュアリーなホテルです。2020年4月27日、JR東日本グループによる港区・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に開業しました。壮観な東京ベイエリアや歴史ある浜離宮恩賜庭園といった美しい眺望、そして五感にも心地よい刺激を与えるアートや音楽といった、豊かな地域資源と芸術の一体感を活かし、都会のエネルギーとクリエイティビティーが出会う東京のライフスタイルのアイコンを目指します。「Exactly like nothing else(唯一無二)」のホテルとして、マリオット・インターナショナルが展開する「オートグラフ コレクション ホテル」に加盟しています。また、東京都内の厳選されたレストラン・ホテルを紹介する『ミシュランガイド東京2021』において、「極めて快適(Top class comfort)」を示す「4パビリオン」として掲載されました。

【オートグラフ コレクション ホテルについて】

オートグラフ コレクション ホテルはオリジナリティ溢れるホテルを支持し、30以上の国と地域において絶好のロケーションを誇る200軒以上の独立系ホテルそれぞれの個性を大切にしています。ひとつひとつに創設者の情熱が込められ、彼らのビジョンを具現しており、各ホテルがたったひとつしかない特別なもの、「Exactly like nothing else(唯一無二)」となっています。オートグラフ コレクション ホテルは、独自の造りと、デザインやおもてなしに対しての強いこだわりを考慮の上セレクトされ、生涯続くような印象を残す色鮮やかな時間をお届けします。詳細についてはwww.autographhotels.comをご覧ください。また、Instagram、Twitter、Facebookのソーシャルメディアチャンネルでも情報を発信しており、#ExactlyLikeNothingElseで最高の瞬間の数々をぜひご覧ください。オートグラフ コレクション ホテルは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy.marriott.comをご覧ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本ホテルズ >
  3. ベアブリック×メズム東京初コラボデザイン『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』2月8日(月)より数量限定販売