コロナで登園不可でも幼稚園を身近に感じてほしい 「朝の会」もライブ配信⁉

~動画配信を活用した保育の工夫を提案~

麗澤幼稚園(千葉県柏市/園長:岡田 喜)では、 現在新型コロナウイルスの影響で5月6日までを休園期間としています。登園できない園児やその保護者の皆様の負担やストレスはたまる一方、この期間も、本園では教職員総出で、様々な案を出し合い、園児たちが家にいながらでも楽しめることはないか、何か離れていてもできることはないかと、試行錯誤しています。

その結果、インスタグラムやYouTube等の動画配信サイトを利用して、保育活動をWEB配信することにしました。幼稚園に来られない園児たちに、幼稚園に来られなくても「幼稚園を近くに感じて欲しい」との思いから若手教職員を中心として取り組んでいます。

普段、幼稚園で行っている「朝の会」や自宅で簡単にできる「運動遊び」、「正しい手洗いの仕方」をライブ配信して園児たちとオンタイムで一緒に行ったり、幼稚園からこいのぼりや兜などの制作キットを郵送して、作り方を動画で配信したりするなど様々な試みを行っています。

保護者の方々からは、「子ども保護者も毎日楽しみに待っています。」「毎日、インスタグラムのライブ配信を見ることが心のよりどころになっています。」等、嬉しい感想をたくさんいただいています。
今後は、年度が替わって新しくなったクラスの先生からのメッセージを配信したり、お箸や鉛筆の使い方、行事の由来や誕生日会など季節のイベントに関わる内容も動画で配信したりして、子ども達が休園中も幼稚園を近くに感じてもらえるように工夫していきます。

このコロナウイルスの影響で、思いっきり遊べず、外出もできない環境の中、ストレスを抱えているであろう子ども達や家族の方々が毎日笑顔で過ごせるように、今後もWEBをはじめとしたさまざまなツールを活用して子育て支援をしていきたいと考えています。

【麗澤幼稚園公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCENgAOcd7M2saVFWEULTRTw

 ▲動画配信の様子  ▲動画配信の様子 

【麗澤幼稚園公式Instagram】
https://www.instagram.com/reitaku_kindergarten/

▲麗澤幼稚園公式Instagram▲麗澤幼稚園公式Instagram


【麗澤幼稚園について】
麗澤幼稚園は昭和55年に開園しました。開園以来、創立者である廣池千九郎(法学博士)が提唱した教育方針を継承し、保育に取り組んでいます。教育目標として「やさしく思いやりのある子」「ありがとうが言える子」「自分のことは自分でする子」を掲げ、教職員一同心をひとつに教育活動を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 麗澤 -Reitaku- >
  3. コロナで登園不可でも幼稚園を身近に感じてほしい 「朝の会」もライブ配信⁉