コロナ禍 保活レポート2020「保育園下見できた!?」動画メディア「mamatas(ママタス)」が保活中ママの実態調査。

コロナ禍の新しい保活スタイルと仕事復帰を控えたママたちの決断力が見える結果に!

C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮)が運営するママ向け動画メディア「mamatas(ママタス)」(総フォロワー数100万以上・https://www.mamatas.net/ )がママの本音を代弁する「ママタスlabo」。今回は「今年度、コロナ禍で保育園の下見ができたか」について、ママタスInstagramフォロワーに対してアンケートを実施しました。
(アンケート名:「保活ママに質問!コロナ禍の保活レポート2020 ①今年度、保育園入園のための下見はコロナ禍でもできましたか?②園や施設の下見ができなくても申し込みをしましたか?」/調査方法:Instagramストーリーズ/アンケート:回答数 7,110/実施期間:2020年11月26日~11月29日)
<TOPICS>
・コロナ禍でも下見が「できた」ママは43%、「できなかった」ママは57%。
・下見ができなくても(入園の)申し込みを「した」ママが55%、「しなかった」ママは45%。
・下見なしの場合でも、ネットの口コミを参考にしたり、電話相談やオンライン説明会への参加など、コロナ禍ならではの新しい保活の姿がみえる結果に。


■保育園の下見はコロナ禍でもできた?

*調査方法:Instagramストーリーズアンケート / 有効回答数 4,743
*実施期間:2020年11月26日~11月27日
*アンケート対象:ママタスInstagramフォロワー(約79万人・調査時期)

■園や施設の下見ができなくても申し込みした?

*調査方法:Instagramストーリーズアンケート / 有効回答数 2,367
*実施期間:2020年11月26日~11月27日
*アンケート対象:ママタスInstagramフォロワー(約79万人・調査時期)

「下見ができた?」という最初の質問に対し、できたママが43%、できなかったママが57%と、できなかったママができたママの数を上回りました。この結果を受けて「ママタスlabo」では Instagramによる追加アンケート「あなたはどっち?どんな状況でしたか?」でコメントを募集。下見ができた園では人数制限や検温、消毒などの感染予防対策が徹底されていたり、「園児の部屋には入れない」など一定の制約があり、園側の配慮や努力が伺えます。他方、下見ができなかったママからは「下見をしたかったが受け入れ態勢がなかった」という意見のほか「オンラインで概要説明と質問だけだった」「電話で詳細を聞いた」という声がありました。

また、最初の設問で「下見ができなかった」と答えた方に限定して尋ねた第2問「下見ができなくても申し込みしましたか?」では「した」が55%、「しなかった」が45%で、職場復帰や再就職など様々な事情により下見無しでも申し込みせざるを得ないママたちが、そうでないママたちを少しだけ上回りました。この結果を受けた Instagramの追加アンケート「あなたはどうしましたか?その理由は?」のコメントでも、「保育園に入ってもらわないと働けない」「育休の延長ができない職場なので」「復職しないといけないから」というママ側の理由が目立っています。一方で「電話応対の仕方で園を決めた」「口コミやホームページを見て決めた」「雰囲気や園児の様子を外から垣間見た」など、我が子に最良の園を選ぶため、あの手この手を駆使して頑張る保活ママのたくましさも浮き彫りになりました。

≪コロナ禍の保活2020アンケート コメント一部抜粋≫
保育園の下見はコロナ禍でもできた? できない?
~あなたはどっち?どんな状況でしたか?~


【下見ができた】
・見学出来ました。人数制限と検温、消毒の徹底の対策がありました。
・下見はできました。ただ、園児の部屋には入れませんでした。
・どこも1~3組ずつの少人数で見学させていただきました!
・出来ましたが、1日1組のみ(子ども含め2名まで)など制限がありました。
・下見できました!でも、さっと終わってしまい聞きたいことが聞けない下見ばかりでした。
・見学できた!1日1組限定や、一斉説明会では人数制限、予約制だった。
・6園の見学ができました。室内までしっかり案内していただいたのは2園。その他は廊下から。
・コロナ禍でも下見できたけど、保育室には入らず外からの見学だった。
・内覧できました!予約電話入れてから、決められた時間に行ったら出来ました!
・園のほうでは受け付けていましたが、感染症も流行っている所もあったのでやめました。
・最近全部見学できました。見学できるまでは、見学した所しか希望しませんでした。

【下見ができなかった】
・玄関先で写真の見学や開放している園もありましたが、ほとんど電話で詳細を聞きました。
・Zoomで概要説明と質問のみでした。
・見学ではなく、門のところでパンフレットを見ながら説明を受けるという形でした。
・園のほうから感染症予防として見学拒否されて出来ませんでした。
・できなかった!外から場所を確認しました。
・下見できないままでも申し込みせざるをえないです。保育園側もオンライン内覧会とか、園児がいない休日内覧会とか対応策を行政サポートで行ってくださるとありがたい 


追加アンケート名:mamatas labo「(保育園の下見はコロナ禍でもできた?を受けて) あなたはどっち?どんな状況でしたか?」
/調査方法:Instagramストーリーズアンケート(有効回答数:84)/ Twitterへのコメント
/実施期間:2020年11月28日~29日/調査対象:ママタスInstagramフォロワーおよびママタスTwitterフォロワー

(下見ができなかったが「申込した」と答えた方へ)
~あなたはどうしましたか?その理由は?~

・電話で詳細を聞き、電話応対の仕方で園を決めました!
・出来なかったが、仕事復帰の為にとりあえず近くで友達が居る所から第1希望を書いていった。
・申し込んだ。とりあえず入らなきゃ働けないので近い所!
・育休の延長できない職場なので、保育園は必須。代わりに口コミで情報集めたりしました。
・ネットでの雰囲気と近さで決めるしかなかった。
・見学なしで申し込みしました!自宅からの距離や、ネットのクチコミ、実際にその保育園に行ってるママ友の意見などで希望を決めました。
・仕事があるので、そんな理由で入るのをやめられたりしない。
・口コミやホームページがあるところはホームページを見て決めた。
・お散歩に被る時間帯を狙って公園へ出掛けて、保育士さんの対応や雰囲気、園児の様子を見ました!
・下見なしの申し込みはしたくないけど、せざるを得ない。もしそこしか当選しなかったらどうしよう。
・見学できなかった所は電話で質問させていただき決めました!


追加アンケート名:mamatas labo「(「園の下見ができなくても申し込みしましたか?」を受けて)あなたはどうしましたか?その理由は?」

/調査方法:Instagramストーリーズアンケート(有効回答数:32)/実施期間:2020年11月28日~29日
/ 調査対象:ママタスInstagramフォロワー


■参照データ:ママタス フォロワー属性データ

*上記データ元:mamatas2020年4月~7月実施
プレゼント応募者アンケートより各回の平均集計(母親における子供全員の年齢での集計)

*上記データ元:Facebook社インサイトデータより
mamatas Facebook/Instagram ユーザー属性2020年9月時点

mamatas(ママタス )とは
[ママをもっと自由に。」をスローガンに自分らしく生きるママを応援する動画メディア、ママタス。子育てをしているママ自身が「もっと、のびのびと」「自分らしく」輝けるよう、社会の固定概念の変化や、そこからの解放に働きかけることで社会貢献を果たすことを目指す。日々のSNS無料動画マガジンでの情報発信だけでなく、ママの本音を社会につたえる「ママタスlabo」、保育士の業務軽減を目指す「保育園応援プロジェクト」、便利な商品がSNSからそのまま購入できるセレクトSHOP「ママタスSTORE」などを展開している。

*2018年4月にサービスを開始して以降、ローンチから11ヶ月時点でInstagram内のママ向けアカウントで国内フォロワー数No.1(※1)を達成。SNSファン数は延べ100万人を超える等順調に成長。 
(※1)Instagramのプロフィールに「ママ」「子育て」「生活」が含まれる国内企業アカウントのフォロワー数より(2020年9月1日時点 ユーザーローカル調べ)

【公式SNS・WEB】
SNS
■Instagram:https://www.instagram.com/mamatastv/
■Facebook:https://www.facebook.com/mamatastv/
■Twitter:https://twitter.com/mamatastv
■YouTube:https://www.youtube.com/c/mamatastv
■LINE公式アカウント(友だち登録):https://line.me/R/ti/p/%40bcn8841c
■Pinterest:https://www.pinterest.jp/mamatastv/

WEB
■WEB:https://www.mamatas.net/

mamatas Labo(ママタスラボ)とは
ママタス が定期的に実施している、子どものいる女性についての調査活動です。世の中に表立って出てこないママたちのリアルな声や実態を、どこよりも早く詳しく調査し発表しています。
「ママの本音を知りたい!」というメディアや企業様のご要望にもお応えします。ママタスラボは即時でママの声を集計することが可能です。お問い合わせください

調査例)
「特別定額給付金」についてママに調査~10万円給付金を貯蓄する人は8割、世帯主への一括給付を妥当だと考えるのは51%(2020年4月28日) 緊急事態宣言地域に居住するママへアンケートを実施~44.7%の世帯が収入減少、81.3%が今後衣類購入を減らす予定~(2020年4月15日) 臨時休校1週間、自宅で待機が74%~最も利用料が増えたのは教育教材・サービス~(2020年3月9日)
1200人のママに大調査。小泉進次郎氏の育休は「中途半端」が75%(2020年1月21日)

【広告に関して】
広告動画、オンラインやオフラインイベント協賛などに関心がある企業様は以下までお問い合わせください。
『mamatas(ママタス)』の動画制作など、様々な広告メニューもご用意しております。
お問い合せ先:media01@cchan.tv

【会社概要】
社名:C Channel株式会社
URL:https://corp.cchan.tv/
設立:2015年4月
代表者:代表取締役社長 森川亮

【報道関係の皆様からの問い合わせ先】
C Channel株式会社
広報担当 福永
TEL:03-6453-6893
FAX:03-6453-6894
Email:press@cchan.tv

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. C Channel株式会社 >
  3. コロナ禍 保活レポート2020「保育園下見できた!?」動画メディア「mamatas(ママタス)」が保活中ママの実態調査。