プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社 日立製作所
会社概要

日立とNVIDIAが協業し、生成AIによるDXを加速

日立のミッションクリティカルなプロダクト・サービスにおけるリーダーシップと、NVIDIAのAIプラットフォームのノウハウを融合

株式会社 日立製作所

 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:小島 啓二/以下、日立)は、本日、NVIDIA Corporation(CEO: Jensen Huang(ジェンスン・フアン)/以下、NVIDIA)と協業し、日立のエネルギー、モビリティ、コネクテッドシステムといったOT(制御・運用技術)領域でのリーダーシップおよびデジタルソリューションと、NVIDIAの生成AIに関するノウハウを組み合わせることで、DXによる社会イノベーションを加速することを発表しました。


 生成AIは、顧客体験を再定義し、組織の効率性を飛躍的に向上させるなど企業および消費者に多大なインパクトを与え、DXの新たな波をもたらしました。

 今回の協業により、このような生成AIのケイパビリティをエネルギーやモビリティ、産業などOT領域へと拡大します。OT領域においてセンサーやデバイス、機器・設備から生成される膨大なデータを取り込み、生成AIを適用することで、パフォーマンスを効率化し、洞察(インサイト)を深め、これまでは不可能であったアクションを自動化することができるようになります。

 日立はNVIDIAと連携しながら、エグゼクティブリーダーシップチームの選出およびCoE(Center of Excellence)の設立を行い、戦略的なマイルストーンに沿って、日立のOT領域でのドメインナレッジをNVIDIAの高度なAIソフトウェアやGPU技術と融合した業種向けソリューションを開発・展開します。

 また、日立は、CUDA™、NVIDIA AI Enterprise、Omniverse™、ModulusなどのNVIDIA ソフトウェア プラットフォームに関するエンジニアの育成強化に投資していきます。これらの取り組みにより、社会に価値を生み出す新たなイノベーションを起こしていきます。


■背景

 生成 AI は、タスク自動化や効率性の向上、製品やサービスの強化など組織のパフォーマンスを向上させるめざましい成果により、業界・業務を問わず幅広く適用が進み、現在、イノベーションや企業成長には欠かせない重要な技術となりました。

 NVIDIA アクセラレーテッド コンピューティング プラットフォームは、大規模な言語モデルとクリエイティブな生成をサポートし、AIソフトウェアとシミュレーションにおける高度な技術力は、エネルギーから創薬、製造まで、あらゆる業界のイノベーションに貢献しています。

 一方、全世界で約32万人*1の従業員を擁する日立は、IT、OT、プロダクトを強みとし、エネルギー、モビリティ、製造業など幅広い分野に先進的なソリューションを提供するリーディングカンパニーです。2023年5月にGenerative AIセンター*2を設立し、生成 AIの安全・有効な社内外での利活用を推進してきました。生成AIを活用した数多くのユースケースで効率性と生産性の向上を推進し、国内外で100件以上のプロジェクトを獲得し、課題解決やイノベーションの創出を支援しています。さらに、AIトランスフォーメーションを加速するために、NVIDIA アクセラレーテッド コンピューティング プラットフォーム上で動作する環境を構築・導入しました。今後、日立のドメインナレッジやアプリケーション開発の強みを取り入れた生成AI共通基盤として段階的に強化していきます。


 日立の執行役副社長 兼 デジタルシステム&サービス統括本部長の德永 俊昭は、「日立は創業以来、『優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する』という企業理念のもと、お客さまや社会が抱える課題の解決に取り組んできました。今回、NVIDIAとの先進的なコラボレーションを通じて、日立がミッションクリティカルな分野で培ってきた深いドメインナレッジとNVIDIAの生成AIソリューション群を組み合わせることで、複雑な現実世界の課題を解決し、画期的な成果をもたらす社会イノベーションを加速することができると期待しています。」と述べています。

 また、NVIDIAのWorldwide Field Operations でExecutive Vice PresidentであるJay Puri(ジェイ プリ)氏は、「企業は、生産性、効率性、自動化のニーズに対応するために、生成AIの最新かつベストなツールを求めています。日立とNVIDIAの技術を組み合わせることで、企業は、インダストリアリゼーション(産業構造の変化)の限界を越え、DXの次の波へと進んでいくことができます。」と述べています。


■協業内容について
1.NVIDIA Omniverseとドメインナレッジによる次世代デジタルツイン環境の開発・活用
 日立は、従来の枠を超えた壮大なプロジェクトのビジョンを策定しました。具体的には、OpenUSDアプリケーションを接続および開発するためのプラットフォームであるNVIDIA Omniverseと、Physics-ML(物理に基づいた機械学習)モデルの構築やトレーニング、ファインチューニングのためのフレームワークNVIDIA Modulusを活用することで、デジタルツイン環境で、エネルギーやモビリティなどミッションクリティカルな日立のさまざまなアセットやプロセスをシミュレーションし、最適化することが可能になります。そして、その結果を現実の世界に反映させることで、グリーンエネルギーへの移行加速やヘルスケアでの新たなイノベーションの実現、交通システムの安全性の向上など、大規模なソリューションを共同で開発し、その有効性を検証・改善することが可能になります。


2.Lumada AIソリューションとNVIDIA AI Enterpriseの統合
 日立がさまざまな業界で価値創出の実績を積み上げてきたLumadaのAIソリューションのライブラリと、NVIDIA AI EnterpriseやModulusのプラットフォームを統合していきます。日立のデザイン・デジタルエンジニアリングのケイパビリティを活用したこれらのソリューションは、モビリティやエネルギー、製造業、金融などのさまざまな業種のお客さまがイノベーションを加速し、オファリングの強化やインテリジェントなAIソリューションを創出することを可能にします。


3.NVIDIA DGX BasePOD認証適合の新AIソリューション「Hitachi IQ」提供
 今回の協業により、日立の米国子会社であるHitachi Vantaraは、NVIDIA DGX BasePOD™認証を取得した「Hitachi iQ」ポートフォリオの第一弾製品を発表し、NVIDIA DGXインフラストラクチャと高信頼性ストレージ上に構築された認証済みの統合ソリューションを提供します。そして、複数のコンサンプションモデルにより、お客さまが必要なものだけを利用できる仕組みを提供し、オンプレミスのパフォーマンスや投資収益率(ROI)の向上を可能にします。

 今後、「Hitachi iQ」は、NVIDIA H100を搭載したハイエンドのNVIDIA HGX製品とNVIDIA H100Tensor コア GPUとL40S GPUで構成されるPCI-Eベースのミッドレンジ製品などラインアップを強化していくとともに、これらのGPU製品を補完するものとして、エンタープライズグレードのAIツールとフレームワークからなるソフトウェアプラットフォームであるNVIDIA AI Enterpriseも提供していきます。
 さらに、Hitachi Vantaraは、ファイルストレージ技術「Hitachi Content Software for File」 を活用した第5世代ベースの新しい高速ストレージノードを提供する予定であり、複雑なAIワークロードに対応する非常に高速なストレージソリューションの提供が可能になります。Hitachi Vantaraは、「Hitachi iQ」ポートフォリオを2024年度第1四半期に提供開始する予定です。


日立は、これらのNVIDIAとの協業を通じて、社会により良いインパクトを与え、サステナブルな社会の実現に貢献していきます。

*1 2023年3月末時点。2023年12月末時点では約26万人

*2 日立ニュースリリース「新組織「Generative AIセンター」により、生成AIの社内外での利活用を推進し、Lumada事業での価値創出の加速と生産性向上を実現」

https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2023/05/0515.html


■2024 GTC AIカンファレンスでの紹介について
 米国サンノゼおよびバーチャルのハイブリッド形式にて3月18日から21日で開催されるAI時代を牽引する世界的なカンファレンスに、Hitachi Vantaraがシルバースポンサーとして出展します。データを通じたイノベーション、AIを活用した高度な顧客体験やアプリケーションを実現するインフラ、サービスなどをご紹介します。
Hitachi Vantaraイベントサイト(英語サイト)
https://www.hitachivantara.com/en-us/company/events-webinar/nvidia-2024.html

■関連リンク
日立 生成AI
 https://www.hitachi.co.jp/products/it/lumada/spcon/generative_ai/index.html
NVIDIA
 NVIDIA AI Enterprise:https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/products/ai-enterprise/ 
  Omniverse™:https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/
  Modulus:https://developer.nvidia.com/ja-jp/modulus
  NVIDIA DGX BasePOD:https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/dgx-basepod/
  NVIDIA DGX:https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/dgx-platform/
  L40S GPUs:https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/l40s/


■日立製作所について

 日立は、データとテクノロジーでサステナブルな社会を実現する社会イノベーション事業を推進しています。お客さまの DX を支援する「デジタルシステム&サービス」、エネルギーや鉄道で脱炭素社会の実現に貢献する「グリーンエナジー&モビリティ」、幅広い産業でプロダクトをデジタルでつなぎソリューションを提供する「コネクティブインダストリーズ」の事業体制のもと、IT や OT(制御・運用技術)、プロダクトを活用する Lumada ソリューションを通じてお客さまや社会の課題を解決します。デジタル、グリーン、イノベーションを原動力に、お客さまとの協創で成長をめざします。2022年度(2023年3月期)の連結売上収益は 10 兆 8,811 億円、2023 年 3 月末時点で連結子会社は 696 社、全世界で約 32 万人の従業員を擁しています。

 詳しくは、日立のウェブサイト(https://www.hitachi.co.jp/ )をご覧ください。


■商標について
・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


■お問い合わせ先
株式会社日立製作所 Generative AI センター事務局
お問い合わせフォーム:https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/it/lumada/jp/general/form.jsp


以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
経営情報
位置情報
東京都千代田区本社・支社東京都港区本社・支社東京都台東区本社・支社東京都品川区本社・支社
関連リンク
https://www.hitachi.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース.pdf

会社概要

株式会社 日立製作所

37フォロワー

RSS
URL
http://www.hitachi.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
電話番号
-
代表者名
小島 啓二
上場
東証1部
資本金
-
設立
1920年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード