ルームエアコン「airwill(エアウィル)」 音声操作でさらに利便性アップ! GVシリーズを新発売

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、ルームエアコン「airwill(エアウィル)」に当社独自の音声認識システムを採用し、設置後すぐに音声で操作できるGVシリーズを5月29日より新たに追加し、発売します。全国の家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度約3万台を目指します。



















 当社は2017年4月に大型白物家電事業に参入し、第一弾として無線LANを内蔵した「ルームエアコン」を発売しました。専用のスマートフォンアプリ通じて遠隔操作ができる利便性により、単身・少人数世帯のお客様を中心に好評を博しています。昨年5月には新たにスマートスピーカーを通じて音声操作できるエアコンを発売しています。一方、一部のユーザーからは無線LANへの接続や機器の初期設定、アプリ操作が難しいという不満の声があり、この度、独自の音声認識システムを採用し、シーリングライト、テレビ、サーキュレーターに続く第4弾としてGVシリーズを発売します。

 GVシリーズは、高性能音声認識回路とマイク内蔵の音声操作リモコンが、利用者の指示内容を赤外線コードに変換した信号としてエアコンに送ることで、手軽に操作できます。スマートスピーカー使用時と比較して音声認識から操作までの応答が速く操作が容易なため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときといった様々な状況に対応でき、利便性が向上しています。
 
 音声操作モードを起動するウェイクアップワードの「ねえ、エアコン」または「はい、エアコン」の後に、予め指定された12種類の操作ワードを音声操作リモコンに向かって発話するだけで、電源のオン・オフや温度調整などを簡単に操作でき、音声操作モード中(※1)は連続操作もできます。さらに、リモコン内に温度・湿度センサーを内蔵し、エアコン停止中に室内温度28℃以上または室内温度23℃以上で湿度が高い時に、最適な風量、風向設定で自動的に冷房運転を始める「高温多湿みはりくん」(※2)を搭載することで快適な室内温度や湿度を維持し、エアコン停止中の体調不良を防止できます。

<「airwill」とは>
 「暮らしに心地よい空気を」というコンセプトをもとに2019年に名付けられたエアコンのシリーズです。当社は「総合家電メーカー」として国内家電市場の変化を的確にとらえ、多様な生活者の快適生活を実現すべく、なるほど家電®の開発コンセプトに基づいた商品開発を推進していきます。


■商品特長
1.設置してすぐに音声で操作ができる
2.「高温多湿みはりくん」(※2)でお部屋の高温・多湿を感知し、自動で冷房運転


1. 設置してすぐに音声で操作ができる 
 高性能音声認識回路とマイク内蔵の音声操作リモコンが、利用者の指示内容を赤外線コードに変換した信号として室内機に送ることで、手軽に操作できます。スマートスピーカー使用時と比較して、音声認識から操作までの応答が速く、操作が容易なため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときといった様々な状況に対応できます。音声操作モードを起動するウェイクアップワードの「ねえ、エアコン」または「はい、エアコン」に続き、予め指定された12種類の操作ワードを音声操作リモコンに向かって発話するだけで、電源のオン・オフや温度調整などを簡単に操作でき、音声操作モード中(※1)は連続操作もできます。


2.「高温多湿みはりくん」(※2)でお部屋の高温・多湿を感知し、自動で冷房運転
 リモコン内に温度・湿度センサーを内蔵し、エアコン停止中にお部屋の高温・多湿を感知すると自動で冷房運転します。リモコンの「みはりモード」(※2) ボタンを押すと室内機の表示部の「みはりランプ」が緑色に点灯します。室内温度28℃以上または室内温度23℃以上で湿度が高い時に「みはりランプ」が橙色に点灯し、最適な風量、風向設定で自動的に冷房運転を始め、快適な室内温度や湿度を維持し、エアコン停止中の体調不良を防止できます。


【その他の特長】
・上下左右自動ルーバーを搭載し、効率よくお部屋の空気を循環します。
・入/切タイマーで、生活リズムに合わせて1時間単位で24時間まで電源のオン・オフを設定できます。
・リモコンの手元温度ボタンを押すと、リモコン周辺の温度を室内機の前面パネルに表示します。


【airwillシリーズ共通特長】
・内部清浄機能でエアコンの内部をきれいな状態に保ちます。
・冷房・暖房モード時に「おやすみモード」を設定すると、就寝はじめの時間帯は設定温度どおりに運転し、寝ついた頃から徐々に温度を調整するため、就寝時の冷やしすぎや暖めすぎを防ぎます。

 


【開発エピソード】
 音声の認識の精度を上げるために膨大な量の音声データをまとめました。その中でより誤認識を防ぐために、認識範囲をある程度狭め、発話内容通りに正確に作動するようプログラミング修正をしました。かなりの時間がかかりましたが、この工夫によって更に快適に使用できると思います。


 


※1:発話認識後約6秒間青色に点灯
※2:みはりモードは、熱中症の防止を保証する機能ではありません。みはりモードを使用する場合は、リモコンの電池ふたをみはり用電池ふたに交換し、スタンドを立て、室内機のほうに向けて設置してください。
※3: 当社試験。ベランダへの設置を想定し、外気温38℃において、冷房運転した場合に室外機周辺の温度が47℃になることを確認。
※4:使用するエアコンや部屋の条件により距離が変わります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. ルームエアコン「airwill(エアウィル)」 音声操作でさらに利便性アップ! GVシリーズを新発売