KEIAI FC、VRプラットフォームのスペースリーと業務提携

ケイアイスター不動産のフランチャイズにVR導入

ケイアイスター不動産株式会社のグループ会社であるケイアイネットクラウド株式会社は、空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」を運営する株式会社スペースリーと業務提携を締結いたしました。
ケイアイネットクラウドが運営するフランチャイズ事業「KEIAI FC(ケイアイ エフシー)」の加盟店向けに営業マーケティングにおけるVR活用を推進してまいります。
 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下「当社」と言う。)のグループ会社であるケイアイネットクラウド株式会社(本社/東京都千代田区、代表取締役/真杉 恵美、以下「ケイアイネットクラウド」と言う。)は、空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」を運営する株式会社スペースリー(本社/東京都渋谷区、代表取締役/森田 博和、以下「スペースリー」と言う。)と業務提携を締結いたしました。
 ケイアイネットクラウドが運営するフランチャイズ事業「KEIAI FC(ケイアイ エフシー)」の加盟店(以下「FC加盟店」と言う。)向けに営業マーケティングにおけるVR活用を推進してまいります。
 

【提携の概要】
・ケイアイネットクラウドとスペースリーは協力し、FC加盟店向けにVR活用サポートを提供。
・FC加盟店向けにはVRクラウドソフト「スペースリー」の安価な特別プランを提供。
 
  • 提携の背景
 不動産売買仲介事業において、売上を安定させるために売却物件の媒介を獲得することが重要です。また、コロナ禍の影響もあり、不動産市場においても、ここ数年で消費者の行動はますますオンラインにシフトしています。このような中、VRコンテンツやバーチャルホームステージング(※1)などのITツールを中小規模の事業者でも使いやすい形で提供することにより、FC加盟店の営業マーケティングのDXを推進し、売主に対してオンラインでの販売力をアピールすることで、媒介獲得を強化したいというニーズが高まりました。
 スペースリーが開発するVRクラウドソフト「スペースリー」は簡単にVRコンテンツを制作できるだけでなく、追客やウェブ会議、バーチャルホームステージングの機能も備えており、住宅・不動産業界を中心に7,000以上の事業者に利用されています。KEIAI FCでは、中古戸建てや中古マンションの取引も推進しており、家具の無い室内をイメージしやすいよう「家具消し」や「家具配置」等リフォームイメージ提案のサポートを目的として、今回の業務提携に至りました。

※1…ホームステージングとは、家具、照明、小物やグリーンで室内を装飾することで、物件の良い印象を高め、早期売却をサポートするサービスです。
 
  • VRクラウドソフト「スペースリー」の特徴
1.簡単に使える制作・編集機能!
 市販の360度カメラで撮影した写真をアップロードするだけで、短時間で高品質なコンテンツを制作/編集でき ます。コメントや画像、動画、外部リンクなど、様々なインタラクションを直感的な編集で追加することができます。

2.VRコンテンツはすぐに活用可能!
 VRコンテンツは自社HPに簡単に埋め込むことができ、すぐに活用が可能です。また、お客様に送付する紙の資料やPDFにもQRコードを掲載して簡単に活用可能。お客様はスマホをかざすだけで、VRゴーグルがなくてもすぐにVRコンテンツを閲覧することができます。

3.営業マーケティングで活用できる豊富な機能!
 お客様が閲覧し始めたら通知が来る、お客様がどのように物件を閲覧したか分析できる「セールスVR」機能、アプリのインストール不要でURLだけで開始できる「VRウェブ会議」、VR空間で採寸ができる「AIサイズ推定」、CG家具がおける「AI空間設計」など、営業マーケティングで活用できる様々な機能を備えています。


■ 株式会社スペースリーとは
 空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」は、2016年11月の開始以来、不動産・ハウスメーカーの営業活動や製造業の研修分野のDX推進のために7,000以上の利用事業者にサービス提供しています。リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。
 スペースリーは、業界初の遠隔地でも簡単にVR空間の案内ができる遠隔接客機能や、パノラマVR写真へ家具を自動配置する機能を含むAI空間設計シミュレータ機能をいち早く実現する高い技術力を特徴としています。また、スペースリーは360°空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立・運営しています。

【会社概要】
社 名  株式会社スペースリー
代 表  森田 博和
所在地   [本社] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F
      [福岡営業所] 〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡PARCO新館5F
資本金  5.1億円(資本準備金含む)
設 立  2013年8月
URL   https://spacely.co.jp
▼会社紹介動画  https://www.youtube.com/watch?v=zbfpXfWuOwk
 

■ KEIAI FCとは
 既存の不動産経営者はもちろんのこと、異業種から不動産業界への新規参入や不動産会社を開業する人を対象としたフランチャイズ事業です。当社の創業以来30年超の中で培ってきた店舗運営・集客・販売ノウハウと年間5,400棟以上の販売実績を活かした経営戦略を提供できる事が最大のメリットです。2019年5月からフランチャイズ事業を開始し、出店エリアは1都1府12県(山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、岐阜、静岡、愛知、大阪)で山形県や新潟県などの、当社直営店未進出エリアにも積極的にフランチャイズ展開をしております。

■ ケイアイネットクラウド株式会社とは
 ケイアイスター不動産株式会社として2017年2月から注文住宅事業、戸建分譲事業をはじめ、不動産仲介会社の組織化を図った加盟店制度「KEIAI.NET(ケイアイネット)」を運営。2017年6月に分社化し、ケイアイネットクラウド株式会社を設立。2019年5月からフランチャイズ事業を開始し、「KEIAI FC(ケイアイ エフシー)」を運営しています。

【会社概要】
社 名  ケイアイネットクラウド株式会社
代 表  代表取締役 真杉 恵美
所在地  〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館17階
資本金  2,500万円
設 立  2017年6月
URL   https://franchise.ki-group.co.jp/
事業内容 フランチャイズ事業「KEIAI FC」・加盟店制度「KEIAI.NET」運営、戸建分譲事業

■ケイアイスター不動産株式会社とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』を提供しています。仕入れから販売までを一気通貫で行うリアル×テクノロジーの基盤である「KEIAIプラットフォーム」を構築。テクノロジーの積極的な導入とコンパクト戸建住宅による独自のビジネスモデルによって、国内分譲住宅市場シェアの拡大を図ります。今後も不動産業界のDXを牽引するリーディングカンパニーとして、価値ある分譲住宅を提供していきます。
 戸建分譲事業を中心に、1都1府15県(宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、佐賀、熊本、大分)で展開。年間5,400棟(土地含む)以上を販売(※)しています。2022年3月期の売上高は1,843億円(※)。一般社団法人日本木造分譲住宅協会の立上げに参加し、国産木材の利用を促進するなどESGにも力を入れています。
 2021年、経済産業省「新・ダイバーシティ経営企業100選」「DX認定事業者」認定、「2021年度グッドデザイン賞」受賞。(※グループ連結数値)

【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証プライム市場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  4,809百万円(2021.9.28現在)
設 立  1990年11月
従業員数 2,078名(連結 / 2022.4.1現在)
URL   https://ki-group.co.jp/
事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか
 
【リリースPDF】
https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20220705-0282697d45b5d0b7f011dc63082ce9da.pdf
 

【報道関係者からのお問合せ先】
ケイアイスター不動産株式会社 戦略開発本部 PR課
TEL:03-6259-1750  FAX:03-6551-2567 E-mail:press@ki-group.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ケイアイスター不動産株式会社 >
  3. KEIAI FC、VRプラットフォームのスペースリーと業務提携