【さとふるニュースレター】「代行サービス」お礼品の寄付件数が前年比約2.4倍に

~「お墓参り代行」「親孝行代行」…新型コロナウイルスの影響下でニーズが増加~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、「さとふる」に掲載している、25万点以上のふるさと納税のお礼品への寄付状況をもとに、お礼品のトレンド情報をお届けします。
■「代行サービス」お礼品への寄付件数が前年比約2.4倍に伸長!

お墓参りや親孝行、空き家の見回りなど、「さとふる」に掲載している「代行サービス」お礼品は、2020年6月~2021年5月の寄付件数が前年比約2.4倍に伸長しています。また、「代行サービス」お礼品の登録件数についても、前年比で5倍に増加しました。
新型コロナウイルスの影響で移動を自粛するなか、故郷への帰省時に行っていたお墓参りや親孝行、空き家の管理などを代行してもらえるサービスのニーズが増えていることが推察できます。

「さとふる」には各地で利用できる「代行サービス」お礼品が多数掲載されています。

■お墓参りや親孝行、空き家の見回りまで。「代行サービス」お礼品一例

シルバー人材センターの会員が、心をこめてお墓の清掃をします。清掃後は、お線香と生花一対をお供えし、完了後の写真を送ります。シルバー人材センターの会員がお墓の管理を行うことにより、会員の就業機会と生きがいを創出するとともに、お墓が管理不全の状態とならないよう適正管理を進めることにより、住みよい街づくりに貢献しています。
 

故郷・魚沼市を離れて暮らす方へ、空き家や土地を見回り、写真付きで現状報告、修繕箇所の提案、お見積もりをレポート形式でお知らせして空き家・放棄地の適正管理をお手伝いします。魚沼市で総合建築業を営む株式会社三友組。生まれ育った地域を守るために建設業の強みを生かして、地域をよく知っているからこそ提案できる「ふるさと見張り番」です。空き家が増えると街の景観も損なわれ、不法利用の心配なども考えられます。
 

家事援助や病院の付き添い、買い物の同行、買い物の代行、話し相手、散歩の同行、安否の確認など、日常生活の困りごとに対し支援するサービスです。例えば、誕生日を一人で迎える親御さんに対して、あなたの代わりにお祝いをしたり、父の日、母の日などの記念日のお祝いをお手伝いしたりすることもできます。完了後はお手伝い状況の写真付きの報告書を送付します。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」(https://www.satofull.jp/koduchi/)を運営しています。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さとふる >
  3. 【さとふるニュースレター】「代行サービス」お礼品の寄付件数が前年比約2.4倍に