【地産地消×食育】葉隠勇進が郷土愛醸成をめざし、江戸川区特産の「小松菜」を使った特別給食を同区内小学校に提供

葉隠勇進(本社:東京都港区、社長執行役員:鈴木 紀之)は、東京都江戸川区の特産品である「小松菜」を使用した「小松菜特別給食」を11月24日、栄養業務と調理を受託する区内2校の小学校で提供しました。小松菜ビスキュイパンなど工夫を凝らした小松菜づくしの献立に仕上げました。江戸川区では地場産食材について理解を深め、地産地消を促す目的で、2007年度から区内の小松菜生産農家や東京スマイル農業協同組合の協力のもと、年に一度「小松菜特別給食」の一斉提供を区内の小中学校でおこなっています。
  • 江戸川区ゆかりの小松菜で、工夫を凝らした小松菜給食を提供しました
11月24日、江戸川区の「小松菜特別給食」の一斉提供の日、葉隠勇進が受託する2つ小学校も小松菜ビスキュイパンをはじめ、ピリ辛小松菜焼きそば、小松菜バナナケーキなどの献立を児童に提供しました。葉隠勇進の栄養士がそれぞれの小学校で工夫を凝らしたメニューです。

・葉隠勇進 前田舞栄養士が考案した「小松菜給食」

小松菜ビスキュイパン こまツナサラダ小松菜ビスキュイパン こまツナサラダ

前田栄養士が考案した小松菜を使用した献立は2品。小松菜入りのクッキー生地をパンに塗ってこんがり焼いた「小松菜ビスキュイパン」と、小松菜とツナを混ぜ合わせた「こまツナサラダ」です。残菜が出ないように、おいしく食べてくれるようにと意識された2品は児童にも好評で、いずれも残食率は1%となりました
先生方からも「野菜が苦手な児童は多いですが、おいしく小松菜を食べさせてもらえて、ありがたい」という言葉をいただきました。

・葉隠勇進 鳴海安希子栄養士が考案した「小松菜給食」

ピリ辛小松菜焼きそば、小松菜とワカメのスープ、小松菜バナナケーキピリ辛小松菜焼きそば、小松菜とワカメのスープ、小松菜バナナケーキ

鳴海栄養士が考案した小松菜を使用した献立は3品。中華風の「ピリ辛小松菜焼きそば」に、「小松菜とワカメのスープ」、そして「小松菜バナナケーキ」です。ケーキは、香りや甘みのあるバナナと組み合わせることで、小松菜の苦みが抑えられ食べやすいデザートになりました。この日1番の人気メニューでした。
 
  •  小松菜を通して郷土愛を醸成
小松菜はカルシウムや鉄分など、健康維持に必要な栄養が豊富なこともあり、「江戸川区の栄養士には欠かせない野菜です」と前田・鳴海両栄養士は話します。
鳴海栄養士は「小松菜を通して地元を知り、郷土愛を育み、様々なことに興味を持つきっかけになれば良いと思います」と話しました。
前田栄養士は、小松菜農家の富沢勉さんと連携して、出前授業や校舎の花壇で小松菜を栽培するなど独自の取り組みもしています。生産者との交流を通して、児童たちは「残さず食べよう」という意識と、地場産食材への愛着を深めていきます。小学3年生になると農園を訪れる体験学習の機会もあります。
 
  • 江戸川区の地場産食材「小松菜」と学校給食の深い関係
江戸川区内で小松菜農園を営む富沢さんは、15年前から学校給食に小松菜を提供しています。現在は区内17校の小中学校と契約し、1日平均100~120㎏の小松菜を出荷しているそうです。

 

小松菜農家の富沢勉さん 写っている小松菜(500㎏相当)がすべて11月24日に向けて収穫されました小松菜農家の富沢勉さん 写っている小松菜(500㎏相当)がすべて11月24日に向けて収穫されました

「小松菜は周年野菜で年間を通して安定して栽培できます。出荷と価格と栄養が安定しているので、江戸川区の栄養士先生に喜ばれます。毎日小松菜を献立に使用してくれる学校も多いです」と話してくれました。
前田栄養士は「直送してもらえることで鮮度の高い小松菜を納品していただいています。生産者の顔を知っていることで安心もできます」と話しました。

 葉隠勇進はこれからも地域と連携しながら、安全・安心な学校給食を通して地産地消の食育に積極的に取り組んでまいります。
 
  • 葉隠勇進株式会社について
葉隠勇進株式会社は、学校給食業務を受託運営しております。
子どもたちの「おいしい」の声が聞きたいから、安全で真心のこもった「食育給食」を提供します。私たちの食育は、成長期を支える給食を残さず食べてもらえるように、心を込めてひと手間もふた手間もかけることです。子どもたちの成長に欠かせない「安全でおいしい給食」に加えて「思い出に残る給食」の提供を目指します。
 
  • SDGsの取り組み
ソシオークグループは「社会と共生する樹でありたい」を合言葉に、CSVの推進を重要な経営課題と位置づけ、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとしていきいきとした未来に向けて貢献してまいります。
グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」をSDGsの重点課題として選定しました。
葉隠勇進では「2.飢餓をゼロに」「3.すべての人に健康と福祉を」「8.働きがいも経済成長も」「12.つくる責任つかう責任」を重点課題として捉え、取り組んでおります。

【主な取り組み】
2.こども食堂の開催
3.学校給食事業における肥満や生活習慣病にならない健康な食事の提供
8.学校給食事業における女性・高齢者・障がい者等の雇用及び働き甲斐のある職場の提供
12.学校給食事業における給食残菜削減の取り組み
 
  • 『現場力』向上の取り組み
ソシオークグループは、現場の社員が自ら課題や改善点を見つけ、知恵と工夫によりチームで改善を重ねていく『現場力』の取り組みを推進しております。現場の中にある課題と改善点の取り組みをまとめた報告書の提出枚数は、取り組みを強化したことで年々向上し、2020年は年間で4,000件を超える提出がありました。現場力は自ら考え、自ら実践するナレッジワーカーとしての誇りの醸成や、個人の持続的成長につながるとともに、年に2回、特に素晴らしい取り組みを表彰することで、各現場の意欲向上や組織の活性化にもつながっております。
 
  • 葉隠勇進株式会社
~てしおにかけた究食へ~
社長執行役員:鈴木 紀之
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
設立:1963年2月
事業内容:学校給食業務
URL:https://www.hagakure.co.jp/
 
  • ソシオークグループ
商号:ソシオークホールディングス株式会社
~社会と共生する樹でありたい~
代表者:大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
設立:2013年10月
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ソシオフードサービス株式会社/株式会社クックサービス/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
URL:https://www.socioak.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソシオークグループ >
  3. 【地産地消×食育】葉隠勇進が郷土愛醸成をめざし、江戸川区特産の「小松菜」を使った特別給食を同区内小学校に提供