ネット証券初、外国株の過去10 期以上の企業業績をグラフで表示

~「マネックス銘柄スカウター米国株&中国株」の提供を開始~

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、2020 年2 月22 日(土)(予定)より米国株および中国株の銘柄分析の利便性を向上させる無料分析ツール「マネックス銘柄スカウター米国株(以下、「銘柄スカウター米国株」)」「マネックス銘柄スカウター中国株(以下、「銘柄スカウター中国株」)」の提供を開始しますのでお知らせいたします。
■背景
 企業業績と株価は中長期的に高い相関を持つことが知られており、企業のファンダメンタルズ情報を分析することは投資成果を高める上で非常に重要です。マネックス証券はチーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎を採用し、レポートの提供やセミナーを開催するなど従来から質の高い外国株の投資情報の提供に努めてまいりました。
 今回提供を開始する「銘柄スカウター米国株」および「銘柄スカウター中国株」は個人投資家に、より手軽に外国株の銘柄分析を行っていただけるよう機能性と使いやすさにこだわってマネックス証券のアナリストチーム主導で開発しました。
 2017 年10 月から提供を開始した日本株の銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」は銘柄分析の利便性を飛躍的に高める高機能ツールとして個人投資家から高い評価を頂いており、今回はその外国株版を提供するものです。
 「銘柄スカウター米国株」および「銘柄スカウター中国株」は主要ネット証券で初めて※1 米国株や中国株について「過去10 期以上の企業業績」をわかりやすいグラフで提供するほか、「長期的な配当履歴」「四半期配当履歴」「過去5 年間のPER」などのデータを表示します。個人投資家にこれらの情報をご活用いただくことで外国株の銘柄分析の利便性向上、投資成績の向上に資することができると考えております。

※1  2020 年2 月19 日現在マネックス証券調べ。主要ネット証券は、au カブコム証券・SBI 証券・松井証券・
       楽天証券・マネックス証券を指します。(au カブコム証券・松井証券は外国株の取扱いはございません)

■特長
(1)企業概要の説明や長期間業績のグラフ表示
      企業が行っている事業の特徴をわかりやすく説明するほか、過去10 期以上の企業業績(売上高、営業利益、
      税引前利益、当期利益など)をグラフや表でわかりやすく表示します。長期間の推移を視覚的に確認できるた
      め企業の成長性を判断する際に便利です。

               ≪画面イメージ①:企業概要や長期間の業績≫


(2)年間・四半期ごとの配当情報をヒストリカル表示
      銘柄ごとの年間配当や四半期配当をヒストリカル表示します。長期間の配当実績や直近の配当動向を確認して
      企業の株主還元に対する姿勢を知ることはインカムゲインを主眼とした投資法にもお役立ていただけます。

              ≪画面イメージ②:年間・四半期ごとの配当情報≫


(3)株価指標、時価総額、業績等を表形式で一覧表示
      選択した銘柄の時価総額や株価指標、業績推移など、株式投資に役立つ情報を表形式で一覧表示します。様々
      な指標を一度に比較検討できるため、同じ業界内での各銘柄の割高・割安の判断を短時間で行うことができま
      す。

              ≪画面イメージ②:年間・四半期ごとの配当情報≫


■アクセス方法
 マネックス証券ウェブサイトにログイン後、「米国株・中国株」→「管理サイト(為替振替・口座管理)」へアクセスすると外国株TOP に遷移し、バナーが表示されます。

 詳細はマネックス証券ウェブサイト(https://info.monex.co.jp/news/2020/20200219_01.html
をご覧ください。

マネックス証券では、「ブローカーモデル」から、「アセマネモデル」への事業構造転換を図っております。お客様により一層お取引きいただきやすい環境を整えると共に、お客様の資産の増大をサポートする付加価値の高い新しいサービスも展開していくことで、マネックス証券の事業構造転換を推進してまいります。

 今後もマネックス証券は、2018 年11 月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります。

                                              以 上

【手数料等およびリスクについて】
マネックス証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。詳細につきましては、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「目論見書」「目論見書
補完書面」「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マネックス証券株式会社 >
  3. ネット証券初、外国株の過去10 期以上の企業業績をグラフで表示