第10回 新社会人の意識調査(2017年) マクロミル調べ

入社からわずか1カ月余りで、新社会人の3人に1人が「会社を辞めたい」、2年連続で増加

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「トレンドアイズ」として調査結果をお届けしています。
vol.66は今年で10年目になる「新社会人の意識調査」。
今年も入社から1カ月ほどの新成人200名を対象にインターネット調査を実施し、この1カ月で感じたことや、意識、実態などを把握しました。
<Trend Eyes vol.66>

■Topics
  • 会社選びのポイント、10年連続で「仕事内容」がトップになるも、
    前年より24ポイント減少し、過去10年間最低に。
    一方で、「経営の安定性」が11ポイント増加し、過去8年間で最高に。
  • 就職した職場のイメージ、半数が「入社後にギャップを感じた
    最も多いギャップは、「残業が多い」「給与が少ない
  • 入社からわずか1カ月余りで、新社会人の3人に1人が「会社を辞めたい」、2年連続で増加
  • 理想の職場をランキングの1位から再現!
    社長「明石家さんま」、上司・先輩「天海祐希」、同期「有村架純」、後輩「広瀬すず

■調査結果

【1】会社選びのポイント、10年連続で「仕事内容」がトップになるも、前年より24ポイント減少し、過去10年間で最低に。一方で、「経営の安定性」が11ポイント増加し、過去8年間で最高に。

今年の新社会人に、就職した会社を選んだポイントについてたずねると、「仕事内容」が35%で、10年連続のトップとなりました。しかし、前年と比較すると24%の減少で、過去10年間で最低となっています。一方、前年と比べて最も増加しているポイントが「経営の安定性」22%で、前年に比べ11%の増加となり、過去8年間で最高でした。

【図】就職先を選んだポイント(2017年の上位10, 直近3年間を抜粋)
ベース:全体 / n=200(複数回答可)



【2】就職した職場のイメージ、半数が「入社後にギャップを感じた」、最も多いギャップは、「残業が多い」「給与が少ない」

現在の会社に入社・入職する前と後で、会社のイメージにギャップがあった聞くと、51%が「ギャップがあった」※と回答し、2年連続で増加しています。ギャップの内容は、「残業が多い」「給与が少ない」がともに27%でトップでした。
※「大きなギャップがあった」「ややギャップがあった」の合計

【図】入社・入職前後の、就職先に対するイメージギャップ(直近3年間を抜粋)
ベース:全体 / n=200


【図】就職先に対して感じたギャップ
ベース:ギャップがあった人 / n=101(複数回答可)



>>その他のTopicsの詳細や調査項目の結果は、以下URLよりご確認いただけます。
https://honote.macromill.com/report/20170530/?cid=SL-PR


<その他の調査項目>
・就職先を選んだポイント
・入社前後の、就職先に対するイメージギャップ
 - 具体的なイメージギャップ
・就職先の満足度
 - 就職先に満足しているポイント
 - 就職先に不満を感じているポイント
・希望の賃金体系
・就職した職場でいつまで働きたいか
・職場でのコミュニケーションは、簡単?難しい?
・職場の上司・先輩との飲み会に対する意識
・職場の人との“プライベート”でのコミュニケーションについて
・職場の人からのSNSの申請について   ・・・など


▼調査概要
調査主体 マクロミル  /調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 2017 年 4 月に新社会人となった、全国22~25歳の会社員・公務員(マクロミルモニタ会員)
割付方法 男性100サンプル、女性100サンプル/合計200サンプル
調査期間 2017年5月11日(木)~17日(水)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクロミル >
  3. 第10回 新社会人の意識調査(2017年) マクロミル調べ