新型コロナウイルス感染症拡大の収束を願って近畿大学附属湯浅農場からアドベンチャーワールドへ「近大せっけん」を寄贈 寄贈式:2021年8月3日

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は、当パークを経営する株式会社アワーズ(大阪府松原市)が平成29年(2017年)3月に産学連携に関する協定を締結した近畿大学(大阪府東大阪市)の附属湯浅農場(和歌山県有田郡湯浅町)から「近大せっけん」を寄贈いただきます。「近大せっけん」は、近畿大学附属農場で栽培されている近大柑橘で香りづけし、近畿大学が全学を挙げて取り組んでいる「“オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一環として開発されました。寄贈された「近大せっけん」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため有効に活用いたします。

〈ポイント〉
● 近畿大学附属湯浅農場より「近大せっけん」を寄贈し、手洗いを推進
● 「近大せっけん」はSDGsの目標実現のため、近大柑橘の摘果果実やコメヌカなどの農業副産物を利用
● 8月3日(火)にアドベンチャーワールドにて寄贈式を開催
パンダラブにて贈呈式を開催
※報道関係者のみなさまに向けて開催いたします

■開催日時:2021年8月3日(火)午後1時00分~午後1時20分
■開催場所:希少動物繁殖センターPANDA LOVE(パンダラブ)屋内運動場
■出席者 :近畿大学 附属農場長 重岡 成(しげおか しげる)
      アドベンチャーワールド園長 今津 孝二 (いまづ こうじ)
■陪席者 :近畿大学 社会連携推進センター長 伊藤 哲夫(いとう てつお)
■贈呈品 :近大せっけん(3,000個)
※贈呈式の詳細内容については後日お知らせいたします。

本件の概要
「近大せっけん」は、新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策として近畿大学附属湯浅農場が、株式会社シマムラ(和歌山県和歌山市)、稲畑香料株式会社(大阪府大阪市)と共同開発したものです。湯浅農場で育てた12種の柑橘の摘果(栽培過程で間引いた)果実から採った精油を香料とし、また特別栽培米のコメヌカを保湿成分として使用して開発しました。この摘果果実とコメヌカは栽培時や精米時の農業副産物で、これらを廃棄することなく「せっけん」として再利用することで、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」と目標12「つくる責任つかう責任」の実現に取り組んでいます。さらに、パッケージには「“オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一環で製作した“ぬりえ”に近畿大学附属小学校(奈良)、幼稚園(九州・奈良)、近畿大学奈良病院の小児病棟に入院していた子供たちが色づけした作品があしらわれています。

〈香料として使用した近大柑橘12種〉
温州蜜柑(うんしゅうみかん)(近大みかん)、紀州大平蜜柑(きしゅうおおひらみかん)、橘(たちばな)、三宝柑(さんぽうかん)、八朔(はっさく)、柚柑(ゆこう)、花良治(けらじ)、寿柑(ことぶきかん)、花柚(はなゆ)、柚(ゆず)、カボス、レモン

■“オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクトについて
近畿大学は、令和2年(2020年)5月15日から「“オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」を始動させました。これは、世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症について、医学から芸術までの研究分野を網羅する総合大学と附属学校等の力を結集し、全教職員から関連研究や支援活動の企画提案を募って実施する全学横断プロジェクトです。72件の企画提案が採択され、約1億3千万円の研究費をかけて実施しています。

■近畿大学附属湯浅農場について https://www.kindai.ac.jp/farm/
湯浅農場は、紀伊半島西部海岸の中央部にある“有田みかん”の本場、さらに醤油発祥の地として、全国的に有名な和歌山県有田郡湯浅町に立地しています。マンゴーなど熱帯果樹類の栽培研究や、柑橘類の品種を系統保存すると同時に機能性を見出す薬用利用の研究などに取り組んでおり、研究者や農業従事者からも注目を集めています。また、学生実習にも毎年利用され、卒業研究の場としても利用されています。
 

 

〇アドベンチャーワールド「SDGs宣言・パークポリシー」https://www.aws-s.com/parktheme-sdgs/
アドベンチャーワールドは、「こころにスマイル 未来創造パーク」として、すべての生命にSmile(しあわせ)が溢れる豊かな未来の地球の姿をパークで体現します。パークという”小さな地球”を通して、関わるすべての人の人生が豊かになるように、動物たちの生命がずっとつながっていくように、自然や資源が循環し再生するように、未来のSmileを創り続 けていきます。

〇SDGsについて 


SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」 のことです。社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年をめざして明るい未来を作るための17のゴールと169のターゲットで構成されています。2015年9月、ニューヨーク国連本部において193の加盟国の全会一致で採択された国際目標です。

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドベンチャーワールド >
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大の収束を願って近畿大学附属湯浅農場からアドベンチャーワールドへ「近大せっけん」を寄贈 寄贈式:2021年8月3日