マネージドサイバーセキュリティサービス市場-サイズ調査、アプリケーション別、エンドユーザー別(ディスクリート製造業、政府機関、BFSI、ヘルスケア、エネルギー)および地域別予測2018-2025年

Kenneth Researchは調査レポート「マネージドサイバーセキュリティサービス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年9月 14日に発刊しました。これは、2018-2025年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/managed-cyber-security-services-market/10078211


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

サイバーセキュリティとは、サイバー攻撃、データの損傷、不正アクセスからネットワーク、デバイス、プログラム、データを保護することを目的とした広範なテクノロジー、プロセス、実践を含む情報技術のセキュリティを指します。このテクノロジーは、政府、軍、企業、金融機関、医療機関など、さまざまなエンドユーザーカテゴリに格納されたこれまでにない量の機密情報を保護するために重要です。

サイバーセキュリティのための多額の資本の要件、ネットワークインフラストラクチャの複雑さの増大、訓練を受けたIT専門家の不足は、グローバルマネージドサイバーセキュリティサービス市場の成長を牽引している主要な推進力です。企業はデータ分析とクラウドベースのソリューションを幅広く採用しており、管理されたサイバーセキュリティサービスの必要性を高めています。さらに、一部の経済では、組織に重要な情報を提供するために厳格な政府法を施行することで、マネージドセキュリティサービスを採用する必要性が高まっています。これは、近い将来に市場の成長を促進すると推定されています。一方、企業がサービスプロバイダーに機密性の高い重要なデータを開示することをためらうことや、サービスに関するさまざまな顧客の要件は、市場の成長に大きな課題をもたらす可能性があります。

サイバーセキュリティとオンラインの脅威に対する防御は、デジタル変化の状況においてより大きな重要性を担っています。詐欺、サイバー犯罪、リスク、脅威、および脆弱性が急速に増加しているため、組織の中でそれは不可欠になっています。ただし、これらのテクノロジーは、エクスプロイト、脆弱性、およびマルウェアの世界的な脅威の状況を発展させる主な要因として浮上しています。世界的なデジタル時代のサイバー犯罪活動の増加とともに、新たな脅威の状況が観察されています。

 マネージドサイバーセキュリティサービス市場は、アプリケーション別(リスク・コンプライアンス管理、アイデンティティ・アクセス管理、マネージドセキュリティデバイス管理、脆弱性管理、その他)、エンドユーザー別(ディスクリート製造業、政府機関、BFSI、ヘルスケア、エネルギー)および地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

「アジア太平洋地域は、マネージドサイバーセキュリティサービス市場でトップシェアを保持していると推定」
マネージドサイバーセキュリティサービス市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。アジア太平洋、中東、アフリカなどの地域では、乗用車の使用率の上昇により、2018-2025年の予測期間にマネージドサイバーセキュリティサービス市場が成長しました。アジア太平洋地域は、マネージドサイバーセキュリティサービス市場で卓越したシェアを保持していると推定されています。インドや中国などの発展途上国は、マネージドサイバーセキュリティサービス市場の需要を後押しする重要なプレーヤーです。ヨーロッパ、北米、中東、アフリカでは、インフラストラクチャの成長が継続的に見られ、マネージドサイバーセキュリティサービス市場の需要が今後数年間にわたって高まっています。アジア太平洋地域は、グローバルなマネージドサイバーセキュリティサービス市場の成長に貢献しており、2018-2025年の予測期間を通じて、より高い成長率/ CAGRを示すと予想されています。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 主要企業

マネージドサイバーセキュリティサービス市場における業界のリーダーはTata Consultancy Services、CNS Group、Symantec、Secureworks、IBM Corporation、Assuria、 Proficio、 Accenture、 Optiv、 Honeywellなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10078211

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. マネージドサイバーセキュリティサービス市場-サイズ調査、アプリケーション別、エンドユーザー別(ディスクリート製造業、政府機関、BFSI、ヘルスケア、エネルギー)および地域別予測2018-2025年