グローバルフィンテック市場「2023年までに2,071億米ドルの収益を生み出すと予想」(2018-2023年)

Kenneth Researchは調査レポート「グローバルフィンテック市場:世界的な需要の分析及び機会展望2023年」2020年9月 16日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/-fintech-market/10084483


モバイルデバイスとテクノロジーベースのソリューションの使用率が高いため、個人用デバイスからアクセスできる金融ソリューションと銀行ソリューションの需要が高まっています。銀行と企業は、テクノロジーベースのソリューションに多額の投資を行っており、現代のフィンテック企業と競合しています。これは、世界のフィンテック市場の主要な成長ドライバーです。市場は、2018ー2023年の予測期間中に22.17%のCAGRで、2023年までに約3,057億ドルに達すると予想される。

フィンテックセクターで提供されるさまざまなサービスは、regtech、支払い・請求、インシュアテック、送金・送金、住宅ローン・不動産、その他(貸付、資本市場、資産管理)です。これらのセグメントの中で、支払い/請求サービスセグメントは、グローバル市場での大きな成長を牽引し、2023年までに2,071億米ドルの収益を生み出すと予想されています。この成長は、非接触型カードと、この機能の使用を拡大しようとしている小売業に焦点を当てたフィンテック企業の出現に起因する可能性があります。

顧客や小売業者の間でのGoUrl、Cayan、Stripe、Amazon Payなどの支払いアプリの人気は、市場をさらに後押しします。Regtechはまた、支払い/請求後、22.05%のCAGRで大幅に成長すると予想されます。これは主にフィンテックセクターに関連する新しい規制の出現によるものです。

フィンテックセクターに関わる主要なテクノロジーは、人工知能(AI)、ブロックチェーン、暗号化、生体認証とID管理、サイバーセキュリティ、およびロボットプロセスオートメーション(RPA)です。2018-2023年の予測期間中に主要な投資を集めているAIとブロックチェーンの分野で、大幅な成長が見られます。AIインターフェースとチャットボットは主にカスタマーサービスを再定義しており、その人気の高まりにより、AI指向のフィンテック市場は2018〜2023年の間に21.72%のCAGRで拡大すると予測されます。

北米は、世界のフィンテック市場の主要な貢献者であり、2023年までに808.5億米ドルに達すると予想されています。しかし、アジア太平洋(APAC)地域の成長ペースは最も高く、2018〜2023年の期間に43.34%のCAGRで成長すると予想されます。この成長は、銀行、保険、資産管理など、ほとんどの金融分野に対応する新興企業の増加に起因している可能性があります。中国、日本、韓国、オーストラリア、インドが主要な貢献国です。一方、ラテンアメリカは、主にメキシコとブラジルでのイニシアチブに牽引されて、フィンテック開発の面で顕著な地域の1つとしてゆっくりと浮上しています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

グローバルフィンテック市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10084483


レポートはさらに、、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。
 

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「グローバルフィンテック市場」というタイトルのレポートは、グローバルフィンテック市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルフィンテック市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルフィンテック市場における業界のリーダーはRobinhood、 Ant Financial、Paytm、Shanghai Lujiazui International Financial Asset Exchange、Oscar Insurance Corporation、Credit Karma、Kabbage、 Atom Bank、Onfido、 Uipathなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバルフィンテック市場「2023年までに2,071億米ドルの収益を生み出すと予想」(2018-2023年)