世界のコンタクトセンターソフトウェ市場ーコンポーネント別(サービス、ソリューション)、導入別、企業別、最終用途別(ヘルスケア、消費財・小売、通信・IT、その他)、地域別、予測、2018〜2025年

Kenneth Researchは調査レポート「世界のコンタクトセンターソフトウェ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年9月 17日に発刊しました。これは、2018〜2025年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-contact-center-software-market/10013124
グローバルコンタクトセンターソフトウェア市場の2016年の価値は約14.01十億米ドルで、予測期間2018〜2025で15.71%以上の成長率で成長すると予測されています。市場を拡大すると推測される主な要因は、クラウドベースのコンタクトセンターの選択肢の増加、コンタクトセンターソリューションの自動化に対するニーズの高まり、オムニチャネルソリューションによるカスタマーエクスペリエンスの向上への関心の高まりです。コンタクトセンターソフトウェアを使用すると、顧客やユーザーからの電話、ソリューション、カスタマーサービス、販売のためのエージェントへの連絡が可能になります。

北米は、市場シェアの点で世界の主要地域です。一方、中国、日本、インドなどの国々のおかげで、アジア太平洋地域も2018〜2025の予測期間で高い成長率/ CAGRを示すと予想されています。

BFSIバーティカルは、予測期間中に最大の市場規模を占めると予想されます。

BFSIバーティカルは、重要な財務データと信用リスクを扱います。したがって、それはコンタクトセンターソフトウェア市場の良い貢献者です。競争環境の継続的な変化により、企業は運用効率を高め、カスタマイズされたユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。コンタクトセンターソフトウェアは、トランザクション、銀行および金融サービスのWebサイト全体での顧客の活動、複数のチャネルを介した顧客のクエリなど、顧客データのマイニングにおいて金融機関を支援します。さらに、コンタクトセンターソフトウェアを使用すると、金融機関はビジネスプロセスを自動化できるため、サービス提供時間を短縮できます。

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

コンタクトセンターソフトウェアの急速な採用により、北米は最大の地域市場になると予想されます。

米国とカナダでは、組織は分析、ビッグデータ、クラウドプラットフォームなどの新しいテクノロジーを急速に採用し、投資しています。北米には、ビッグデータやクラウドプラットフォームなどの新しいテクノロジーを採用するという先駆者の利点があります。さらに、この地域でのインバウンドとアウトバウンドの運用を最適化することにより、企業全体の生産性を向上させるという企業の要求が高まっています。地域には多くの大企業が存在するため、いくつかの企業が喜んで北米に投資しています。これらの要因と安定した経済、技術の強化、最適化されたインフラストラクチャコストにより、北米のコンタクトセンターソフトウェア市場が促進されることが期待されています。

市場セグメンテーション
世界のコンタクトセンターソフトウェ市場は、コンポーネント別(サービス、ソリューション)、導入別(オンプレミス、ホスト)、企業別(SME、大規模)、最終用途別(ヘルスケア、BFSI、政府、消費財・小売、通信・IT、その他)、および地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、およびその他の国)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界のコンタクトセンターソフトウェ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

世界のコンタクトセンターソフトウェ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業

世界のコンタクトセンターソフトウェ市場における業界のリーダーは「3CLogic(米国)、8x8(米国)、Alcatel-Lucent Enterprise(フランス)、Ameyo(Drishti-Soft、インド)、Aspect Software(米国)、Avaya(米国)、BT(イングランド)、Cisco(米国)、Enghouse Interactive (米国)、Fenero(米国)、Five9(米国)、Genesys(米国)、Huawei(中国)、IBM(米国)、Mitel(カナダ)、NEC(日本)、NICE(イスラエル)、Oracle(米国)、RingCentral (米国)、SAP(ドイツ)、Solgari(アイルランド)、Topdown(米国)、Unify(ドイツ)、Verizon(米国)、Vocalcom(フランス)、West Corporation(米国)、Zendesk(米国)、およびZTE(中国) 」などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10013124

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のコンタクトセンターソフトウェ市場ーコンポーネント別(サービス、ソリューション)、導入別、企業別、最終用途別(ヘルスケア、消費財・小売、通信・IT、その他)、地域別、予測、2018〜2025年