ポンと押して医療従事者の負担を減らす!ワクチン接種の予診票への記入の手間や書き間違いを防ぐスタンプが登場。

ワクチン接種の予診票への記入が義務付けられている医療機関等コードや実施場所、医師名etc..。ポンと押すだけで記入の手間や書き間違いを防ぎ、医療従事者の方の負担を軽減するハンコが登場しました。

仕事における手書きの負担や書きまちがいを減らすために企画した、スタンプで仕事の効率化を促進する「OSHI-GOTO(オシゴト)」シリーズの第一弾で、今後さまざまな商品が同シリーズより登場予定となっております。
インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」を運営する株式会社岡田商会(所在地:大阪府大阪市、店長:岡山耕二郎)は自社オンラインショップにて、ワクチン接種会場での医療従事者の手書きの負担や書き間違いを防ぐ、ワクチン接種の予診票用スタンプ「新型コロナワクチン接種スタンプ」の販売を開始いたしました。

「新型コロナワクチン接種スタンプ」はワクチン接種の予診票に記入が義務付けられている、医療機関等コードや実施場所、医師名、接種回数、接種日などの項目を手書きの代わりに印字できるハンコ。仕事における手書きの負担や書き間違いを減らすために企画した、スタンプで仕事の効率化を促進する「OSHI-GOTO(オシゴト)」シリーズの第一弾で、今後さまざまな商品が同シリーズより登場予定となっております。

こちらは「医療機関等コード用」。予診票には「医療機関等コード」という、医療機関ごとに決まっている10桁の数字を記入しないといけませんが、予診票のマス目にあわせて押すことで、それぞれのマスにひと押しで10桁の数字が印字できます。

医療機関等コードと、実施場所名が一度に押せるタイプがこちらの「実施場所+医療機関等コード用」。

実施場所と医師名が一度に押せるタイプがこちら。ゴム印タイプだけでなく、連続してスタンプできるセルフインクタイプもご用意しました。

他にも、ワクチンを接種してからの経過時間を表示する「30分表示スタンプ」や、

「1回目」「2回目」といったワクチンの接種回数を表示するスタンプ、

日付部分を回転させることでワクチン接種日が印字できる「接種日日付印」も。

ワクチン接種会場での医療従事者の方の手書きの負担や書きまちがいを減らし業務の効率化を促進する、ワクチン接種の予診票用スタンプ「新型コロナワクチン接種スタンプ」。

スタンプで仕事の効率化を促進する「OSHI-GOTO(オシゴト)」シリーズではこれからも、ポンとハンコを押すことで手書きの負担や書きまちがいを減らす、さまざま仕事の場面で使えるハンコを提案してまいります。

<参考URL>
新型コロナワクチン接種スタンプ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hankos/oshigotoa5.html
ハンコズ(ヤフー店)
https://shopping.geocities.jp/hankos/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社岡田商会 >
  3. ポンと押して医療従事者の負担を減らす!ワクチン接種の予診票への記入の手間や書き間違いを防ぐスタンプが登場。