20代・30代の「リファラル採用」意識調査を実施 ~勤務先に友人・知人を紹介したことがある人は約3割という結果に~

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する、人と組織をデザインするサイト「d’s JOURNAL(ディーズ ジャーナル)」< https://www.dodadsj.com/ >は、20代・30代の「doda」会員を対象に、リファラル採用※の状況について調査を行いましたので、結果をお知らせいたします。なお、本調査は企業の人事・採用担当者向けに、自社の採用活動に活かしてもらうことを目的として実施しました。
※リファラル採用:自社の社員に友人や知人を紹介してもらう採用手法
■調査結果 詳細:https://www.dodadsj.com/content/200220_referral/
 
                                                       【主な調査結果】
◆「勤務先にリファラル採用や社員紹介の制度がある」と回答した人は約4割(38.9%)。そのうち約7割(67.0%)がインセンティブ有りと回答。
◆勤務先に、友人・知人を紹介したことがある人は約3割(26.4%)。
◆勤務先の採用活動に「興味があり、貢献したい」と回答した人は約3割(27.8%)。


■「勤務先にリファラル採用や社員紹介の制度がある」と回答した人は約4割(38.9%)
「勤務先にリファラル採用や社員紹介といった制度があるか」という質問に対し、約4割(38.9%)が「ある」と回答しました。(グラフ①参照)リファラル採用や社員紹介の具体的な制度としては、「紹介した人が入社すると金銭的なインセンティブがもらえる」が約7割(67.0%)でした。(グラフ②参照)インセンティブ支給のタイミングはさまざまですが、紹介した人に対して特別な報酬を支給し、リファラル採用を活性化させている企業が多いことが分かりました。

■リファラル採用に協力したことがある人は、約3割(26.4%)
現在の勤務先に限らず、これまでの経験として、「今まで友人・知人を勤務先に紹介したことがあるか」という質問に対し、「ある」が約3割(26.4%)、「ない」が約7割(73.6%)という結果になりました。(グラフ③参照)友人・知人を勤務先に紹介した理由としては、「自分の会社の社風や条件に、知人が合っていると思った」という声が最も多く集まりました。
一方、友人・知人を紹介したことがない理由としては、「自分の会社をあまりオススメできない」、「自分の会社にあいそうな友人・知人が思いつかない」、「友人・知人の仕事の状況や転職活動の状況を知らない」などが挙げられました。
また、「仮に、友人・知人に勤務先を紹介する場合、どのようなことに懸念を感じるか」という質問に対しては、「自分の会社をあまりオススメできない」(34.0%)、「友人・知人が選考で落ちたら気まずい」(32.6%)、「友人・知人が自分の会社に合うか不安」(30.2%)という回答がそれぞれ3割を超えました。(グラフ④参照)

■勤務先の採用活動への興味・関心が高い人は約3割(27.8%)
「勤務先の採用活動に興味があるか」という質問に対し、「興味があり、貢献したい」と回答した人は、約3割(27.8%)でした。一方で、「興味はあるが、自分が関わることではないと思っている」(37.5%)、「自社の採用活動には興味がない」(33.3%)という回答が約7割で、多くの人が勤務先の採用活動を「自分事」として捉えていないことが分かりました。(グラフ⑤参照)
また、「勤務先の採用活動の状況を知ることができるサイトやツールはあるか」という質問に対しては、「どこを見ればいいか把握しており、見たこともある」が約4割(37.2%)で最多であったものの、「採用活動に関する情報は社内でオープンにされていない」(28.5%)、「どこかに情報はあると思うが、知らない」(22.2%)と回答した人が約5割という結果でした。(グラフ⑥参照)

■「リファラル採用」成功の秘訣は、自社のファンを作ること
リファラル採用を活性化させるためには、まず「社員が会社を友人・知人に紹介したくなるような環境をつくる」ことが重要と言えそうです。そのうえで、リファラル採用によって社員と友人・知人の関係性が崩れないようにフォローする仕組みを整えたり、募集ポジションや募集人数などの採用活動状況を積極的に発信したりすることで、リファラル採用を加速させることができると考えられます。
<調査概要>
・対象者:20代・30代の「doda」会員
・雇用形態:正社員
・回答人数:288人
・調査手法:WEBアンケート
・調査期間:2019年12月3日~12月8日
・調査協力:株式会社ポップインサイト

■おすすめの記事
d’s JOURNALでは、長年人材サービス業を営んできたパーソルキャリアが持つノウハウやナレッジをフル活用し、人事課題の解決につながるコンテンツを発信しています。リファラル採用の成功事例やエンゲージメントの高める方法などもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
・REFERRAL -リファラル採用最前線-:https://www.dodadsj.com/feature/refaral/
・エンゲージメント向上は生産性UPや離職防止に効果あり:
https://www.dodadsj.com/content/191118_engagement/

■「d’s JOURNAL」について< https://www.dodadsj.com/
「d’s JOURNAL(ディーズジャーナル、dsj)」は、経営者や人事・採用担当者の課題解決を手助けするWebメディアです。採用を中心に、定着、人材育成など、人事領域に関する企業インタビューやナレッジ、レポートなどを発信しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルキャリア株式会社 >
  3. 20代・30代の「リファラル採用」意識調査を実施 ~勤務先に友人・知人を紹介したことがある人は約3割という結果に~