パーソル、AI搭載型クラウドIP電話、「MiiTel」の運営を手掛ける株式会社RevCommへの出資を決定

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:水田 正道)は、AI搭載型クラウドIP電話、「MiiTel」の企画・開発・販売を手掛ける株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:會田 武史、以下RevComm)への出資を決定しました。なお本出資は、PERSOL INNOVATION FUND合同会社(本社:東京都港区、代表パートナー:加藤 丈幸)を通じて実施いたしました。

 【出資の目的】
RevCommは、音声に基づくコミュニケーション開発を推進しており、「音声録音→文字起こし」のエンジンの自社開発に取り組む、日本で数少ない企業の1社です。RevCommの運営するAI搭載型クラウドIP電話、「MiiTel」は、電話営業や顧客対応をAIで解析し可視化することで成約率を上げ、解約率と教育コストの削減を実現し、さらに電話営業の生産性をも飛躍させるコミュニケーションツールとして期待されます。
パーソルグループでは、各種データに基づくサービスや顧客コミュニケーションの精度向上に積極的に取り組んでおります。本出資により、音声に基づくデータ収集も加えることで、さらなる精度の向上が期待されます。

【PERSOL INNOVATION FUND合同会社 代表パートナー 加藤 丈幸のコメント】
「Miitel」は、非常に重要なポジションにもかかわらず、経験や勘や個人技で語られることが多く、ノウハウがブラックボックスになりがちだった「営業職」に変革をもたらすことのできるサービスです。AIによる営業トークの可視化技術で「営業職」の生産性向上において多くの実績を上げています。加えて、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で対応が急務となっている「在宅での電話営業」にも対応しており、2020年以降の営業職の働き方改革の中心を担えるサービスと確信しています。


【会社概要】
■株式会社RevComm

・社名:株式会社RevComm
・代表者:代表取締役社長 會田 武史
・所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル3階
・設立年月日:2017年7月
・事業内容:AI搭載型クラウドIP電話、「MiiTel」の企画・開発・販売
組織&個人の営業力向上、テクノロジー活用に役立つ情報発信メディア「Sales Hacker」の企画・運営
・Webサイト:https://www.revcomm.co.jp/

■PERSOL INNOVATION FUND合同会社
・社名:PERSOL INNOVATION FUND合同会社
・代表者:代表パートナー 加藤 丈幸
・所在地:東京都港区南青山1-15-5
・設立年月日:2015年11月27日
・事業内容:ベンチャーキャピタル事業
・Webサイト:https://www.persol-group.co.jp

■パーソルホールディングス株式会社について
1973年の創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。
東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2019年3月期売上高9,258億円。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。
  1. プレスリリース >
  2. パーソルHD >
  3. パーソル、AI搭載型クラウドIP電話、「MiiTel」の運営を手掛ける株式会社RevCommへの出資を決定