世界中のオタク専用ドメイン「.moe」、名前衝突でブロックされていた36,654件が登録可能になりました

新ドメイン(新gTLD)「.moe」、「.osaka」、「.earth」を運営する、インターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役:横山正、以下インターリンク)は、ICANN(※1)の名前衝突ポリシー(Name Collision Policy)(※2)によって、提供できなかった36,654件の文字列を、登録可能と致しました。通常価格で登録できる3~5文字のドメインも沢山ありますので、この機会に是非ご検討ください。

※1 ICANN
インターネットのIPアドレスやドメイン名などの各種資源を全世界的に調整・ 管理することを目的として、1998年に設立された民間の非営利法人。

※2 名前衝突ポリシー(Name Collision Policy)
正式な「.moe」ができる前に、社内ネットなどのプライベートネットワーク上に、.「●●moe」というドメインを作って運用されていた可能性が考えられる場合、ICANNは、プライベートネットワークとはいえ、使っていた人に不都合が生じないように、ということで、「●●.moe」をDNS名前衝突ブロックリストに入れます。また、誤ってブラウザのURLに.「▲▲.moe」を入れてしまった(またはそれに類似した行為)場合もブロックリストに入れられます。
≪参考 新gTLDのDNS名前衝突ブロックリストとは? http://interlink.blog/2014/07/gtlddns-7b52.html

名前衝突でブロックされていた.moeドメインのリリースについて
http://nic.moe/blog/2018/05/11/1/

<会社概要>
◆株式会社インターリンク http://www.interlink.or.jp/
日本のインターネット黎明期である1995年よりサービスを開始した、今年で23年目を迎えた老舗ISP。2000年よりドメイン名登録事業を開始、2006年10月、日本で8社目のICANN 公認レジストラに認定。2014年1月には、Googleの日本におけるレジストラパートナーとして、日本語初の新gTLD「.みんな」を販売中。4月11日より新gTLD「.moe」の運営を開始。2015年10月には取扱ドメイン数が日本最大となる1,000種類を突破(http://www.gonbei.jp/)。オタク川柳大賞(http://575.moe/)や、社会貢献活動「グラジェネ向け無料 iPad 教室」(http://www.genki.pro/)を主催。有限責任事業組合フェムト・スタートアップ(http://femto.st/)にて、ベンチャー企業の支援も積極的に取り組んでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インターリンク >
  3. 世界中のオタク専用ドメイン「.moe」、名前衝突でブロックされていた36,654件が登録可能になりました