医療物資の増産に貢献した企業として、経済産業省より感謝状を受領

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長 大山 晃弘)は、新型コロナウイルスの感染症流行に際して、政府の要望に応じて医療物資等の緊急増産を行い、国民生活の安定に大きく貢献したとして、2020年12月21日、梶山弘志経済産業大臣から感謝状を受領いたしました。

 2020年春先の新型コロナウイルス感染症の急速な拡大期に、政府からの依頼を受け、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点の生産に加えて宮城県角田工場へのマスク生産設備導入により、日本国内に2億3千万枚/月を供給できる体制を構築したことによるものです。

 今後は家庭用マスクに加えて、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、現在も品薄状態が続いている「除菌ウェットティッシュ」を2021年秋に宮城県角田工場で生産する予定です。当社は、日本国内における生活必需品の安定的な供給に貢献できるよう、これからも行政や業界団体と連携を図りながら、必要な支援に取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。また、罹患された方とそのご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い回復をお祈り申し上げます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 医療物資の増産に貢献した企業として、経済産業省より感謝状を受領