Sitecore MVP Awardで2年連続 国内最多5名受賞

Sitecoreソリューションの構築実績に基づいた技術情報の発信などが評価につながる

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、サイトコア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒井 秀樹、以下サイトコア)が発表した「Sitecore MVP (Most Valuable Professional: 最優秀プロフェッショナル、以下Sitecore MVP)」において、当社社員5名が受賞したことをお知らせします。

Sitecore MVPは、世界各国でSitecoreソリューションの構築や、顧客やパートナーへの普及に貢献した人を表彰するもので、「Technologist」「Digital Strategist」「Commerce」「Ambassador」の4つのカテゴリーで構成されています。2018年は全世界で329名、日本国内では22名が受賞し、SBTからは、Technologistカテゴリーで4名、今回新設されたAmbassadorカテゴリーで1名、計5名が受賞しました。この受賞数は2017年に続き、国内企業で最多受賞となります。

 

■ 受賞内容

Technologist
活動:Sitecoreソリューションの構築、顧客やパートナーに対する構築実績に基づいた技術情報の共有 など
受賞者:
杉浦 智紀(シニアプロジェクトマネージャー)
磯田 容生(Webソリューション部インテグレーショングループ マネージャー)
山下 太輝(テクニカルイノベーション部アプリケーション保守グループ)
徃頼 泰成(Webソリューション部インテグレーショングループ エキスパートエンジニア)

Ambassador
活動:Sitecoreソリューションの提案と導入、Sitecoreソリューションの最適な活用方法の発信 など
受賞者:
永井 康晴(技術統括クラウドソリューション本部データサイエンス部 シニアコンサルタント)
 

今回のSitecore MVP受賞にあたり、サイトコア 代表取締役 酒井 秀樹氏よりコメントをいただいております。

「今年度(2018年)、貴社からは、日本で最多の5名の方がSitecore MVPとして表彰されました。誠におめでとうございます。今回で12年目を迎えるSitecore MVPは、世界各国でSitecoreソリューションの構築や、顧客への普及に最も貢献された方々を称える賞です。受賞者の方々はその名の通り、我々にとって非常に貴重な、コンテクストマーケティングの具現者であり、伝道者です。また、従来の「Technologist」、「Digital Strategist」、「Commerce」に、新しく「Ambassador」というカテゴリーが今年から加わりました。この新規Ambassadorカテゴリーにおいて、貴社の永井様がMVPを受賞されたことも、我々にとって喜ばしいことです。コンテクストマーケティングの全体的な観点から、Sitecoreソリューションの適切な活用方法をお客様へご提案・導入いただいているという頼もしい存在です。当社は、これからもMVPの皆さんとともに、お客様のコンテクストマーケティング実現を支援していきます。」

サイトコア株式会社代表取締役 酒井 秀樹

▼ SBTの提供するサイトコアサービスはこちら
https://www.softbanktech.jp/service/list/sitecore/

▼ SBTの提供するサイトコア導入事例はこちら
https://www.softbanktech.jp/case/name/data-analytics/sitecore/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. Sitecore MVP Awardで2年連続 国内最多5名受賞