庄内浜の海の恵みが集結 海のマルシェin酒田

2021年10月16日【場所】さかた海鮮市場周辺(山形県)

海と食の地域モデルin庄内浜実行委員会は、食を通じて海の課題を考える活動の一環として、海のごちそうウィーク最終日の10月16日(土)に山形県酒田市にて海のマルシェin酒田を開催しました。
本イベントでは17の出店者が「海」に関する商品の販売やワークショップを実施しました。また、ステージイベントとして学生が開発した「鯛」を使ったメニュー発表、庄内浜の文化を伝えるトークショーなども行いました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

  • イベント概要
・開催概要:庄内産の海産物や加工品の販売をメインとしたマルシェイベント
・日程:10月16日
・開催場所:さかた海鮮市場周辺
・参加人数:2148人
・共催:酒田市
・協力団体 山形県港湾事務所 山形県庄内総合支庁水産振興課 山形県水産研究所 海上保安庁酒田海上保安部 山形県漁業協同組合 庄内浜文化伝道師協会 さかた海鮮市場 みなと市場
 
  • 庄内浜の海産物や加工品を販売
会場では庄内浜産の海産物の販売や、海産物を使用した料理の販売等、庄内の「海」に関する出店が行われました。
庄内地方のみでなく内陸からも多くの人が訪れ、庄内浜の海の恵みを感じることのできるイベントとなりました。一般の来場者からは「海は生活に不可欠、大切な存在だと思う」といった声が挙げられました。

  • 海に触れるワークショップも開催
マイクロプラスチックの回収体験やマイクロプラスチックを使った海辺の万華鏡づくり、海洋ごみの展示など、庄内の海の事を考える場としてワークショップの出店も行われました。
海の恵みを感じるだけではなく、海で起きている現状を学ぶことのできるイベントとなりました。
  • ステージイベントも開催
ステージイベントとして酒田海洋少年団の手旗信号の発表、学生メニュー開発コンテストなどを実施しました。
メニュー開発コンテストでは酒田南高等学校、酒田調理師専門学校の生徒が考えた「鯛だし麺」「鯛を使ったフリーメニュー」の発表を行いました。
生徒たちはそれぞれのメニューに込めた海への思いをステージにて発表し、海を未来へ引き継ぐためにやるべきアクションを来場者に訴えかけました。「庄内の食文化を多くの人に知ってもらい、綺麗な海を未来へ引き継いでいきたい」といったメッセージが学生から伝えられました。また、「庄内浜文化伝道師協会」がステージへ登壇し、庄内浜で起きている課題や伝えていくべき浜文化について語るトークショーを実施しました。


団体概要
団体名称:海と食の地域モデルin庄内浜実行委員会
本社所在地:山形県山形市白山1-11-33
電話番号:023-624-8117
代表理事:齋藤勝三
設立:2021年4月1日

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 庄内浜の海の恵みが集結 海のマルシェin酒田