スペアミントのロスマリン酸がアルツハイマー型認知症の予防に対する可能性を発見!

~わかさ生活と鳥取大学との産学共同研究を学会発表~

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、鳥取大学 河田 康志(かわた やすし)教授との共同研究『アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索』を、2017年12月7日(木) 生命科学系学会合同年次大会(開催:兵庫県神戸市)にて発表いたしました。

 


株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、サプリメント業界品質№1を目指し、世界中から健康に良い素材を探し求めてまいりました。そして健康に悩みを持つ方々に役立てていただき、安心してお飲みいただくために、その素材の機能性、有効性、安全性などの研究を行い、商品作りに活かしております。
この度、鳥取大学 河田 康志(かわた やすし)教授との共同研究『アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索』について、2017年12月7日(木) に開催された「生命科学系学会合同年次大会(開催:兵庫県神戸市)」にて発表いたしました。

<研究内容>
厚生労働省によると、2012年では65歳以上の高齢者の15%(約462万人)が認知症を発症しており、2025年iには認知症患者は約700万人、さらに軽度認知障害(MCI)患者数を加算すると約1,300万人が認知症を患っている可能性があると発表されています。
認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」は、最も多い割合で発症することが知られており、およそ5割を占めています。主な原因は、脳内における「アミロイドベータ(Aβ)」タンパク質のアミロイド線維化であり、老人斑として脳に沈着することで脳神経細胞に対し毒性を示し、脳組織の萎縮や認知機能の低下を招きます。そのため、認知症の早期発見と処置が重要と考えられています。
そこで本研究では、130種を超える素材・成分の中から、「ロスマリン酸」を多く含む米国産特別栽培種スペアミント素材をはじめとするポリフェノール素材について、アルツハイマー型認知症の原因Aβタンパク質のアミロイド線維化に対する抑制作用を確認いたしました。

<結論>
特別栽培種スペアミントとその主成分である「ロスマリン酸」は、Aβのアミロイド線維化に対して高い抑制作用を有することが分かり、アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病ともいう)の予防にはたらく可能性が期待されます。

これからも、わかさ生活は安全で高品質な商品をお届けするため、皆様の健康に寄与する研究・開発を続けてまいります。

【関連サイト】
・わかさ生活 みらい研究所
http://kenkyu.wakasa.jp/

・わかさの秘密 ロスマリン酸
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/rosmarinic-acid/

・わかさ生活 コーポレートサイト
http://company.wakasa.jp/

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 わかさ生活 >
  3. スペアミントのロスマリン酸がアルツハイマー型認知症の予防に対する可能性を発見!