【5月の担当者試食レポート】昼から餃子食べていいんですか!?新富町ふるさと納税返礼品「逆転満塁ホームラン餃子」を味わった生の声をお届け!

全て国産・無添加のこだわり!独特のネーミングセンスでご家庭でも盛り上がること間違いなし

「実際に寄附者様へ届くものの品質を確かめたい」「消費者の視点からレビューすることで、新富町のことを知らない方にも興味を持っていただけるようなきっかけ作りがしたい」──そんな担当者の声をもとに、新富町のふるさと納税を受託運営する一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)では、毎月ふるさと納税返礼品の試食会を開催しています。

今回は、提携事業所の「スーパーナガノヤ」が新商品「新富餃子」を4/15に発売したことを受け、同事業所のふるさと納税返礼品としても人気の「逆転満塁ホームラン餃子」の試食会を5月に開催。本文中では実食した担当者達のレビューをご紹介します。

■無添加のオリジナル餃子&たれセット 合計70個(楽天ふるさと納税)
https://item.rakuten.co.jp/f454028-shintomi/b521/
■野菜多め?肉多め?
「逆ギレ弁当」などのユニークな名前の弁当や総菜で一気にその知名度を広げてきた「ナガノヤ ウメコウジ」。2017(平成29)年から自家製餃子の販売を始め、改良を重ねてきました。
昨年末に原材料と皮を薄めに改良し、1月にパッケージをリニューアル。さらに先月15日に「逆転満塁ホームラン餃子」に続く「新富餃子」を新発売しました。

 

実は、新富町を挟む高鍋町と宮崎市は、それぞれ餃子の有名どころ。餃子の町として知られる高鍋町、2021年度のギョーザ購入額と購入頻度が日本一となった宮崎市、その2地域に挟まれた新富町を盛り上げるために考案されたのが「新富餃子」です。

「新富餃子」は豚肉、鶏肉、粒状大豆たんぱくなどを使い、肉を多めに詰めた餃子。キャベツ、ニラ、ニンニクなどの野菜は全て国産というこだわりです。
また、新富町ふるさと納税返礼品として出品されているのは、「新富餃子」とは逆に野菜が多めの「無添加 逆転満塁ホームラン餃子」。
別ネーミングではありますが、新富餃子同様肉多めの「矛盾餃子」もセットになっています。この餃子専用に開発された「無添加 オクリバントのたれ」も付き、ご家庭でこだわりの味が楽しめるようになっています。

 

■担当者が実食しての感想・おすすめポイントは?

・餃子は少し冷めても皮がパリパリしておいしかったです。タレとごはんの相性も◎!(40代女性)
サイズ感がちょうど良く、次から次へと食べたくなる感じです〜!もう少しだけジューシーさがあっても良いかなと思いました。(20代女性)
・サッパリしながらもしっかり食べている感もありました。タレなしでも美味しかったです。(50代女性)
・皮がしっかりしていたので、食べ応えがありました。でもしつこくなくて、何個でも食べられそうです!(30代女性)
・しっかりした皮に、セットのタレをたっぷり馴染ませて食べると最高!間違いなく白ごはんが進みますね。(50代女性)

 

試食会の様子。60個の餃子があっという間に消えました。試食会の様子。60個の餃子があっという間に消えました。

・野菜が多いからか、最初の一口の中に「サクッ」って食感が入っていてよかったです!でも肉感もちゃんとあるから、ジューシーとさっぱりが両立してるのかなと。タレなしのほうが好きなので、そのままいけるのが嬉しかった!(30代女性)
野菜がガッツリ入っていてヘルシーでいくつでも食べられます。ご高齢の方にも野菜嫌いなお子さんにもウケるんじゃないかと感じました!(50代男性)
・ジューシーだけど、パクパクいける感じです。独特のネーミングも食べながら話題になって盛り上がりますね。
(30代男性)
・意外とあっさりサッパリしている味で、自家製で無添加にこだわってるんだろうなという感じがしました!
食感はパリパリというよりはモチモチ寄り。個人的にはガツンとくる味が好きですが、これはこれで美味しかったです(30代男性)

 

ごはんやサラダと合わせてもGOOD!ごはんやサラダと合わせてもGOOD!

こういった担当者のレビューや寄附者様から頂いた声は、実際に返礼品ページ内にレビューとして順次反映させる予定です。こゆ財団は、これからも新富町を応援していただけるような「届いて嬉しい」返礼品づくりに努めていきます。


■無添加のオリジナル餃子&たれセット 合計70個
【楽天】https://item.rakuten.co.jp/f454028-shintomi/b521/
【ふるさとチョイス】:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/45402/5271755


一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)とは?
2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円ライチに代表される農産物中心のブランディングや商品開発で稼ぎ、得られた利益を人財育成に再投資しています。主幹事業である新富町ふるさと納税の運営では、2017年から2020年までの4年間で累計55億円の寄附額を記録しており、新富町と多様な企業との連携事業や生活利便性の向上に役立てられています。

▶︎こゆ財団ウェブサイト https://Koyu.Miyazaki.jp
▶︎こゆ財団Facebook https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎新富町ふるさと納税ポータルサイト
・ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
・楽天 https://www.rakuten.ne.jp/gold/f454028-shintomi/
・ふるなび https://bit.ly/3uo6fSh
・さとふる https://www.satofull.jp/town-shintomi-miyazaki/

▶︎メディア掲載事例
日経新聞/日経MJ/Forbes JAPAN/事業構想/ソトコト/TURNS/日本農業新聞/全国農業新聞 ほか
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. こゆ財団 >
  3. 【5月の担当者試食レポート】昼から餃子食べていいんですか!?新富町ふるさと納税返礼品「逆転満塁ホームラン餃子」を味わった生の声をお届け!