2019年度実施「TAKENAKAアクセラレーター」で選抜の『株式会社FACTORIUM』、株式会社竹中工務店とPoCの実績を積み上げ、builboβ版をリリース

株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代田区、 代表取締役:鈴木 規文、 以下 01Booster)が株式会社竹中工務店と共に2019年度実施した「TAKENAKAアクセラレーター」に選抜された『株式会社FACTORIUM(東京都千代田区 代表取締役:久米村隼人』は、DemoDay後、株式会社竹中工務店とPoCの実績を積み上げ、AI技術活用によるファシリティマネジメント業務支援サービス、builbo(β版)の提供を開始しました。選抜企業からの実績第一号となります。


■builboβ版の概要と主な機能
●概要

・不動産の収支管理業務を対象
・手間が掛かる予算・実績情報の管理や、レポート作成の手間をデジタル化

●主な機能
・AI-OCR技術を用いた帳票データの自動読込み、データ化(見積書・請求書など)
・ダッシュボード画面によるKPI・KGIの閲覧

●サービス紹介ページ
https://builbo.ai


■株式会社FACTORIUM
https://factorium.co.jp/

■「TAKENAKAアクセラレーター」について
●概要

『「まち」でつなぐ、「未来」へつなげる』 をキャッチコピーに、まちづくりを通したサステナブル社会の実現に向けて、 人と人、人とまち、過去と未来、リアルとバーチャル、仕事と生活、人と技術、地方と都市などをつなぐことで、革新的な価値の創造を目指します。今後、社会・経済・価値観・ライフスタイルの変化、技術の急速な進展が、 私たちの生活のありようにも大きな変化を与えていきます。
https://takenaka2019.01booster.com/

●参考:TAKENAKAアクセラレーター成果発表
https://01booster.co.jp/news/461


■株式会社FACTORIUMのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000043603.html


■株式会社ゼロワンブースターについて
「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開しています。また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大企業の人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。また、2020年2月から、個人のアイディアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営を行っています。

商号:株式会社ゼロワンブースター
代表者:代表取締役 鈴木規文
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
設立:2012年3月
事業内容:
起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URL:https://01booster.co.jp

※コーポレートアクセラレーターは01Boosterの登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 01Booster >
  3. 2019年度実施「TAKENAKAアクセラレーター」で選抜の『株式会社FACTORIUM』、株式会社竹中工務店とPoCの実績を積み上げ、builboβ版をリリース