SDGs達成を目指して「環境マネジメント全国学生協議会」を設立

Japan Student Environmental Management Network(J-SEMN)

千葉大学、岩手大学、大阪大学など8大学9団体が加盟する「環境マネジメント全国学生協議会」が2019年9月10日に設立されました(http://jsemn.org/)。持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、国内外の学生交流を促進します。また、本協議会は千葉大学環境ISO学生委員会が事務局を務めます。
  • 環境マネジメント全国学生協議会とは
環境マネジメント全国学生協議会(J-SEMN:Japan Student Environmental Management Network)は、環境マネジメントの運用や環境活動に携わる日本の学生団体の間の交流を継続するとともに、海外の大学・学生団体との交流の促進となるため、国内における学生団体の連携組織として2019年9月10日に設立されました。

第13回環境マネジメント全国学生大会の様子第13回環境マネジメント全国学生大会の様子


学生団体の交流や情報交換の場としては、2007年から全国大会を開催しており、その継続・発展を行っていきます。また、持続可能な開発目標(SDGs)が世界共通語になり、持続可能な社会に向けて世界中が取り組む中で、海外と情報交換や交流を行うための窓口的な役割を担っていきます。

本協議会は今後、①環境マネジメント全国学生大会の円滑化、②海外の環境マネジメントに関する学生との交流、③協議会公式ウェブサイトの運営を通じた活動内容の広報、の3つを具体的な事業として実施していきます。
公式ウェブサイト http://jsemn.org/
 
  • 設立総会

設立総会の様子設立総会の様子

2019年9月10日に千葉大学において「第13回 環境マネジメント全国学生大会」が開催され(主催:千葉大学環境ISO学生委員会)、その中で本協議会の設立総会が行われました。総会の中では設立の目的や意義の共有、協議会メンバー団体の紹介、公式ウェブサイト(http://jsemn.org/)の紹介、事業計画や予算書の承認、次期会長の選出などを行いました。
次期会長は、来年度の「第14回 環境マネジメント全国学生大会」を主催する、公立鳥取環境大学学生EMS委員会委員長の安宅悠基さんに決まりました。

第13回環境マネジメント全国学生大会について 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000351.000015177.html

新会長のコメント
公立鳥取環境大学学生EMS委員会 委員長 安宅悠基(あたぎゆうき)さん
「環境マネジメント全国学生協議会の設立にあたり、構成員である我々学生団体の連携組織として、意見交換等の交流を通してより活発に環境マネジメントの運営や環境活動を行っていきたいと考えています。また、交流の輪を日本国内だけでなく海外の学生団体にも広げ、海外交流の窓口となることを目標に活動していきたいと思います。」
 
  • 加盟団体一覧
岩手大学環境マネジメント学生委員会
大阪大学環境サークルGECS
岐阜大学環境サークルG-amet
公立鳥取環境大学学生EMS委員会
千葉大学環境ISO学生委員会
中部大学ESDエコマネーチーム
三重大学環境ISO学生委員会
琉球大学エコロジカル・キャンパス学生委員会
学生団体おりがみ環境チーム
(2019年9月10日時点)

※新規の入会も随時募集しております
詳細はこちら http://jsemn.org/free/nyukai

 
  • 本件に関するお問合せ
国立大学法人千葉大学 千葉大学環境ISO学生委員会内
E-mail  info@jsemn.org
  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. SDGs達成を目指して「環境マネジメント全国学生協議会」を設立