小学生が「やる気」をテーマにラムネ商品をプロデュース!新『スイッチONタブレット』が2022年3月に発売決定

やる気スイッチグループの「思考力ラボ」× 春日井製菓

  • 「思考力ラボ」の生徒が春日井製菓の『スイッチONタブレット』リニューアルプロジェクトに参画!夏休みの4週間をかけて13名の小学生が考案
  • 『どうやってパッケージづくりをするのかを知れて面白かった』生徒が“本物”の商品プロデュースを体験
  • 来年3月発売予定、個包装まで「やる気」をふんだんに盛り込んだ商品に!
 

 

『スイッチONタブレット』新パッケージ表面4種『スイッチONタブレット』新パッケージ表面4種


総合教育サービス事業の株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司、以下、やる気スイッチグループ)と春日井製菓株式会社(愛知・名古屋市、代表取締役社長:春日井 大介、以下、春日井製菓)は、本日、やる気スイッチグループが展開する小学生向けの21世紀型スキル育成スクール「思考力ラボ」に通う小学生と春日井製菓が共同企画した、2022年3月発売のラムネ商品『スイッチONタブレット』の新パッケージを発表しました。

 

 この共同企画は、春日井製菓の『スイッチONタブレット』の商品リニューアルに際し、「スイッチ」を共通項としてやる気スイッチグループの思考力ラボと春日井製菓がコラボレーションしたもの。春日井製菓は2020年に発売した当商品のリニューアルにあたり、最も喜ばせたい対象を、これからの未来を創る「子どもたち」に設定。目指すのは、勉強や遊び、習いごとなどのさまざまなシーンで、やる気のスイッチをONしたい時に相棒となるような商品にすること。この春日井製菓のニーズに応えるべく思考を凝らしたのが、「思考力ラボ」に通い、当プロジェクトに参加した、小学生13名です。

レッスン風景レッスン風景


「思考力ラボ」では、小学生が興味を持って取り組めるテーマを毎月設定し、無学年制のグループ形式でリサーチや議論、実地調査や検証、最終週となる4週目には発表を行っています。テーマは、スポーツ・科学・経済・遊びなど多岐にわたり、幅広い視野や多様な考え方を養うもので、これまで扱ったテーマは「未来のお金はどうなる?」「食べること、食べもの」「歴史上の人物と街を作るなら?」など。今回のプロジェクトは、生徒が日ごろのレッスンで培った思考力を発揮・実践する場となり、商品プロデュースの「本物」を体験する機会にもなりました。

 

今回は夏休みの特別プログラムとして、小学1年生~6年生までの男女13名がひと夏をかけて『スイッチONタブレット』の新パッケージをプロデュース。全4回のレッスンには、春日井製菓の社員もナビゲーターとして参加し、パッケージ案が練られました。ラムネの種類や市場の研究にはじまり、小売店でのパッケージ調査、オンライン工場見学、そして、生徒たちによるデザイナーへのパッケージ案のプレゼンテーション。生徒たちは、買い物に行く際に商品の陳列をチェックするようになるなど、回を重ねるごとに当プロジェクトの「やる気スイッチ」が入っていきました。

10月には、生徒たちが春日井製菓の東京支店を訪問し、デザイナーからの決定案の発表、その決定までの過程の説明を受ける特別レッスンを実施。生徒たちがこだわった「やる気の出る色」や「ぶどう糖95%」の強調などが採用される形となりました。さらに、ラムネの個包装には、子どもたちへのアンケートから選ばれた37通りの「やる気の出る言葉」がデザインされています。参加した生徒たちは、当プロジェクトを振り返り、「どうやってパッケージづくりをするのかを知れて面白かった」「デザイナーさんからの質問に答えたりするのは難しかったけれど、楽しかった!」と感想を話しており、商品プロデュースを通じての成長をのぞかせています。

 

当プロジェクトに参加した生徒13名と担当講師当プロジェクトに参加した生徒13名と担当講師


思考力ラボの責任者である株式会社やる気スイッチグル―プの松井 美樹は「子どもたちに“本物”を感じてもらいたい、というのが当プロジェクト参画の最大の目的でした。一人ひとりがパッケージのみならず、“どうしたら売れるか”まで考え抜き、チームでアイデアをまとめあげた過程で思考力が磨かれていきました。春日井製菓さんに“まるで社内会議のようだ”と言っていただけたのは、生徒たちの大きな励みになりました」と話しています。また、春日井製菓株式会社 マーケティング部 部長 原 智彦氏は「好奇心に満ち溢れ、自由闊達な子どもたちとの共創は、我々メーカーにとって貴重な発見の連続でした。この商品を通して、家族や友達との間でクスっとした笑いを生んだり、がんばろうと思えるキッカケを増やせたらうれしいです」と語っています。

 

【『スイッチONタブレット』 商品概要】

 

 

パッケージ裏面パッケージ裏面


■商品名:
スイッチONタブレット

■発売日:
2022年3月28日(月)

■販売店舗:
全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア等を予定      

■パッケージ種類
表面 全4種類 

■パッケージで採用となった生徒アイデア
◇表面:配色、題字制作
◇裏面:生徒が描いたイラスト、「やる気が出る言葉」
(裏面には、本プロジェクトの説明も掲載)

 

 

 

個包装の一例個包装の一例

■個包装:
ひとつずつに「やる気が出る言葉」を印字。全37種類。
ごくまれに自由に書き込める空欄版と「やる気を失う言葉」版が入っています。「やる気が出る/失う言葉」は、当プロジェクト参加生徒13名および、やる気スイッチプレミアムクラブ会員へのアンケート調査にて収集。
例:「やればできるよ!がんばろう!」「未来の自分、待ってろ」

 






◇◇◇

株式会社やる気スイッチグループ

やる気スイッチグループは、個別指導塾「スクールIE®」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ®」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe®(ウィンビー)」、英語で預かる学童保育「Kids Duo®(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン®」、バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International®)」「アイキッズスター(i Kids Star®)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外でおよそ1,900以上の教室を展開し、11万人以上の子どもたちの学びをサポートしています。2020年には「プログラミング教育 HALLO powered by Playgram x やる気スイッチ™」「英語みらいラボ 能見台」「思考力ラボ」といった新しい学びのサービスを立ち上げました。

やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。公式サイトURL:https://www.yarukiswitch.jp/

やる気スイッチグループは、私たちと共に子どもたちの学びを支援していくフランチャイズオーナーを募集しています。フランチャイズオーナー募集サイトURL: https://www.yarukiswitch.jp/fc/


春日井製菓株式会社

1928年に愛知県名古屋市で創業し、現在はキャンディ、グミ、ラムネ、こんぺいとう、豆菓子など幅広い年齢層に支持される菓子を手掛ける菓子メーカー。主力商品として『黒あめ』『塩あめ』『キシリクリスタル』『つぶグミ』『グリーン豆』など。商品アイデアや業務改善など、年齢や部署を超えて全員が主体的に参加できる制度やワークスタイルを採っています。 https://www.kasugai.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やる気スイッチグループ >
  3. 小学生が「やる気」をテーマにラムネ商品をプロデュース!新『スイッチONタブレット』が2022年3月に発売決定