WDIが台湾にハワイ発祥のカジュアルレストラン「エッグスンシングス」を出店

2018年7月20日 台北市・信義の商業施設「Breeze Song Gao」にオープン

国内外にレストランを展開する株式会社WDI(本社:東京都港区、代表取締役:清水 謙)は、連結子会社のWDI Asia. Ltd.(本社:中華人民共和国香港特別行政区、代表者:清水謙)と台湾法人TTFB World Co., Ltd. (本社:台湾新北市、代表者:Chen I Hsu)との合弁会社New Taste Restaurant Group(本社:台湾新北市、代表者:Chen I Hsu)を通じて、7月20日(金)にハワイ発祥のカジュアルレストラン「エッグスンシングス」台湾第1号店となる台北微風松高店を台北市の商業施設「Breeze Song Gao」1階に出店します。
国内外にレストランを展開する株式会社WDI(本社:東京都港区、代表取締役:清水 謙)は、連結子会社のWDI Asia. Ltd.(本社:中華人民共和国香港特別行政区、代表者:清水謙)と台湾法人TTFB World Co., Ltd. (本社:台湾新北市、代表者:Chen I Hsu)との合弁会社New Taste Restaurant Group(本社:台湾新北市、代表者:Chen I Hsu)を通じて、7月20日(金)にハワイ発祥のカジュアルレストラン「エッグスンシングス」台湾第1号店となる台北微風松高店を台北市の商業施設「Breeze Song Gao」1階に出店します。

「エッグスンシングス」は1974年ハワイに誕生して以来、一日を通じてパンケーキやオムレツなどの朝食メニューが楽しめるカジュアルレストランとして、地元の人々、ハワイを訪れる世界中の旅行客に人気となりました。WDIでは、連結子会社の株式会社WDI JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役:清水謙)を通じて、現在、日本国内19店舗のうち8店舗を運営しています。

台北微風松高店では、流行に敏感な現地20~30代の女性、日本人を含む台湾在住の外国人をターゲットに、日本の店舗同様に朝食メニューのほか、ハワイのローカルフードやアメリカンメニューを提供。アルコールもオリジナルカクテルからフルーティーなトロピカルワインまで各種用意し、朝食からディナーまで幅広いシーンでご利用頂けます。

今後、台湾では積極的な展開を進め、当面6店舗の出店を計画しています。

1. エッグスンシングス 台北微風松高店の概要
所在地 :1F, Breeze Song Gao, No. 16 Songgao Road, Xinyi District, Taipei City, Taiwan 110
営業時間:日曜~水曜 9:00~21:30 (21:00ラストオーダー)
     木曜~土曜 9:00~22:00 (21:00ラストオーダー)
店舗規模:82.4坪、100席
開業日 :2018年7 月20日(金)

2. 株式会社WDIの概要
会社名:株式会社WDI
所在地:東京都港区六本木5-5-1 ロアビル8階・9階
代表者:清水 謙

1972年外食参入以来、「ダイニングカルチャーで世界をつなぐ」を企業理念とし、「トニーローマ」、「ハードロックカフェ」、「カプリチョーザ」など、最初期よりマルチブランド展開を推進。1980年米国ハワイ州への「トニーローマ ワイキキ店」を皮切りに海外展開を開始。近年では「サラベス」、「エッグスンシングス」等の米国朝食文化を日本へ輸入。2014年「ウルフギャング・ステーキハウス」、2018年「ブヴェット」と「添好運」を日本へ導入。現在24の外食ブランドを7つの国と地域で188店舗展開。2006年ジャスダック上場。
公式サイト: https://www.wdi.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WDI JAPAN >
  3. WDIが台湾にハワイ発祥のカジュアルレストラン「エッグスンシングス」を出店