日経バーチャル・グローバルフォーラム「宇宙の未来」、12月8日に開催

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:長谷部剛)は12月8日、宇宙をめぐる様々なトピックを幅広く議論する日経バーチャル・グローバルフォーラム「宇宙の未来」(https://www.global-nikkei.com/nvgf-space/)を開きます。

地球上の課題解決の可能性を秘める宇宙の存在は、各国政府・産業界にとって新たなフロンティアと位置づけられ、宇宙旅行や民間参入など新たなプレーヤーによって、その裾野は拡がっています。本フォーラムではそんな宇宙開発を推し進める日米の第一人者が一堂に会し宇宙の未来について議論します。

講師は、ビル・ネルソンNASA長官、末松信介文部科学大臣、ピーター・プラッツァー米スパイア・グローバルCEO、金井宣茂JAXA宇宙飛行士ほか、宇宙開発を担う企業代表者や専門家を予定しています。司会は元JAXA宇宙飛行士の山崎直子氏、NASAアジア担当代表のガーヴィー・マッキントッシュ氏、日本経済新聞編集委員の小玉祥司です。


開催趣旨
かつて遠い存在の象徴として語られた宇宙が様々な面で身近な存在になりつつあります。SF映画の世界の出来事だった宇宙旅行が現実に語られ、小惑星探査機「はやぶさ」の活躍などで日本でも空前の「宇宙ブーム」が到来しています。

宇宙ビジネスに目を向ければ、長らく世界の宇宙開発をリードしてきた米国では、いち早く官から民間企業への産業移管がすすみ多くの新規プレーヤーが活躍しています。日本においても近年、宇宙関連法の整備がすすみ、民間企業が宇宙開発に参入する道が広がり、宇宙ビジネスに関するニュースも頻繁に見聞する時代になってきました。

当フォーラムでは、米国と日本の連携をバックボーンとして、月旅行から新たなビジネスチャンスとしての場、そして未来のパワーゲームの舞台など宇宙を巡る様々なトピック、案件、ビジョンを多岐にわたって議論し、老若男女が一様に宇宙に関する知識、教養を高められる包括的な「宇宙シンポジウム」を目指します。

イベント概要

  • 日時 12月8日午前9時~17時10分(日本時間)
  • 場所 オンライン開催。日英2か国語で放送し、開催後はアーカイブでご覧いただけます。
  • 価格 視聴無料。フォーラムの詳細とご登録はこちらから。https://www.global-nikkei.com/nvgf-space/
  • お問い合わせ  NVGF「宇宙の未来」事務局 nvgf-space@nex.nikkei.co.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本経済新聞社 >
  3. 日経バーチャル・グローバルフォーラム「宇宙の未来」、12月8日に開催