イベントシーズンは要注意!?「(画像を)盛られたくないのに、もられた!」49.5% 女性の盛られ画像被害多数!「よく盛られすぎて、逆につらい。。」「もはや誰だかわからない」

現代の社会問題!?「盛られハザード」の新実態!!

カメラアプリ等で画像を加工する「盛る」ことが、若者を中心に一般化しているなかで、盛られたくないのに盛られる被害「盛られハザード」が社会問題化(!?)
これからのクリスマスや忘年会などのイベントシーズンは、更なる「盛られ」被害の拡大が予想されます。
そこでマンダムは(https://www.mandom.co.jp/)、10~30代の女性240人を対象に、盛られ被害の実態を調査しました。
【調査概要】インターネット調査 対象:スマートフォン使用者 10~30代女性 240名
  • 「(画像を)盛られたくないのに、盛られた!」 女子の「盛られハザード」経験者 49.5%


他の人から盛られた(画像加工された)ことがある女性は7割以上で、そのうちの約半数は、盛られたくないのに盛られる「盛られハザード」被害者である事が判明!
「インスタ映え」の流行で、画像の「盛り」加工が増えるなか、盛られ被害も拡大中!?
 
  • 「どうか、なかったことにしてください。。」この世から消して欲しい盛られ画像が「ある」46.2%


また人に見られたくないような「この世から消して欲しい盛られ画像がある」と回答した人も、46.2%という結果に。他の人にとっては、「可愛い」「おもしろい」画像でも、本人にとっては、誰にも見て欲しくない画像である可能性も!
SNS等で画像をUPしたり、共有する際は、写っている人にちゃんとOKをもらう事が、トラブル回避に!
 
  • リアルとギャップあり過ぎ。。「良く盛られ過ぎて、つらい」38.5%


被害の実態は、
・「良く盛られ過ぎ」38.5%
・「もはや誰だかわからない」23.1%
と、「盛られ画像」とリアルのギャップがあり過ぎ被害が多いようです。

その他、以下のような盛られエピソードが。共感できる「盛られあるある」があるかも!?
  • 女子たちの盛られエピソード
・顎が削られすぎて、宇宙人みたいだった。
・加工しすぎて現物と違いすぎて、ひかれた。。
・盛られすぎて背景が歪んでた
・大勢で全員が同じ顔になるアプリで撮った時、全員私の顔になった瞬間、みんなが「これ誰?」となり、自分の顔が覚えられてないことにショックだった
でか目加工されて、妖怪になった
・お父さんと顔交換しても、どっちも同じ顔だった(似すぎ)
脚が長く見える加工で、腕が長くなってた
  • 「盛られハザード」対処法は、「加トちゃんぺ」!!
イベントシーズンは、更なる「盛られハザード」被害者の増加が予想されます。
そんな「盛られハザード」を簡単に回避する方法を発見!「盛られ」の危険を感じたら、かわいく「加トちゃんぺ」!


女子も共感できる!?盛られたくないのに盛られた!男性の盛られ被害者たちによる「盛られハザードの唄」 

 

『盛られハザード』特設サイト
https://www.gatsby.jp/special/cp/morare-hazard/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)マンダム >
  3. イベントシーズンは要注意!?「(画像を)盛られたくないのに、もられた!」49.5% 女性の盛られ画像被害多数!「よく盛られすぎて、逆につらい。。」「もはや誰だかわからない」