ご自宅からでもみんなで合奏が楽しめる ヤマハ オンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM』 ベータ版公開中、2020年6月頃より正式公開予定

ヤマハ株式会社は、2020年6月頃より、離れていてもご自宅などから複数人で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM(シンクルーム)』を公開します。

『SYNCROOM』は、インターネット回線を介して遠隔地間の音楽合奏を実現し、複数のユーザー同士(最大5拠点)でオンラインセッションが楽しめるサービスです。インターネット回線に繋がったご自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を行うことで、合奏に適したさまざまな機能を利用してオンラインセッションを無料で楽しむことができます。
 


『SYNCROOM』公式サイト
https://syncroom.yamaha.com/


一般的なIP電話や遠隔会議システムは通話や会議を想定して設計されていることから、一定の音声の遅れが生じます。そのため、こうしたシステムでは、お互いの音を同時に聞きながら合奏することは難しくなります。そこで『SYNCROOM』では、インターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信を極力小さな遅れで実現する当社独自の技術※1を使用することで、遠隔地間でも違和感をほとんど感じることなく※2快適にオンラインセッションを楽しめるサービスを実現しました。


<ベータ版を無償公開中、ご自宅からでも今すぐみんなで合奏が楽しめる>
現在、『SYNCROOM』に先行して、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2 」※3を公開中です。以下のサイトより、Windows / macOS版アプリケーションをダウンロードのうえ無料で利用できます。
「NETDUETTO ラボ」:https://www.netduetto.net/


新型コロナウイルスの感染拡大により多くの活動が制限される中、当社のサービスがご自宅等から安心して合奏を楽しむ一助となり、日常を少しでも明るいものに変えるきっかけとなればと考えています。

なお、『SYNCROOM』のさらなる詳細や具体的な公開日につきましては、公式サイトやニュースリリースを通じて適宜お知らせする予定です。
 

『SYNCROOM』アプリ画面イメージ ※開発中につき変更となる可能性があります。『SYNCROOM』アプリ画面イメージ ※開発中につき変更となる可能性があります。



<ご参考>
2019年12月、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と共同で、オンラインバンドセッションの体験イベントを実施しました。「NETDUETTO β2」を用いて、東京都品川シーサイドと静岡県浜松市の子どもたちが、遠隔地にいながらもその場でバンドを結成してセッションを楽しみました。当日の様子を以下よりご覧いただけます。(動画掲載あり)

ソニーネットワークコミュニケーションズ「NUROで遠隔バンド体験!新たなCSR活動のトライアル」:
https://www.sonynetwork.co.jp/corporation/event/2020/online/00.html



※1 低遅延音声データ伝送技術について https://www.netduetto.net/about/
※2 ご利用のネットワーク回線の状況により遅延性は異なります。
※3 現在提供中の「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」は2020年秋頃にサービス終了となる予定です。  『SYNCROOM』への移行にあたり、改めてアプリケーションのインストールが必要となります。



『SYNCROOM』公式サイト
https://syncroom.yamaha.com/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/



※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマハ株式会社 >
  3. ご自宅からでもみんなで合奏が楽しめる ヤマハ オンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM』 ベータ版公開中、2020年6月頃より正式公開予定