ヤマハとドワンゴ、最新技術の共同実験を「ニコニコネット超会議」で実施 ご自宅の声援を生放送の場に音で届けることが可能に

~「SoundUD™」による遠隔応援システムで新しい視聴体験の提供に挑戦~

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田卓也、以下、ヤマハ)と株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、現在開催中の「ニコニコネット超会議2020」のプログラムの一つとして4月19日(日)に生放送される「超リモート歌ってみた~おうちで開催 テレビ電話でカラオケ大会~」で、ヤマハが現在開発を進める遠隔応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)』の共同実験を行います。

実験イメージ:国内外の視聴者の声援や拍手を統合、会場に設置されたスピーカーから再生実験イメージ:国内外の視聴者の声援や拍手を統合、会場に設置されたスピーカーから再生



●声援を自宅から、遠隔地の出演者に届ける
この実験は、「ニコニコネット超会議2020」内で行われる生放送番組の出演者に届くよう、ご自宅からでも画面の向こうの会場に声援などを直接音で届けることができる、ユーザー参加型の共同実験です。「超リモート歌ってみた~おうちで開催 テレビ電話でカラオケ大会~」の生放送中に、『Remote Cheerer powered by SoundUD』の対応アプリ「おもてなしガイド」※1を用いることで、ご自身の声や拍手、サウンドエフェクトなどを、会場に設置されたスピーカーを通じて音で届けることができます。スピーカーは会場各所に設置されており、どのスピーカーから音を出すかもアプリから選択できるため、あたかも観客席にいるかのような感覚で白熱の声援を届けられます。

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言が発令されるなど、多くの活動が制限されています。ヤマハとドワンゴは、今回の共同実験によって、視聴者の皆様の声を少しでも多く現場に届け、視聴者と出演者の皆様が一体となって楽しめる、臨場感に溢れたインタラクティブな視聴体験を提供したいと考えています。


<対象プログラム>
・生放送タイトル:「超リモート歌ってみた~おうちで開催 テレビ電話でカラオケ大会~」
・放送日時:4月19日(日)13時~
・番組URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv325251964
・実験内容:DAMの家庭用カラオケアプリを用い、採点機能や視聴者アンケートを用いた勝ち抜き歌合戦を実施、生放送します。歌っているご本人はニコニコ生放送のコメントを読むことができないため、スピーカーを設置し、視聴者の応援の声を届けます。


<「おもてなしガイド」アプリでの実験参加方法>
1. App Store、Google Playより「おもてなしガイド」アプリをスマートフォンなどにインストール
2. 対象プログラムの放送中にアプリを起動し、「ニコニコネット超会議」のアイコンをタップ
3. アプリに表示される操作方法に従い、声援や拍手などを現場に送信

アプリ料金:無料 http://omotenashiguide.jp/

部のプログラムでは、「おもてなしガイド」等の「SoundUD」対応アプリに対して、「SoundUD」の多言語同時翻訳システムを用いた多言語配信も行う予定です。


<遠隔応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)』>

 


昨今、テレビやラジオのみならず、ストリーミング配信、パブリックビューイングなどを通じて、音楽ライブややスポーツ中継、講演会などを離れた場所から鑑賞する機会が増えつつあります。しかし一方で、遠隔地やご自宅で鑑賞される方の熱い声援を会場に直接音で届けることは出来ていません。本システムは、こうした課題を解決するために開発が進められている特許出願済みの新技術です。子育てや入院などで会場に行きたくても行けない方や、海外などの遠方にお住まいの方でも、「おもてなしガイド」※1などの対応アプリを使用することで、ご自身の声援を会場に設置したスピーカーを通じて、音で現場に届けることができます。ほかにも、放送と連動して視聴者限定コンテンツやサービスをスマートフォンに提供したり、ユーザーから送られてきた音声に連動して会場のサイネージの表示コンテンツを切り替えたりするなど、「SoundUD」※2の技術を活用して、遠隔地と会場をつなぐインタラクティブな演出を容易に行えるシステムです。

※1 一般社団法人音響通信協会が提供する「SoundUD」対応アプリケーション。http://omotenashiguide.jp/
※2 「SoundUD推進コンソーシアム」(事務局:ヤマハ株式会社)が普及推進する音のユニバーサルデザイン(Sound Universal Design)を実現するための技術。「SoundUD」対応スポットでは、対応アプリを通じて、音や空間と連動して、その場で必要となる様々な情報に簡単にアクセスできます。



<ニコニコネット超会議2020 Supported by NTT 開催概要>
「ニコニコネット超会議2020」は、毎年4月に開催していた「ニコニコ超会議2020」の日程に新たに6日間を加え、4月12日(日)~4月19日(日)の計8日間にわたり開催するネットイベントです。開催期間中は、niconico公式サイトのTOPページが【ネット超会議会場】となり、日本に存在する様々なエンターテインメントを集合させ、日本最大のインターネットの祭典を目指します。

・開催日時:2020年4月12日(日)~19日(日)
・主催:ニコニコ超会議実行委員会
・超特別協賛:NTT
・ニコニコネット超会議2020公式サイト :https://chokaigi.jp
・ニコニコネット超会議2020公式Twitterアカウント:https://twitter.com/chokaigi_PR




ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/



※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマハ株式会社 >
  3. ヤマハとドワンゴ、最新技術の共同実験を「ニコニコネット超会議」で実施 ご自宅の声援を生放送の場に音で届けることが可能に