植物由来の「パテ」を使用したハンバーガー「ビヨンドバーガー」を提供

~日本の航空会社初、ロサンゼルス・サンフランシスコ発ファーストクラスにて期間限定採用~

2020年2月26日

  JALは、2020年3月1日から5月31日の期間限定で、ロサンゼルスおよびサンフランシスコ発東京行ファーストクラス機内食のアラカルトメニューとして、Beyond Meat社(本部アメリカカリフォルニア州エル・セグンド)の植物由来のパテを使った「ビヨンドバーガー」を提供します。
 

  今回採用する「ビヨンドバーガー」のパテは、植物の遺伝子組み換えなどは行わず、グルテンフリーでエンドウ豆を中心とし、見た目や食感も、動物肉に近い形で作られたプラントベースドミート(植物肉)です。
  近年、欧米諸国を中心にベジタリアンやヴィーガンの方だけでなく、健康面を配慮し、意図的に肉の摂取を控え、植物由来のプラントベースドミート(植物肉)を選択する方も増加傾向にあります。さらに、この製品の生産に際し放出されるCO₂などの温室効果ガスは、通常の畜産と比較し90%削減されるなど、環境面においても優れていると評価されています。

  JALは今後も最新のトレンドや社会状況、マーケット情報に注視しつつ、美味しさや健康面に配慮するだけでなく、環境にも優しい新食材の採用などにも挑戦してまいります。

【サービス概要】
■ 提供期間         :  2020年3月1日(日)~5月31日(日)
■ 提供路線(便名) :  ロサンゼルス発         成田行(JL061)3月28日まで
                                                            羽田行(JL015)3月29日から
                                サンフランシスコ発  羽田行(JL001)
■ 対象クラス     :   ファーストクラス (アラカルト)
■ メニュー概要   :   Beyond Meat社「ビヨンドバーガー」
                                パテは原料にエンドウ豆などを使用した、環境にも優しい植物由来のハンバーガーです。

【Beyond Meat社について】
Beyond Meatは、ミッションとして、動物肉から植物由来の肉に移行することにより、人間の健康、気候変動、天然資源、および動物福祉という4つの世界的な社会課題の解決につながると考えています
https://www.beyondmeat.com/

                                                              以上
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本航空株式会社 >
  3. 植物由来の「パテ」を使用したハンバーガー「ビヨンドバーガー」を提供