プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

BEENOS株式会社
会社概要

越境EC No.1の「Buyee」が購買データを見える化する「ダッシュボード機能」を提供開始

~ 海外販売の伸長に必要なデータをオールインワンで提供 ~

BEENOS株式会社

BEENOS株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社で、越境EC 流通総額 No.1(※1)の海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」を運営するtenso株式会社(以下「tenso」)は、「Buyee」およびタグ設置のみで海外販売可能な「Buyee Connect」連携企業の海外マーケティング支援を目的として、「ダッシュボード機能」の提供を2022年4月より開始しました。本機能により、海外ユーザーのデモグラフィックおよび購買データをリアルタイムで可視化、売上や注文件数、注文単価などの推移も確認できるようになり、これを用いたデータ分析によって、最適な海外向けマーケティングやプロモーション策定が可能となります。

■Buyee Connectの紹介:URL https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/
 

 
  • 1) 新機能提供の背景
 BEENOSグループでは、海外向けプロモーション設計やKOL活用、海外向け広告/SNS運用、現地イベント開催など、越境EC導入後の流通の伸長を支援するプロモーションを日本企業に向けて提供してきました。
 2021年の世界の越境B2C電子商取引市場規模は7,657億3,000万米ドルで、2022年から2030年までで年平均成長率(CAGR)26.2%で成長すると見込まれています。(※2)成長著しい巨大な世界市場に向けた越境ECでは、リアルタイムな購買データから見える自社商品の海外需要の把握と、その分析によるエリア・言語・時節に特化したプロモーションが求められます。そこで、tensoは日本企業の最適な海外向けマーケティングやプロモーションに活用いただくべく、越境ECの購買データを見える化する「ダッシュボード機能」の提供を開始しました。

 また、機能開発にあたって、「Buyee Connect」導入企業の要望を反映して、従来は月次で提供していた購買データをリアルタイムで確認できるようにしました。これまで該当データを月次でご利用いただいていた企業からは、「アクセスはあったが、購入に至っていなかったお客様が購入してくれるようになったことが数値でもわかり、データを元に設計したプロモーションの効果を実感しています。」という声をいただいています。

 
  • 2) 「ダッシュボード機能」の紹介
1.海外ユーザーのデモグラフィック/購買データをリアルタイムでエクスポート可能
自社ECサイトにおける「Buyee Connect」経由の海外ユーザーからの注文情報をリアルタイムでエクスポートできるようになります。これにより、「どんなお客様がどのエリアからどういった言語を使用して、何の商品を買っているのか?」が可視化され、自社商品の海外需要を掴むことができます。

<閲覧可能な項目>
・デモグラフィック:ユーザー区分(新規利用者/既存利用者)、登録国、選択言語、性別、年齢
・購買データ:購入日、購入商品名、購入数量、購入金額
※Buyee発行のパラメータ経由有無のエクスポートも可能


2.売上や注文件数、注文単価などの推移も週次で確認可能
週次、月次での売上や注文件数、注文単価などの推移グラフもいつでも確認できるようになります。これにより、国ごとの購買タイミングの違いや年間での需要の変化の把握、自社のプロモーションやキャンペーンの効果検証が可能となります。

<閲覧可能な項目>
・売上推移(全体/国別)
・注文件数推移
・注文単価
・購入者数推移(全体/国別/性別/年代/新規・既存)

※「ダッシュボード機能」はオプションでご利用いただけます。


「ダッシュボード機能」で閲覧可能な海外販売データのイメージ
 

 
  • 3) 「ダッシュボード機能」を試験導入いただいた企業様のコメント
タビオ株式会社 様
メインターゲット国以外でも購入されている国がわかる、購入単価が想定と異なっているなど、従来は見えていなかった海外での商品需要を具体的に掴むことができました。注力エリアが明確になり、海外向けプロモーションの実施に踏み切りました。今まではアクセスはあったが、購入に至っていなかったお客様が購入してくれるようになったことが数値でもわかり、データを元に設計したプロモーションの効果を実感しています。

「Buyee Connect」を導入いただいている「靴下屋公式通販 Tabio オンラインストア」
URL: https://tabio.com/jp/
 


 ※越境EC導入後のインタビュー:https://beecruise.co.jp/case/case_006.html

 
  • 4)Buyee Connectサービス内容
 「Buyee Connect」は、タグ設置のみで自社ECサイト上に海外専用カートを簡易に開設することができる海外向けの購入サポートサービスで、従来の「Buyee」よりも手軽に海外対応が可能です。本連携により、海外のお客様が連携サイトにアクセスした際にサイト上に海外専用カートが表示され、お客様は海外専用カート上の表示言語を、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語から選択することができます。商品選定後、海外専用カートで注文へ進むボタンを押すと、Buyee上で決済手続きができ、海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができます。さらに、Buyeeが海外発送手続きや多言語でのお客様のお問合せサポートなどを行います。これにより、海外のお客様は日本のECサイト上で商品を選定できるようになるほか、日本のECサイト事業者様の商品登録の手間を軽減し、より簡易に海外対応を実現します。

 「Buyee」は、330万人以上(※3)の会員数を抱えリピーターも多いサービスです。アメリカや中国、台湾エリア等に向けた独自物流構築による安価な国際配送料、一律300円/オーダー毎の明朗かつ割安な手数料で、海外のお客様が少ない負担で日本の商品を購入いただける仕組みを提供しています。また「Buyee」では、越境ECにチャレンジする企業様をサポートするキャンペーンを定期的に開催し、日本の企業の越境ECでの流通拡大に貢献できるように努めています。


【越境EC支援サービス「Buyee Connect」導入による、越境EC展開のイメージ】


■Buyee が提供する海外販売のサポート内容
◆タグ設置のみで、自社ECサイト上に多言語海外専用カートを開設
◆データフィード連携、商品登録の必要なし
◆多様な決済手段に対応…Paypal、Alipay、銀聯クレジットカード等各種クレジットカード、台湾向けにAFTEE
◆豊富な配送手段に対応…DHL・EMS・SAL便・FedEx・国際小包・船便など
◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供
◆不正決済防止…ECサイト事業者様側には不正決済のリスクがない、Buyeeによる購入サポート


■Buyee Connectが定期的に開催する、企業様支援キャンペーン
「Buyee Connect」では、海外のお客様の国際配送料を無料にするなど、越境ECにチャレンジする企業様をサポートするキャンペーンを定期的に開催しており、日本の企業の越境ECでの流通拡大に貢献できるように努めています。

<キャンペーン実績>
◆「アパレル・ライフスタイル企業応援 Buyeeキャンペーン開催」
https://beenos.com/news-center/detail/20210712_bcr_pr/
◆「エンタメ・アパレル企業応援 Buyeeキャンペーン開催」
https://beenos.com/news-center/detail/20210628_bcr_pr/


■Buyee Connect導入をお考えの方のお問合せ先
BeeCruise株式会社(営業窓口・BEENOSグループ)
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/

[越境ECに関するお役立ち情報の無料ダウンロード]
https://marketing.beecruise.co.jp/documents


<日本企業の海外販売を支援する「Buyee」 「言語」「決済」「物流」の3つの壁を解消>
Buyeeは、日本企業の越境ECをサポートする購入サービスです。海外販売の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消し、サービス利用料も0円から対応可能です。Buyeeを導入することで、一括で世界118ヶ国/地域に販売できます。さらに、2020年より新サービス「Buyee Connect」を提供開始し、タグ設置のみで自社のECサイト上に海外専用カートを開設することができ、より手軽に越境ECがスタートできるようになりました。BEENOSグループは越境EC黎明期である2008年より海外転送サービスである「転送コム」事業を開始し、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。海外への販売環境の構築に留まらずユーザー獲得や集客支援も提供しており、手厚い海外販売支援が評価され、2,700以上の国内ECサイトの海外進出のサポート実績があります。(※3)

なお、海外のお客様からは、配送手段や決済手段が多様であること、アメリカや中国、台湾エリア向けの独自物流構築による国際配送料の安さ、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど高いサービスレベルが好評で、現在会員数は330万人以上に上ります。(※3)さらに、出店企業と公式で連携していること、10言語に及ぶカスタマー対応など安心のサポート体制で、リピーターも多いサービスです。


(※1)国内越境EC 年間流通総額 No.1。
該当サイトにおける海外個人を対象とした日本から海外への年間流通総金額。東京商工リサーチ調べ(2021年5月時点)
         https://beenos.com/news-center/detail/20210607_bns_pr/
(※2)2022年03月25日にREPORT OCEANが発行したレポートよりhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005786.000067400.html
(※3)「Buyee」と越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」を合わせた数字、2021年9月末現在



【tenso株式会社の概要】
国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)と「Buyee」(海外向け購入サポートサービス)の2つのサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、会員の決済サポートを行います。現在までに合計2,700以上のECサイトに導入いただいており、配送対象国は118ヶ国/地域に上ります。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は330万人以上となりました。

(1)社名 : tenso株式会社
(2)代表者: 代表取締役社長 直井 聖太
(3)本店所在地 : 東京都品川区北品川四丁目7番35号
(4)設立年月 : 2008年7月
(5)資本金: 100百万円  
※BEENOS株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社です。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ネットサービスEC・通販
関連リンク
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

BEENOS株式会社

48フォロワー

RSS
URL
https://beenos.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー7F
電話番号
-
代表者名
直井聖太
上場
東証プライム
資本金
27億7584万円
設立
1999年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード