アデコ、人工知能(AI)によるマッチング精度向上のため筑波大学と共同研究を開始

-機械学習により登録情報を解析し、より最適な仕事紹介を目指す-

アデコは、登録者の特性を的確に解析し、精度の高いマッチングを実現するため、筑波大学ビジネスサイエンス系木野泰伸准教授と人工知能(AI)を利用した効率的なマッチングに関する共同研究を開始します。
世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、登録者の特性を的確に解析し、精度の高いマッチングを実現するため、筑波大学ビジネスサイエンス系木野泰伸准教授と人工知能(AI)を利用した効率的なマッチングに関する共同研究を開始します。

仕事紹介に必要な情報を大別すると、経験や資格といった体系化・形式化され可視化できるハードスキルと、コミュニケーション能力や柔軟性など非定形的で可視化が難しいソフトスキルが存在します。特に、ソフトスキルは仕事紹介において非常に重要な要素であるにも関わらず、その範囲が多岐におよぶため、マッチングに反映することが難しい情報の一つです。このソフトスキルの情報を機械学習により解析し、求人情報と照合させることで、より精度の高いマッチングを実現することを目指しています。

今回の共同研究によりマッチング精度を高めると同時に、お仕事紹介までの時間を短縮させ、より迅速な仕事紹介の実現も目指しています。短縮した時間を専任のキャリアコーチによるキャリアカウンセリングに充て、派遣社員が職場で即戦力として活躍できるようキャリア開発を充実させる予定です。

アデコでは、「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる」というビジョンを掲げ、派遣社員一人ひとりに専任担当者がコーチングを行うキャリアコーチの体制を整え、派遣社員の価値観やキャリアに対する志向に寄り添ったキャリア開発を目指しています。人財サービスのグローバルリーダーとして、雇用・労働に関わるさまざまな施策を展開することで、働く人々のキャリアの開発と雇用の安定化をサポートするとともに、企業の業績向上にも寄与することを目指してまいります。
(*1) :Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アデコ >
  3. アデコ、人工知能(AI)によるマッチング精度向上のため筑波大学と共同研究を開始