西本智実×高見沢俊彦、新たなステージで誕生した“音楽の革新”「INNOVATION CLASSICS 西本智実×高見沢俊彦」東京公演が実現、テレビ特番の放映も決定!

西本智実と高見沢俊彦という、世界的指揮者と重鎮ロック・ギタリストの話題の競演(2月11日12日Bunkamuraオーチャードホール)は連日完売。昨年2月、クラシック音楽とロックの融合をテーマに西本&高見沢の世界初の競演が実現。ライブDVDも緊急リリースされるなど“音楽界の奇跡の競演”と謳われた。そして、早くも本年2月、さらに進化したふたりの舞台が出現した。公演の目玉であるムソルグスキー「展覧会の絵」に加え、今回の舞台では両日それぞれ異なるTHE ALFEEの楽曲を高見沢のギターサウンド&オーケストラ演奏(西本智実指揮イルミナートフィルハーモニーオーケストラ)のもと披露。11日は「星空のディスタンス」と「Masquerade Love」、12日は「恋人達のペイヴメント」と「Orionからの招待状」を演奏し、ロックのワイルドさがクラシックの荘厳な音響と組み合わさった。高見沢のギターがオーケストラのなかに響かせるTHE ALFEEの世界。幾度となくステージを沸かせて、日本の音楽シーンに輝く名曲たちが、全く新しい音楽の生命を纏って誕生、音楽ファンを魅了した。

写真:加藤千絵(CAPS)写真:加藤千絵(CAPS)


また、ピアソラの「リベルタンゴ」も新しく披露された作品の一つ。ギターとヴァイオリンが壮絶かつピアソラ特有の妖美な世界の中で弾き合いを繰り広げた。そして、オーケストラ全体がそれに反響する艶やかなる演奏で客席を幻惑した。

公演後半は、いよいよクラシック音楽の大作、組曲「展覧会の絵」。昨年よりさらに精度と創造を極めた演奏。そして照明デザインも進化を魅せた。演奏、照明、音響から構成する一大総合芸術として、作品の有する壮大かつ歴史的な世界観を圧倒的な表現力で披露。西本の指揮により、終盤に向けて一体感を増していく様子もダイナミッックでかつ緻密。「観客の皆さんに新しい創造芸術が誕生する瞬間を体感していただきたい」。西本の狙いを強く感じる舞台となった。そして、「INNOVATION CLASSICS 西本智実×高見沢俊彦」の進化はさらに続く。3月11日12日は待望の大阪公演が実現。「INNOVATION CLASSICSは、新しい扉を開く、自分にとっての挑戦です」。新しい音楽表現への高見沢の大きな意思が示す革新の舞台が、フェスティバルホールの大空間に誕生する。西本智実と高見沢俊彦が導く、まさに“ワールドワイド”な舞台を体感する貴重な機会となるに違いない。この注目の舞台をテーマとして特別テレビ番組の放映が決定した。2月24日(金)15:00〜1530放送予定、テレビ大阪『クラシックとロックの競演 西本智実×高見沢俊彦  大阪公演直前スペシャル!』。今回の東京公演の貴重な映像とともに、西本&高見沢への核心に迫るインタビューも注目だ。

写真:加藤千絵(CAPS)写真:加藤千絵(CAPS)


【特別番組放送】
テレビ大阪 2/24(金)15:00〜15:30予定
「クラシックとロックの競演 西本智実× 高見沢俊彦   大阪公演直前スペシャル!

【公演概要】
INNOVATION CLASSICS 2017
TOMOMI NISHIMOTO x TOSHIHIKO TAKAMIZAWA
〜White day Special〜

大阪Aプログラム:3月11日(土) フェスティバルホール 開演 18:00
大阪Bプログラム:3月12日(日) フェスティバルホール 開演 16:00

演奏曲:
「星空のディスタンス」「Masquerade Love」(Aプログラム)
「恋人達のペイヴメント」「Orionからの招待状」(Bプログラム)
ムソルグスキー:ラヴェル編曲 組曲「展覧会の絵」
ヴィヴァルディ:「四季」より『夏』第3楽章
ピアソラ:「リベルタンゴ」 他

指揮:西本智実
出演:高見沢俊彦(Guitar)
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団
BAND:Drums 吉田太郎/Keyboards ただすけ/Bass 大桃俊樹

チケット料金:12,000円(税込・全席指定)
■プログラム付
■ホワイトデーキャンディfrom高見沢俊彦 &「特製折りたたみ式オペラグラス(ゴールドロゴver.)」付
※公演ロゴ入り「特製折りたたみ式オペラグラス」、 樹脂製双眼鏡タイプ、3倍
 
お問合せ:
夢番地大阪 http://www.yumebanchi.jp/ 06-6341-3525 (平日11:00-19:00)

公式HP:http://billboard-cc.com/classics/

写真:加藤千絵(CAPS)写真:加藤千絵(CAPS)

写真:加藤千絵(CAPS)写真:加藤千絵(CAPS)



公演写真:加藤千絵(CAPS)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. 西本智実×高見沢俊彦、新たなステージで誕生した“音楽の革新”「INNOVATION CLASSICS 西本智実×高見沢俊彦」東京公演が実現、テレビ特番の放映も決定!